韓国ドラマ

韓国ドラマ「愛の温度」視聴感想

愛の温度

2017年にSBSで放送された韓国ドラマ「愛の温度」の視聴感想です。

国ドラマのイメージにしばられない新鮮な作品だったのでとても印象に残ったドラマでした。

2018年3月に見終わったときの印象を含めて感想を語っていきたいと思います。

まず、本国で放送当時出されたティーザーをご紹介します。

“料理も恋愛も温度が大事” そんなコンセプト。雰囲気が良いですよね

もうすでにDVDも発売され、レンタルも始まっているので見た方もいるかもしれませんね。

愛の温度 作品情報

放送 2017年 韓国SBS 全20話

演出・脚本・キャスト

演出 ナム・ゴン

テバク(2016)

脚本 ハ・ミョンヒ

上流社会(2015)
ドクターズ(2016)

キャスト:

ソ・ヒョンジン(イ・ヒョンス)
ヤン・セジョン(オン・ジョンソン)
キム・ジェウク(パク・ジョンウ)

主演俳優さんたちのこと

ヤン・セジョン

ヤン・セジョン君は長身で品のあるお顔立ちの俳優さん

ライジングスターとして休みなく主演をこなしていて引っ張りだこ。

今「30だけど17です」を見ているんですが、いろんな色を出せるニュートラルな印象の俳優さんで、これは演技の幅が広いぞってひしひしと感じます

*「30だけど17です」見終わっています

30だけど17です
韓国ドラマ「30だけど17です」視聴感想2018年夏にSBSで放送された韓国ドラマ「30だけど17です」を見終わりました。 メインキャストはヤン・セジョンと人気主演級俳優...
ソ・ヒョンジン

ソ・ヒョンジンさんは若いのにベテランの香りがする女優さん。
不器用すぎて時にイタイ感じになってしまうようなキャラクターなどでも清潔感を捨てずに演じられる貴重な女優さんですよね。

現在韓国jtbcで放送中の「ビューティー・インサイド」の主演をされているんですが、ぜひ見たいと思っている作品です。→見終わりました!

韓国ドラマ版「ビューティー・インサイド」視聴感想[ドラマほびっと]2018年Jtbc放送韓国ドラマ版「ビューティー・インサイド」の視聴感想です。ソ・ヒョンジン&イ・ミンギ主演のファンタジックロマコメの見どころや魅力ハマり度を前半で、後半にネタバレあらすじや感想があります。...
キム・ジェウク

そしてもう一人、キム・ジェウク

アンニュイだけど鋭さも出せる、でもジェントルマンという難しい役どころを本作でこなしたキム・ジェウクさん。

ルックスのイメージを最大限生かせる演技術を身につけられているようで、サブキャラクターでさらに活きる俳優さんですね。

魅力的な主演陣が、いまそこに彼らが生きているかのようにリアルに演じていました。

冒頭あらすじ

会社員を辞めて脚本家を目指すヒョンスは人気作家のアシスタントとして下積み生活を送りながら公募入賞を目指していた。

フランスで基礎を学んできたジョンソンもまた有名シェフの下で下積み生活を送っていた。

2人は共通の友人を通して出会い会話を交わすうち、二人の間に通じる何かに気づくのだった。

予告編

「愛の温度」DVD公式サイトが出している予告編動画が見どころまで余すところなく紹介していたので貼っておきますね。

私のあらすじはおよそ1話あたりまでの導入部分を紹介するようにしているのすが、こちらの予告はもうちょっと詳しく紹介されていました。

この予告編みたらジョンソンはちょっとだけ魔性の年下男子の香りがしますね(笑)

現実主義者的なところもあって単刀直入ゆえにこういう言動をしますが、押しも引きも距離をとることもできる大人でしたよ。

人物をデフォルメしていない作風なので本編を一度見てほしいです。

愛の温度とは

仕事と恋愛、家族と交友関係
ブレない登場人物たちが織り成す人間ドラマ

ハマリ度は

 4 拍手!

”面白いよ!”というよりも”一見の価値あるよ”って言いたいです。

ここから後半はネタバレがあります。

ご注意ください。

 

ネタバレ感想

本国での評価は上々、本作でソ・ヒョンジンもヤン・セジョンもさらに評価を上げていて、一体どんな作品なのか気になっていました。

人物たちが語るセリフや行動などがそれぞれの考え方や性格、状況にきちんと沿っていてブレない安定感が貫かれていてます。

逆にその部分を理屈っぽく感じてしまうこともあり途中までさほどハマっている感じでもありませんでした。

だけど、ヒョンスやジョンソンたちがより近づき関係性が変化する中で、どう相手と向き合っていくのか、手探りし、距離を置き、そして理解していく過程が実に地に足ついていて、最終話で一気に盛り上がりました。

見る方としては刺激的で荒唐無稽な物語が見たい欲求がある一方で、一つ一つ悩みながら解決していくリアルで常識的な物語も良い。

でも常識的に寄せすぎると視聴者を引き付けるのは難しい。

そういう意味でこのハードルを乗り越えた本作は脚本家さんのこだわりを感じる力作といってもいい作品でした。

恋愛のタイミングと温度

主人公は脚本家と料理人のたまご。

それぞれ実力がある二人は間もなく独り立ちの道が開けるという時期に出会います。

仕事で成功するという夢への野心と愛する人に出会ったタイミングがほぼ同時でした。

恋をし一生を共にするかどうかを考える時期というのは年齢的にそういう時期と重なってくるもので、仕事をおろそかにできない二人がどういう経緯をたどり幸せを探すのかという部分で、現代の恋人たちにとってはリアルなテーマだと感じました

相手の愛し方と自分の愛し方は違うことを知る

恋人同士になれば、より相手を理解するうえで相手の家族のことは避けては通れない

個性的な家族や友人がいることもあり、各人にとって築く関係性は変わってくる。

しんどいキャラクターゆえにヒョンスから実母を遠ざけようとしたジョンソンだけれど、ヒョンスには全然大丈夫だった。そんな風に関係性はそれぞれ違うように。

愛し方もひとそれぞれ。だからこそすれ違うこともある。

どんなふうに親から愛されて、あるいは愛されたと思えない幼少期を経ても、今目の前にいる愛する人がありのままでいられるように互いに思いやれているかに集中すればいい。

こうしてくれないから私を愛していないんだとか、ここまでしてあげたら愛していると分かるでしょ?と自己完結はしてはいけない。

現実を受け止めて自分自身の本心を受け止めて選択していくのが人生

キム・ジェウクの演じたジョンウの役割と魅力

さて、本作はヒロインのヒョンスが脚本家ゆえに、製作会社・所属事務所・放送局、そして脚本家の世界の事情などの内幕も垣間見せてくれる面白さもありました。

ヒョンスの所属する企画会社代表はキム・ジェウク演じるジョンウ。

ジョンソンが兄のように慕うやり手の彼がそつなく仕事をこなす様子に感心しつつ、会話やしぐさ、問題の解決の仕方や引き際のバランス力から垣間見える大人の魅力を表現したキム・ジェウクのキャラクター消化力に感心させられました。

丁寧に練られ流行にとらわれない作品力

シェフとして成功しようと頑張るジョンソンのレストラン経営の内幕や業界のパターンなども劇中のヒョンスのように丁寧に取材を重ねたようでとても説得力がありました

こういう作品が評価されるというのはとてもいいですし、それだけの出来でした。

真に脚本力が秀でていたと言えます。

そしてこの脚本のセリフがすべて生きるように撮りきった監督(演出家)さんも素晴らしい。

因みに脚本家ハ・ミョンヒさんは「上流社会」「ドクターズ」を
演出家ナム・ゴンさんは「テバク」を撮った方です。

とはいえ、このキャスティングがあったからこその仕上がり。

なので、”面白いよ!”というよりも”一見の価値あるよ”って言いたいです。

爽やかなOST

さいごに、若々しく、でも大人な二人の出会いをイメージできる主題歌を貼ります。

OH MY GIRLのスンヒちゃんが歌う「You Are」

DVD

 

カテゴリー
テキストのコピーはできません。