韓国ドラマ

短編ドラマ「B主任とラブレター」視聴感想 tvNドラマステージ2017

B主任とラブレター

2017年から2018年にかけて韓国ケーブル局tvNで1話完結型のオムニバスドラマシリーズ「ドラマステージ2017」が放送されました。

今回見たのは、その第2回「B主任とラブレター」。

主演はバラエティーで飾らない人柄で愛されてきた女優ソン・ジヒョと、「トッケビ」で味のある部下役で一躍注目されたチョ・ウジン。

1時間ちょっとのショートドラマの中に、幸せを感じる瞬間や思い通りにいかない人生のほろ苦さがさりげなく詰まった物語を楽しみました

今回も感じたところをちょこっと語っていきたいと思います。

ドラマステージについて

tvNドラマステージ

ドラマステージ20172017-18 全10編 ←今回ココ
ドラマステージ20192018-19 全10編
ドラマステージ20202019-2020 全10編予定

ドラマステージ2017作品情報

放送:2017-18年 韓国tvN ドラマステージ2017(全10回)

放送時間:各およそ1時間強

2017年CJ E&M短編ドラマコンテストで選ばれた新人作家による20作品のうち10作品が選ばれドラマ化

2017年のラインナップでは“2017年この時代を生きていく「私たち」の姿に焦点を当てたラインナップ”となっているそうです。

ドラマステージ2017ラインナップ

パク代理の隠密な私生活 
2B主任とラブレター ←今回ココ
3直立歩行の歴史
4遠足に行く日
5今日もタンバリンをお呼びします
6文集
7NOT PLAYED
8美味しいミソチゲ
9ファイター チェ・ガンスン
10最後の食事を作る女

リンクがあるものは感想記事へと移動します。

B主任とラブレター

演出・脚本・キャスト

演出:ユン・ヒョンギ

脚本:シン・スリム

キャスト

ソン・ジヒョ(バン・ガヨン バン主任)
チョ・ウジン(シム課長)
オ・ナラ(キム代理)
イ・ジュニョク(特別出演) 他

冒頭あらすじ

真面目で仕事もきちんとこなす主任バク・ガヨンは母胎ソロ(生まれてから一度も恋人がいない)。

優しく靴を履かせてくれるような同世代の恋人との出会いを夢に見ていた。

ある日、ガヨンにラブレターが届いた。

差出人は「S」。

ガヨンは心躍らせつつ、Sのイニシャルを持つ人を日常生活でさがしてみるのだった。

予告編

日本語字幕はないのですが、ガヨンの一喜一憂、喜怒哀楽部分を集めた予告となっています。

 B主任とラブレターの魅力と見どころ

素直で純粋、愛すべきヒロイン

ソン・ジヒョが演じたのは飾らない素朴で真面目な女性バク・ガヨン。

母胎ソロなことで大学時代の男の先輩にナメられたりもして‥‥。

そんな時に届いたラブレター。

差出人Sのイニシャルを持つ同僚の二人を意識してしまうんですよね。

ソン・ジヒョの持つ飾らなさが、ちょっと不器用だけど素直なガヨンにぴったりでした。

意識してみると相手の良さが見えたりする

ガヨンが意識するようになった同僚の一人シム課長は、美男とは言えずパッとしない印象でした。

ただ、一歩踏み込んで関わってみると、優しいところや純粋なところ、頼もしいところなどが見えてきて印象が変わっていくんです。

好意を持って誰かを見れば、その良さが感じられるケースは実は多いんですよね。

そういう部分を感じて”いい話だな~“と感じました。

小説より奇なり

フィクションのドラマに対して言う言葉ではないのですが(笑)、

予定調和とはいかない悲喜劇が盛り込まれていて見ている私も泣き笑いでした。

素直で優しく前向きなヒロインのガヨンの気持ちと選択がドラマの視聴後感を爽やかなものにしていました。

B主任とラブレターとは

誰かが私に好意を持っている!?
差出人Sのラブレターがきっかけで経験した
恋の甘さとほろ苦さ

ハマリ度は

 3

短編とはいえよく練られているのか、良い感じでミスリードされたりして展開の構成の妙が感じられました。

ここから後半はネタバレがあります

ご注意ください

 

ネタバレ結末

B主任=ガヨンの恋はどうなったか

自分に好意があるという前提で見ていたガヨンはシム課長の言動を誤解していました。

シム課長が好きだったのはキム代理。

誤解するのも無理はないという、絶妙で最悪のタイミングで届いたプレゼントなどもあったりしたので…。

誤解して、一人で失恋してしまったガヨンでした。

結末 そしてラブレターの差出人Sとは

ガヨンがシム課長に好かれていると誤解していたこと、ガヨンがシム課長のことを好きになっていたことは行動や態度からやはり伝わっていました。

ただ、シム課長の思いはキム代理に受け入れてはもらえなかったようで、お互い傷心のなか本音で語ることができました。

ガヨンは好意を持ったことをシム課長に伝えたことで一区切り。

そして後日、すでに出会っていた男性との新たな縁が待っていました。

この縁がどういう結末となるのかは想像するのみですが。

さて、あのラブレターはいったい誰が???

あれは

女性向けに送られていたダイエット商品のダイレクトメール!

ああ…。。。_| ̄|○

それでもガヨンはその手紙に幸せをもらっていたわけで…。

でも最後には取ってあった手紙を捨てていました。

きっとシム課長への思いと共に整理したのでは、と、そう感じました。

[DVD]

 

カテゴリー
テキストのコピーはできません。