映画

映画「アリー/スター誕生」視聴感想

アリー スター誕生

2018年レディー・ガガ主演、ブラッドリー・クーパー監督主演で話題となった映画「アリー/スター誕生」を見ました。

「ボヘミアン・ラプソディー」を劇場に見に行った時に流れた「アリー」の予告編は劇中歌“Shallow”を丸ごと一曲聞けたMVでした。

のちほどOST動画もご紹介したいと思いますが、とても素敵な曲でアカデミー賞の歌曲賞も受賞しました。

本作自体の公開後の評判は少し割れていた印象だったので、機会があれば見ようかなくらいに思っていました。

そして今回見てみた感想としては“見てよかった!”でした。

私がどういったところに心を揺さぶられたのかちょこっと語っていこうと思います。

作品情報

公開年・制作国

2018年 アメリカ

監督・キャスト

監督:ブラッドリー・クーパー

キャスト

ブラッドリー・クーパー(ジャック・
レディー・ガガ(アリー)他

予告編

ここで予告編をご紹介します。

アリーが歌手として見出されていく様子だけでなく、アリーとジャックの間に生まれていく様々な状況や感情も描いていくドラマであることが分かる予告編ですね。

アリー/スター誕生 に感じた魅力

アリー(ガガ)の歌う楽曲・ステージの素晴らしさ

劇中、アリーが歌うシーンがいくつも出てきます。

カントリーだったりポップスだったりダンスのあるステージだったりとジャンルをまたいだ楽曲の魅力がアリーの才能をひしひしと伝えてきます。

映画初主演として注目されていたレディーガガですが、これこそトップアーティストとして活躍する彼女だからこそ見せることができた圧倒的なはまり役でした。

才能を見出されたアリーの姿

才能を持っていた人が、それを見出し輝かせる方法を知っている人と出会う。こういう物語はそもそも私の大好きなストーリーなんです。

韓国ドラマの「密会」もこのタイプのつかみにやられたほど。

ただ、本作の題名からてっきりアリーがスターとなるところがクライマックスになるのかと思っていましたがそうではありませんでした。

愛し合う二人の物語

出会わなければ、音楽がなければ、才能がなければ出会えなかった関係。

互いに出会えたからこそ得られた幸せ。

けれど、状況の変化が愛し合う2人にもたげる光と影をうみ、互いへの愛がある出来事をうんでしまう様子がスピーディーに描かれていきました

ここにこそ心を揺さぶられるラブストーリーがありました。

アリー/スター誕生とは

輝く才能を持っていたアリーと彼女を見出し成功へと導いた元大スター

愛しあう二人のラブストーリー

ハマリ度

 4

終わりの方はもう涙涙でした。

ストーリーとしては社会問題や人間ドラマを深堀りするものではなく、シンプルな愛の物語という印象でした。

だからこそ私は素敵な楽曲に彩られた愛の物語にドップリと没入することができました。

出会いをきっかけに劇的に変化していくアリーの人生とジャックの人生が交わったことで辿る二人の物語には、愛する人との関係や時間をどう持つことが良いのかを考えずにはいられません。

愛する人、守りたい人、寄り添い続けたい人がいる方には間違いなく共感できるラストとなっていたと思います。

今すぐみられる主なVOD (2019.10.11現在)

Netflixでは本作を会員見放題で見ることができます。

Netflix

その他、下記サービスではレンタル形式での配信がされていましたよ。

Amazonプライム →2019.10.14まで”ビデオナイト”価格の¥100レンタルとなっていましたよ

dTV

*本記事をご覧のタイミングで配信状況が変化している可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

ここから後半はネタバレがあります

ご注意ください

 

ネタバレあらすじ・感想

成功物語というよりラブストーリー

身体的にも精神的にも問題を抱えていた元大スタージャック。

音楽を続けて行くことがいずれできなくなっていく辛さを抱え、お酒とクスリへの依存も抱えていたジャックが出会ったきらめく才能の持ち主アリー。

二人は結ばれるべくして結ばれるんですが、アリーがスターとして輝きを増す過程でずっと寄り添ってくれたジャックとの間に溝がうまれてしまうんですよね。

多くの関係者との関わりや立場などもあって、深い愛を抱いている二人の思いがすれ違ってしまうジレンマに悲しさが募りました。

本作はアリーの成功物語というより、アリーを成功に導いてくれた男性との出会いと愛の物語。

互いに努力していても、何かのきっかけが弱った心を傷つけてしまう。

そうして二人に悲しい別れが待っていました。

直接の原因はジャックの自分に対する許せない思いと絶望感だったような気がします…。

すばらしかったOST

ここで本作の大きな存在感を放った楽曲たちのなかかから、私がぐぐっと惹かれた曲を共有したいと思います。

レディー・ガガの歌う劇中歌はどれも本当に心を鷲づかみにされました。

一曲目はもう言わずと知れた「Shallow」、1年前の公開で7.1億回再生というすごい視聴回数となっている人気曲です。

レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー「Shallow」

シンプルに楽曲の良さと劇中のシーンを振り返れるMVとなっていますね。

このほかに、日本公式サイトには日本語字幕(歌詞)付きスペシャル映像版のMVも公開されていました。貴重なメイキング映像ともなっていたのがこちらです。

アリー/スター誕生 主題歌スペシャル映像「Shallow」

そしてもう一曲だけ取り上げたいのが、ラストでこの世を去ったジャックが最後に作っていた曲をアリーが追悼式で歌いあげた曲

レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー「I’ll Never Love Again」

劇中でははラスト部分をブラッドリー・クーパーが歌っていました(´;ω;`)

愛する人の思いを痛いほど知っていながら、その心を守りぬけなかった哀しみと恋しさが募って、もう涙が止まらないシーンでした。

他にも素晴らしい曲が沢山ありました。良ければ聞いてくださいね。

 さいごに

本作は評価が分かれた印象があったと最初に言いました。

評価は見る人の数だけありますが、その理由の一つとして、レディー・ガガ初主演、ブラッドリー・クーパー主演・監督という映画界で注目された部分で見た方々の中に、ラブストーリーに心揺さぶられない層も多数いた結果なのかもしれないななんてふと考えています。

愛する二人の思いとそれを表現した楽曲の素晴らしさで十分のものをもらえました。

特殊な世界で生きた二人の出会いと別れの物語に私はとても心揺さぶられました。

カテゴリー
テキストのコピーはできません。