映画

韓国映画「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」視聴感想

名もなき野良犬の輪舞

2017年公開の韓国映画「名もなき野良犬の輪舞」(原題:不汗党)を見ました。

イム・シワン、ソル・ギョング主演の韓国ノワール。

邦題がずいぶん変わっていて「不汗党」のことだと最初は気づきませんでした。

シワン君も時々演技を見たくなる俳優さんなのですが、本作では激しいサスペンスアクションの中で純粋さと闇を見せてくれました。

今回も私の感じたところを語っていこうと思います。

作品情報

公開・スタッフ・キャスト

公開:2017年 韓国

監督・脚本:ビョン・ソンヒョン

出演:
ソル・ギョング(ジェホ)
イム・シワン(ヒョンス)
キム・ヒウォン(ビョンガプ)
チョン・ヘジン(チョンチーム長)
イ・ギョンヨン(コ・ビョンチョル)

冒頭あらすじ

塀の中で権力を握っていたジェホは、活きの良すぎる若い服役囚ヒョンスに興味を持った。

新たに収監されてきた大物によってジェホの権力は失墜。

そこを知恵で救ってくれたのはヒョンスだった。

シャバにいるボスが、ナンバー2である自分を消そうとしていることに気づいていたジェホ。

釈放後、ジェホはヒョンスを弟分として組に連れ帰るのだった。

予告編

TSUTAYAから出ていた予告編を共有させていただきました。

バイオレンスアクションの迫力が伝わってきます。

しかも本作のキーワードとなるセリフをピックアップしていて、見終わってからもう一度確認したくなる予告編です。

見どころ

疑心と暴力が支配する世界で

迫力ある刑務所内でのアクションシーンで幕を開ける本作。

常に誰よりも優位に立つ条件を見極めそれを手にする必要がある世界。

地位を脅かすものがいれば徹底的に報復し潰し消し去る。

刑務所内でそのトップに立っていたジェホの危機を知恵で助けたことから気に入られたヒョンス。

騙し騙され命がけの人生を生き残ってきたジェホは、ヒョンスの純粋さだけは信じていました。

今誰が本当に有利なのかわからない緊張感

本作のストーリー運びは、誰かが誰かを裏切っているに違いないと思わせる雰囲気が漂っています。

ジェホが抱く疑心を中心に、誰かが本音を語り、誰かは嘘を語り、誰かが誰かを利用している。

一つ間違えば死が待つ世界の中で、ストーリーが進むにつれて緊張感がぐんぐんと高まっていきました。

ヒョンスの隠していた秘密

ヒョンスには人には言えないある秘密がありました。

その秘密が、複雑な状況を生み、残酷なバイオレンスに満ち溢れた世界でヒョンスやジェホを更なる闇に引きずり込んでいくことになりました。

シワンとソル・ギョングの二人は、“あいまいな状況”下で今ヒョンスやジェホがどう感じどういう判断を下し行動するのかを私たちに見せてくれました。

名もなき野良犬の輪舞 とは

誰も信じられない弱肉強食の世界
怒りと虚無の闇に落ちた男たちを描く韓国ノワール

ハマり度

 3

ネタバレになってしまうので重要なポイントはほとんど語れないのですが、ダークサイドへと落ちていくヒョンスを演じたベビーフェイスともいえるシワンの演技はなぜにこれほど染みるのでしょうかね~。

ソル・ギョングの分厚い演技とのケミがなかなかに良かったです!

ここから後半はネタバレがあります。ご注意ください。

 

ネタバレあらすじ・感想

キャラクター紹介的なバージョンの予告編では、最初にご紹介した予告編よりもう少しだけ詳しくストーリーを見せてくれています。

ネタバレの部分もあるかなと思いここでご紹介しますね。

ヒョンスの秘密

ヒョンスは首席で卒業した優秀な警察官でした

貿易会社の仮面をかぶり麻薬取引で荒稼ぎしていたグループを根絶させることを目標とした極秘特殊チームの作戦で、ナンバー2だったジェホに近づき組織内部へと深く入り込む潜入捜査官としての役割を背負っていました。

人情が人を動かす

良くも悪くも人情や恩義が人を動かします。

ヒョンスの母が事故で亡くなっても、潜入捜査で服役囚となっている状況で葬儀にも出してもらえないヒョンス。

彼の絶望とくやしさを救ってくれたのはジェホでした。

警察である特殊チームは動いてくれなかったのに、刑務所の上層部を動かして外出という形で母親を見送る機会を用意してくれたジェホに感謝と恩義を感じました。

ジェホを裏切れなかったヒョンス

自分の切なる願いをかなえてくれたジェホを裏切れないと感じたヒョンスは自分が警察であると明かしました。

ジェホは、自分を排除しようとしていたボスを葬り自らナンバーワンの地位を得るためにヒョンスと組んで警察を時に利用しボスをはめていきました。

ヒョンスとジェホの義兄弟の呼吸や、激しい闘争のシーンなど荒くれもの達の非情な世界をスピーディーに描きながら後半は勢いよく進んでいきました。

けれど、ジェホはヒョンスが告白する前から警察官だと知っていました。

ヒョンスがジェホに心を開いたダメ押しの一手だったあのお母さんの事故。

あれはジェホが仕掛けたものでした。

ヒョンスの絶望

ヒョンスがジェホに有利に動いている可能性に気づいたチーム長は、ジェホこそがお母さんの死を招いた男だったんだよ目を覚ましなさいとでもいうように証拠を見せました。

感謝し恩義を感じ信頼した男が裏切っていた・・・。

ヒョンスはジェホを許しませんでした。

そして、こんな事態を生んだ元凶である捜査チームかつ、ヒョンスにとって重大な事実を知りながら捜査のために真相を教えてくれなかったチーム長も許しませんでした。

まさに韓国ノワール

ただ大切なものを失っただけの、過酷な時間を生きた虚しさからはもう這い上がれないだろうヒョンスの姿が余韻のように残る映画でした。

一歩足を踏み入れたときから、勝ち続けなければ命を失う世界。

ただ、誰にもハッピーエンドは望めない世界のなかで、ジェホはヒョンスの中に純粋な光を見つけそこに憧れなのか愛おしさなのかそんなものを感じていたようにも感じとれました。

ソル・ギョングとシワンが見せてくれた、まさに韓国ノワールでした。

ブルーレイ

 

テキストのコピーはできません。