海外ドラマ

「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」視聴感想 海外ドラマ

英国スキャンダル

2018年5月にBBC Oneで放送された「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」(A Very English Scandal)を見終わりました。

主演はヒュー・グラント&ベン・ウィショー。

ベン・ウィショーは第76回ゴールデングローブ賞TV映画/ミニシリーズ部門で助演男優賞を獲得しています。

魅力的な英国俳優共演で一大スキャンダル事件を描いた本作の魅力をちょこっと語っていきたいと思います。

作品情報

放送・スタッフ・キャスト

放送

イギリスBBC One 2018.5.20~7.3 全3話

スタッフ

原作:John Preston「A Very English Scandal」
演出:Stephen Frears
脚本:Russel T Davies

キャスト

ヒュー・グラント(ジェレミー・ソープ)
ベン・ウィショー(ノーマン)
ピーター・ベセル(アレックス・ジェニングス)
モニカ・ドーラン(マリオン・ソープ)他

実話をベースにしたコメディドラマ

本作は1976~1979にイギリスを騒がせた大物政治家ジェレミー・ソープのスキャンダルを脚色しドラマ化された物語。

同性愛関係にあったノーマンとの関係が表ざたになることを恐れたソープがノーマンの口を封じようと殺人を指示したのではないかとの疑いで裁判となり、赤裸々な証言がさらに世間の注目を集めてしまったという一件でした。

同性愛をめぐる時代背景

第一話で同性同士の恋愛や結婚を認める法改正案を提出しようと動く議員さんが登場しました。

実際にイギリスでは2004年にシビル・パートナーシップ法が成立し、2014年には一部の地域を除き同性婚が合法化しています。

当時はまだ同性愛が違法とされていた時代だったからこそ、公人であるソープがノーマンとの関係を隠そうとして殺人まで企てたのではないかという疑惑が真実味を増したと言えます。

冒頭あらすじ

ジェレミー・ソープは弁舌なめらかで党首も務めるほどのやり手政治家。

地方に行った際に出会った厩舎で働くノーマンが気に入り、ロンドンに来た時には自分を訪ねるよう連絡先を渡したソープ。

約4年後訪ねてきたノーマンと体の関係を持ちそのまま部屋を借り彼を囲っていたが、次第にソープの訪問が減りノーマンは不満を抑えきれずに去った。

ある日、赤裸々な二人の関係を記した手紙がソープの母に届いたことから、ソープにとってノーマンは歩くスキャンダル時限爆弾的存在となってしまった。

予告編

ここでDVD発売元Sony Picturesの予告編トレーラーをご紹介します。

刺激的ですね~

断片的なシーンをうまくつないでありますが、ノーマン役のベン・ウィショーのさすがの演技っぷりがもう垣間見えてます。

主演は人気英国俳優

新鋭のベン・ウィショーと人間臭い役がすこぶるうまいベテラン俳優ヒュー・グラント

私はこの二人の英国俳優の共演を愉しみたくて見たと言ってもいいほどでした。

実際、ヒュー・グラントは渋酸っぱいような表情がめちゃくちゃうまく、ベン・ウィショーは裏のない純粋なゲイのノーマンを堂々と愛嬌たっぷりに演じていました。

ちなみにベン・ウィショーはご自身も同性婚をされています。

コメディ要素が効いていた

本作は軽妙なテンポとシニカルな笑いがバランスよく配されていた絶妙のコメディドラマでした。

真剣に取り組めば取り組むほどことが大げさになり、ちょっと脱線気味になってしまう。

人間の滑稽な部分を少しだけデフォルメしてあるところがむしろキャラクターたちの心の傷や怖れを表してあって深かったなと思います。

英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件とは

実話のソープ事件とその時代を描きつつ
愛憎と陰謀が絡まる人間ドラマをコメディタッチで

ハマり度

 4

1話を見始めたらあっという間に全3話みてしまいました

主演陣の魅力がすごかったのと、軽妙に進む一大スキャンダルを描く脚本の面白さがあったからかなと思います。

 

~以下ネタバレがあります。ご注意ください~

 

さいごにネタバレなど

本作の主人公ジェレミー・ソープさんはこの裁判で殺人を依頼した疑いに対して無罪判決がでたあと政界から退き、数年前の2014年に亡くなられたそうです。

でもノーマンさんは今もご健在

エンドテロップ付近でご本人がSpecial Thanks的に登場されてましたよ。

カテゴリー
テキストのコピーはできません。