海外ドラマ

リチャード・マッデン「ボディーガード-守るべきもの」視聴感想

ボディーガード

こんにちは、hobbitです

イギリスBBCで2018年9月に好評の中放送が終了したばかりの本作が早くもNetflixに来たので見ました。

何より、主演がリチャード・マッデン@ゲーム・オブ・スローンズのロブ兄さんなので、それだけで見たい!ってなりました(^^♪

公式サイト: Netflix

作品について

「ボディーガード~守るべきもの」

放送:イギリスBBC (2018.8~9)全6話

製作・脚本:ジェド・マーキュリオ

出演:リチャード・マッデン(デヴィッド・バッド)

キーリー・ホーズ(ジュリア・モンタギュー)他

本作のジャンルはポリティカル・スリラー。

確かに主人公デヴィッドは要人警護担当官として内務省大臣ジュリア・モンタギューを護衛するのですが、ジュリアを守らねばならない理由には政治的な部分も含んでいました。

本作は2008年以来のBBCで最高視聴率をたたき出したという評判のドラマ。

アクションシーンが多くはなかったにも関わらず、リチャード・マッデンの演技と映像のケミストリーでとてもスリリングでした。

受賞歴

2019.1.7追記

ゴールデングローブ賞 TVシリーズドラマ部門主演男優賞にリチャード・マッデンが選ばれました!

おぉ~~!

あらすじ

デヴィッドはロンドン市警に勤務する警護部門の警官。

愛する妻と可愛い子ども2人がいるが妻とは別居中。

アフガニスタン帰還兵で、PTSDを抱えていること、そのPTSDに向き合えていないことが夫婦関係に影を落としていた。

子どもたちと3人で過ごした帰りの列車内でテロリストと遭遇し、的確な判断力と交渉術で難を回避し自爆しようとしていた犯人を逮捕。功績を認められて内務省大臣ジュリア・モンタギュー担当の要人警護官となった。

ジュリアはテロ法案の強硬推進派で敵も多く、命を狙われる危険が極めて高かった。

デヴィッドは実力をいかんなく発揮するが、一方で彼自身を狙う何者かの存在も見え隠れするようになってくるのだった。

ボディーガード とは

任務での完璧さとプライベートでの苦悩
デヴィッドをリアルに形作って見せた
リチャード・マッデンのポリティカルスリラー

ハマり度は

 3

 

~以下ネタバレを含みます~

ネタバレ感想

列車内で遭遇した自爆テロ犯との交渉は息をのむ緊迫感にあふれ、第一話冒頭からつかみは完全にOK。

仕事中の完璧さと、プライベートで問題を抱えるデヴィッドの両面を描き込みながら、この凄腕のデヴィッドがいったいどういう方向へ物語を進めてくれるのかとワクワクさせてくれました

デヴィッドの辛く孤独な時間をひととき救った大臣ジュリアとの情事や、黒幕に陥れられて死を覚悟しつつも目的を忘れずに立ち上がった姿などなど、揺れ動く心情表現をリチャード・マッデンが誠実にそして巧みに演じています

この作品の評価はイコールリチャード・マッデンということでいいんじゃないのと思っています。

さいごに

実のところ、イギリスのサスペンスは雰囲気が独特で好きなんですがストーリー構成やちょっとした演出みたいな部分が得意じゃない時があります。

それでも、ラストのストーリー回収がうまくいった時の気持ちよさみたいなものは捨てがたいんですよね。

本作もそれを期待していたんですが、ちょっとすっきりとはいかなかったかな~

というのも、デヴィッドが隠していたある事実が発覚した瞬間、あっという間に犯人確定!とされてしまい、下手したら処刑されてしまいそうなシーンがありました。

あまりに直情的な判断を警察がするんですよね。

これまで一緒にやってきた捜査・その経緯など、彼の言動すべて真犯人ゆえのものだったかどうかを立ち止まって考えることもなく断罪していて、え!?となってしまいました。

主人公に大大大ピンチが訪れるスリリングなシーンにしたのでしょうが、ちょっと強引な感じがしてしまいました。

とはいえ、全体的にリチャード・マッデンがけん引したドラマの世界観はどこか不安定でスリリングな雰囲気が実によくでていました。

デヴィッドのキャラクター力なら続編あっても良さそうですよね??

本国での評判は上々だった本作、リチャード・マッデンこれからも楽しみにしてます。

カテゴリー
テキストのコピーはできません。