韓国ドラマ

Netflix韓国ドラマ「補佐官」シーズン1 視聴感想

補佐官 S1

映画で活躍しているイ・ジョンジェがおよそ10年ぶりにドラマ出演となったポリティカルヒューマンドラマ「補佐官」シーズン1を見終わりました

このドラマのコピーの一つが“世界を動かす者たち”。

国を動かす政治家たちの信念、負けられないパワーゲームの中をかいくぐるスリリングなストーリーが魅力的なドラマでした。

シーズン2が本国で2019年11月に放送予定となっていて、まだ先へと続く、じっくりと見られる作品となっていました。

シーズン2がNetflixで2019.12.17から配信スタートとなっていました

前半はネタバレなし。ネタバレあらすじや感想は後半以降にあります。

今回も感じたところを主観的に語っていきたいと思います。

作品情報

放送:Jtbc

配信:Netflix

シリーズ

シーズン12019年7月 全10話 ←今回ココ
シーズン22019年12月17日Netflix配信スタート

演出・脚本・キャスト

演出:クァク・ジョンファン

韓城別曲(2007)
推奴(チュノ) (2010年)
逃亡者 PlanB(2010)
町の英雄(2015)
THE K2(2016)
ミス・ハンムラビ(2018)
補佐官1(2019)

脚本:イ・デイル

戦おう、幽霊(2016)
ライフ・オン・マーズ(2018)
補佐官1(2019)

キャスト:

イ・ジョンジェ(チャン・テジュン補佐官)
シン・ミナ(カン・ソニョン議員)
キム・ガプス(ソン・ヒソプ議員)
イエリヤ(ユン・ヘウォン秘書)
キム・ドンジュン(ハン・ドギョン)
チョン・ジニョン(イ・ソンミン議員)
チョン・ウンイン(オ・ソンソク補佐官)
イム・ウォニ(コ・ソクミン補佐官)他

冒頭あらすじ

チャン・テジュンは大韓党院内代表をつとめるソン・ヒソプ議員の首席補佐官。

毒蛇と呼ばれる敏腕補佐官として有名なテジュンは、ソン議員を上り詰めさせ自分もまた国会議員として国政に関わる野心を抱いていた。

警察学校首席で卒業しエリートだったテジュンが10年前国会議員を目指すと決めたのは、警官時代に体験した人々の無念を目の当たりにし、国政からでしか変えられないことの方が多いと深く胸に刻んだからだった。

予告編

ここでグローバル向けNetflix公式韓ドラアカウントの予告編をご紹介します。

付き人から秘書、首席補佐官まで実力で上り詰めてきたテジュンと、彼に諸々任せつつうまく彼を使ってきた議員との関係性が見える予告編となっています。

「補佐官」S1の魅力と個性

チャン・テジュンの手腕と人間性

複雑な勢力図、刻々と変化する議員同士の利害関係。

勝つためだけに良心を捨てた魑魅魍魎たちのパワーゲームの中を必死に泳ぐチャン・テジュン。

彼は頭脳派であり自ら行動する度胸を持つ戦略家でもあります

チャン・テジュンが魅力的なのは、権力や金のためではなく最終目標に”人々の幸せ“を目指しているところ

まだ補佐官の立場ではいつ使い捨てにされるか分からない危うい状態のまま。

それゆえに、生き残り、力を得られるところにたどり着くため多くの涙をのんで前進する人間臭さに魅せられました。

清廉・醜悪な人物どちらも引き寄せるテジュン

テジュンの手腕を利用したい力のある政治家と野心を持つテジュンの利害は一致しここまでやってこれた。

しかし、清廉な人物たちもまたテジュンという人物を友人であったり恋人という様々な立場で愛してもいます。

テジュンの人間性の中にある正しさややさしさは垣間見えているんですよね。

利用しようとしている人物たちはそれを捨てさせようとし、愛するものたちは守ろうとする。

テジュンの選択が物語に時折暗い影を落としてしまうのは、彼の歩む道の険しさゆえとも言えます。

攻守が目まぐるしく変わるスピード感

絶体絶命の危機をかいくぐり鮮やかな勝利をおさめるような展開では海外ドラマ「スーツ」を、議員同士政治的利害を見誤らないよう次の一手を打ち進んでいく展開では「ハウス・オブ・カード」を連想させた本作。

油断すると一気に攻守が入れ替わり、失脚という命取りが待っている厳しい世界をスピーディーに描いてありました。

染み入るOST

今回公式から出ていたOSTがMV形式ではないのでここでご紹介したいと思います。

「補佐官」では歌入りのOSTは2曲使われていました。

本作のメインテーマともいえるドラマチックな曲が

CHEN(EXO)「Rainfall」

悲しさだけでなく前に進もうとする力強さも感じられるカッコいい曲です!

もう一曲は、やるせない時、どうしようもない悲しみを抱えたシーンで使われていた曲

キム・ジェファン「Black Sky」

この曲が流れたのは悲しみの中であったり、これからどう立ち上がり進めばいいのか途方に暮れてしまうような厳しい選択を迫られるような場面でした。

元WannaOneのメインボーカルキム・ジェファンの初OST曲となった「Black Sky」は、彼のシンガーとしての表現力とボーカル力が分かる一曲となっています。

ただ、哀しみの中でも前進しようとする力強さも感じられるところが2曲に共通しています。

このドラマの本質が“人間味あふれるチャン・テジュンの不屈の道”であることを考えるとまさにぴったりな2曲といえますね。

「補佐官」S1 とは

信念のために国会議員を目指す補佐官チャン・テジュン
険しい道のりを歩む戦略家の苦悩と葛藤の物語

ハマリ度

 3

登場人物たちの個性が光っていて、憎いやつから応援したい人までとても魅力的でした

状況判断と打開策を頭脳だけでなく人海戦術やアイディアで見つけ出すストーリーは鮮やかではあるけれども地に足がついたものとなっていて、本作を骨太なものにしようとしているんだなと感じられました。

じっくりとみられるポリティカルドラマではあったのですが、痛快さや軽やかさはなく、なかなかに重い作品となっています。

渋オジ揃いという部分も本作の特徴でもあります(笑)

ここからいよいよ新たな展開が待っていると感じられたシーズン1のエンディング。

シーズン2見ますよ!→2019.12.17Netflix配信スタート

 

ここから後半はネタバレがあります

ご注意ください

 

ネタバレあらすじ

テジュンがソン議員のもとで生きる理由

信念を持つテジュンはもともとは清廉な政治家イ・ソンミン議員のもとで働いていました。

しかし、信念のためには上を目指す必要があったテジュンは隣の選挙区の大物政治家ソン・ヒソプに乗り換えた経緯があります。

イ議員の陣営からは裏切り者といわれているのですが、イ議員はテジュンのことをよく理解していて、テジュンのことを心配しつつ応援もしているという関係でした。

恋人カン・ソニョン議員と親友コ補佐官

元アナウンサーから国会議員に転身したソニョンは聡明で信念を持つ女性

彼女がアナウンサー時代に出会ったテジュンの信念と人柄を愛し、今でもソン議員と利害が反することがあるときでもそれぞれ道を探し打開するという強さを持っているカッコいい女性でもあります。

ソニョンの首席補佐官はテジュンの親友コ・ソクミンさん。

情深さや思いやり、忍耐強さをもった優秀な補佐官であるコさんもまた、危険な世界に足を入れるテジュンを心配してくれていました。

妬みという敵・使い捨ての駒の恐怖

利益が反したとしても大切な人や市民を可能な限り守りつつ任務を全うしようとするテジュン。

けれども、その苦肉の策も議員からすると裏切りにもなるというケースもでてきます。

うまく立ち回ってはいるんですが、テジュンを妬むもう一人の補佐官オ・ソンソクさんに足をひっぱられてしまうんですよね。

ソン議員は自分の危機を補佐官のせいにして場を乗り切ろうとし、切り捨てられたテジュンに逮捕状まで出てしまう展開に。

形勢を逆転しようとすれば、味方一人一人攻撃を受けてしまうのでした。

シーズン1の結末

清廉な政治家として一貫した主張を貫いてきたイ議員が、選挙資金の不正献金疑惑を苦にこの世を去った時、テジュンはさらに前に進むことを決意しました。

この手が汚れても力を得ることが先だと

首の皮一枚でもつなげながら危機を乗り越えてきたチャン・テジュンが決意したのは、今まさにイ議員の自殺で空いた席をめぐる補欠選挙で議員になる道

ソン議員の失脚の理由ともなる情報をインターンのドギョンからもらったテジュンは、それを忠誠を誓う取引材料として膝を折り服従して見せました。

ラスト、ソン議員と献金元であるヨンイルグループの絡む不正献金の流れを調査していた結果をコ補佐官がもってきました。

しかし、ソン議員の力で議員選挙に出ることになったテジュンは一旦それを伏せることに。

なぜかその後、コ補佐官は自家用車内で練炭自殺をしたとみられる変死体で発見されました。

一体真実は何なのか、波乱のままシーズン2へと続くことになりました。

感想

敵は再起不能にするか、懐柔するか、服従させるか。

利害が一致すれば今日は味方に。

権力・金、この2点で利益になるのかならないのかの判断が下されてゆく良心を捨てた者たちのいる世界。

全員が不正とは無縁のクリーンな政治家ならばよかったのに、負けないことが重要なこの世界では”どんな手を使っても”負けないでおこうとする人たちがいて汚い手を使ってくるんですよね。

どんな清廉な信念をもって政界に入っても、負けられないパワーゲームに強制的に巻き込まれ本来の目的が置き去りになってしまうものもいる。

テジュンはそれをよくわかっていました。

分かっているからこそむしろソン議員の首席補佐官にまで上り詰めた。

そういう意味では、テジュンは良心を捨てきらずにここまで負けずにやってきたというだけすごいと言えます。

この先も、本当の意味での良心を捨てずに信念を達成するべく立ち回っていけるのかが気になります。

魅力的だった議員室の二人

ユン秘書

守りたいものがあるテジュンの信念をわかっていて静かに最後までついてきてくれるユン秘書の存在がとても印象的でした。

ユン秘書にも政界でテジュンを補佐していくことで叶えたい世界があるんです。

演じられていたのはイエリヤという女優さん。良いですね~!

インターンのドギョン君

そしてもう一人、視聴者目線で物語を見せてくれたインターンのハン・ドギョン君

演じたのは元アイドルグループZE:Aのドンジュン。もう俳優さんとしてバリバリ活動されていますね。

聡明で努力家、政治や社会への関心が高いドギョン君は若かりし頃のテジュンに似ているとイ議員が言っていました。

ドギョン君は倫理的な面で明らかに不適格ともいえるソン議員のもとで議員になろうとするテジュンを非難し、僕も政界で生き残って見せると決別宣言ともとれる言葉を発しました。

“それでいい”と返事をしたテジュンの言葉と表情から、これから歩もうとする道が苦渋の選択の結果であり覚悟を決めた自分の道であることが垣間見えたいいシーンでした。

さいごに

状況判断力と精神力、瞬発力と少しの運がとてつもなく必要なこわいこわい世界を描いてあった「補佐官」シーズン1。

イ・ジョンジェがチャン・テジュンとして演じて見せるカリスマや人間臭さといった硬軟が本当に魅力的なドラマでした。

シーズン2も見ますよ!

カテゴリー
テキストのコピーはできません。