韓国ドラマ

僕を溶かしてくれ 8話まで(全16話)の視聴感想 韓国ドラマ

僕を溶かしてくれ(原題)

2020年の今年、韓国ドラマ見始めの第一本目は2019年tvN放送の「僕を溶かしてくれ(原題)」でした。

除隊後復帰作となったチ・チャンウクが主演の「僕を溶かしてくれ」は、実験でコールドスリープに入り、20年後に目覚めた主人公たちのロマンスストーリーということでぜひ見ようと思っていました。

ヒロインは「ただ愛する仲」のウォン・ジナ。

今回は、8話(全16話)まで見てみて感じたことを語っていきたいと思います。

作品情報

放送

2019年 tvN 全16話

演出:シン・ウチョル

パリの恋人(2004)w/ソン・ジョンヒョン
シークレットガーデン(2010)
九家の書(2013)
輝く星のターミナル(2018)
僕を溶かしてくれ(原題)(2019)他

演出:チェ・ジヨン

僕を溶かしてくれ(原題)(2019)他

脚本:ペク・ミギョン

愛するウンドン(2015)
力の強い女ト・ボンスン(2017)
品位のある彼女(2017)
私たちが出会った奇跡(2018)
僕を溶かしてくれ(2019)他

私たちが出会った奇跡
私たちが出会った奇跡 視聴感想 韓国ドラマ2018年KBSで放送の韓国ドラマ「私たちが出会った奇跡」の視聴レビューです。主要キャストはキム・ミョンミン、キム・ヒョンジュ、ラ・ミラン。ネタバレは後半に。ハマり度評価あります...

キャスト

チ・チャンウク(マ・ドンチャン)
ウォン・ジナ(コ・ミラン)
ユン・セア(ハヨン)
シム・ヒョンタク(ファン・ビョンシム)他

冒頭あらすじ

マ・ドンチャンはテレビ局TBOの芸能部のエースプロデューサー。

エンタメとドキュメンタリーの融合を突き詰め、科学的なアプローチに挑戦するマ・ドンチャンは韓国初の冷凍人間の実験に参加し撮影すると決めた。

しかし、24時間というコールドスリープ実験のはずが、研究者であるチェ博士の事故によって20年という月日が流れることになってしまうのだった。

予告編

ここで、本国放送時tvNの初回ハイライト映像をご紹介します。

偉大な研究の一端を担うために実験に参加したマ・ドンチャンと、これまでドンチャンの番組で体を張った実験に参加してきたアルバイト学生コ・ミラン。

二人が20年の月日を経て眠りから覚め、年相応に年を取った身近な人たちや現状に戸惑う姿がコミカルな冒頭部分が見られますね。

僕を溶かしてくれ 8話まで見て感じた見どころ

プチタイムスリップ状態が巻き起こす悲喜こもごも

ファンタジックな物語の人気パターンの一つがタイムスリップ。

本作では、二人は1999年から突然2019年にタイムスリップした状態になります。

20年という月日は人生としては決して短くはない年数ゆえに、共に生きられなかった身近な人たちとの人間模様を時にコミカルに、時に切なく描いてあります

また20年前というと、視聴者的には“懐かしいねそれあったね”という懐古ムードも楽しめるポイントでもありました。

20年眠らされることとなったある陰謀の存在

24時間で目覚めるはずの実験がこんなことになってしまったのは、唯一被験者をコールドスリープから元の状態に戻せる博士が事故に遭ったため。

なぜ博士が事故に遭ったのか、そこには博士を狙った陰謀があったことがみえてきます。

一命をとりとめた博士が記憶を取り戻すまで、絶対に博士を守り抜く必要がありました。

特別な経験をした二人のロマンス

ドンチャンとミランはとりあえず博士によってコールドスリープからは目覚めたけれど、平熱が31.5度、33度になってしまうと命の危険がある体質になりました

常温である36度の体温に戻す方法は博士が記憶を取り戻すのを待つしかありません。

特殊な状況に置かれた二人は同じ職場で働きつつ命がけの状況になった時には協力し合ううちに特別な感情が芽生えていくことになるんです。

8話までのハマり度は

 2

コミカルでファンタジックでロマンスもある。しかも、変則型タイムスリップものの面白さも。

でもなかなか視聴が進まなくて、これは没入できていないなと思い視聴を一旦中断することにしました

つい先日感想を書いた“「ヒーラー」の時のようなチ・チャンウクよ、もう一度“的な高めの期待値があったからかも。

除隊後さらに大人の魅力が増したに違いないチ・チャンウクのロマンスが見たいと願っていたのは確かだったので。

それとは別に、陰謀的なサスペンス部分やコミカル部分にあまり楽しめていなかったというのも一つあります。

後半盛り上がる可能性があるのですが私はここまでにします。また良い評判が聞けたり機会があれば続きを見るかもしれません。

その時はまた感想を改めて語ることにしますね。

とはいえ注目株、ボミン君

僕を溶かしてくれ(原題)のボミン
©STUDIO DRAGON CORPORATION

キャストの中に爽やかで笑顔がステキな若者が!

ボーイズアイドルグループ ゴールデン・チャイルドのボミン君。

老若男女みんなに気に入られそうな好感度の高いある登場人物の息子役を爽やかに演じていました。息子にもう一人欲しい可愛さです。

さいごにOSTを

今回はバラードを2曲ご紹介したいと思います。

MV映像が少しネタバレとなるかもしれませんので、望まれない方はご注意ください。

失った20年を感じさせるようなバラードがこれ

K.will「Right In Front Of You」

ベストシンガーK.willの珠玉のバラードですよね。

MVの後半は愛し合っていたドンチャンとアナウンサーハヨンとの悲しい時間の溝が感じられて切なさが増します。

もう一曲は本作のちょっとヒューマンなイメージがぴったりだと感じるこの曲

パク・ジェジョン「Ice Doll」

あと、チ・チャンウクが劇中でも歌っていた曲もありました。

チ・チャンウク「When Love Passes By」良ければ聞いてみてくださいね。→Youtubeへ

これから見られるサービスは(2020.1.9現在)

本作はMnetで3/23~日本初放送となる予定です。

スカパー契約が必要な方はこちら→スカパーで詳細を見る

テキストのコピーはできません。