韓国ドラマ

短編ドラマ「直立歩行の歴史」視聴感想 tvNドラマステージ2017

直立歩行の歴史

2017-18年にtvNで放送された1話完結型オムニバスシリーズ「ドラマステージ2017」。

今回はその第3回話「直立歩行の歴史」を見ました。

主演のミナはガールズアイドルグループgugudanのメンバーなのですが、はつらつとした笑顔と等身大のイメージを役で表現できる女優さんなのでいつも注目しています

今年(2019年)ドラマで見かけるようになってきたフレッシュな俳優さんも出演していて、そのあたりにも少し触れてみたいと思います。

本作を視聴して感じたところを、ドラマステージの情報のあと、さらっと語っていこうと思います。

ドラマステージについて

tvNドラマステージ

ドラマステージ20172017-18 全10編 ←今回ココ
ドラマステージ20192018-19 全10編
ドラマステージ20202019-2020 全10編予定

ドラマステージ2017作品情報

放送:2017-18年 韓国tvN ドラマステージ2017(全10回)

放送時間:各およそ1時間強

2017年CJ E&M短編ドラマコンテストで選ばれた新人作家による20作品のうち10作品が選ばれドラマ化

2017年のドラマステージでは“2017年この時代を生きていく「私たち」の姿に焦点を当てたラインナップ”となっているそうです。

ドラマステージ2017ラインナップ

パク代理の隠密な私生活 
2B主任とラブレター
3直立歩行の歴史 ←今回ココ
4遠足に行く日
5今日もタンバリンをお呼びします
6文集
7NOT PLAYED
8美味しいミソチゲ
9ファイター チェ・ガンスン
10最後の食事を作る女

リンクがあるものは感想記事へと移動します。

直立歩行の歴史

演出・脚本・キャスト

演出:チャン・ジョンド

脚本:チェ・ソンウク

キャスト

カン・ミナ(gugudanミナ)
ビョン・ウソク(ジョンミン)
ヤン・ヘジ(ジャヨン)
イム・ウォニ(ミナの父) 他

冒頭あらすじ

ミナは幼なじみのジョンミン先輩と毎日学校に通っていた。

ジョンミン先輩はテニス部のエースでイケメン、性格も良く人気ものだった。

先輩から放課後買い物に付き合ってほしいと女子向けのアクセサリーショップでいくつか選ばされたミナは、いよいよ告白されると期待していた。

しかし、あのプレゼントは翌日クラスメイトのジャヨンのもとに行ったのだった…。

予告編

日本語字幕はついていませんが、本作の雰囲気が分かる予告をご紹介します。

仲の良いヒロインのミナとジョンミンの様子、カッコいいジョンミン先輩の魅力にときめくミナ。

告白されそうだと妄想膨らんでしまったミナの様子などなど、はつらつとした雰囲気の中描かれていく様子がよくわかります。

直立歩行の歴史 の魅力と個性

フレッシュな注目株だった二人

本作の主役の二人は撮影当時まだフレッシュな新人俳優さんたちという状況でした。

本作時18歳、等身大の魅力を発するミナ
©STUDIO DRAGON CORPORATION

1999年生まれのミナはアイドルデビューしてから演技方面でも活躍めざましく、年齢相応の高校生役を中心に出演作が続いています。

最近ではファンタジックな作品2作「ケリョン仙女伝」や「ホテルデルーナ」などの助演で印象的な存在感を示していて、今後が楽しみな女優さんです。

モデル出身ピョン・ウソク
©STUDIO DRAGON CORPORATION

ピョン・ウソクは1991年生まれで、本作撮影時は26才。

俳優としてはまだ無名の頃ですが、モデル出身のルックスで学内人気No1のジョンミン先輩役をさわやかに演じていました

2019年の今年、Jtbcの「コッパダン:朝鮮結婚相談所」で花美男の主要キャラでイケメン枠の一人として名前を知らしめました!

 

©Jcontentree Corp. All Rights reserved. JTBC

ちなみに、ジャヨン役のヤン・ヘジもまた、「金持ちの息子」や現在放送中の「恋愛未遂」で主要キャストを演じています。

彼女も2年後の今年活躍の場を広げている伸び盛りの女優さんです。

初恋の甘さと苦さ

ラブストーリーでは、一途な男性主人公が一人の女性を愛し抜く過程でそのほかの女性に一切見向きもしない姿にきゅんとすることがありますよね。

本作のヒロインミナはその座は自分のものだと思っていた“先輩の彼女”になれなかったことにショックが隠しきれません。

ジョンミンに愛されるクラスメイトのジャヨンに嫉妬し、持っていても超能力など大して役に立たないミナの姿がとても現実的でした。

変化していく人間関係

幼なじみで自分のこともよくわかってくれている居心地のいい相手。

慣れ親しんだ相手と友達以上の関係になりたいというヒロインの葛藤を時に微笑ましく描いてあります。

状況や感情によって変化していく関係をどういう風に受け入れていくのか、自分自身と向き合いながら経験し考え成長していくミナの初恋の顛末が見どころとなっていたと思います。

直立歩行の歴史とは

初恋を通して自分自身と向き合った青春の一コマ
可愛いミナが見せてくれた等身大の初恋の感覚

ハマリ度

 2.5

短編ドラマゆえのシンプルな設定と展開が魅力的。

この短さの中に思春期の少女たちの学校での感情や恋、憧れや嫉妬などを盛り込めるんですよね。

自分の性格や感情に向き合って進んでいくミナの成長記録の一ページという感じだった本作は、題名のように、独り立ちしていく過程を描いた進化の歴史のようでした。

多感な時代ををみずみずしく描いた鮮度をミナを通して感じた一編でした。

hobbit
hobbit
このあと後半からはミナが1日2度だけ透明人間になれる能力を持っていたことや、先輩との関係についてなど、ネタバレを含んだあらすじや感想など語っていきたいと思います。

ここから後半はネタバレがあります

ご注意ください

 

ネタバレあらすじ・感想

ジョンミンのブレないスタンス

ジョンミン先輩が好きだったミナ、一方で他の女の子が好きだからという理由でミナを傷つけているとは気づかなかったジョンミン。

慣れ親しんだミナを同性の友人感覚でとらえていたジョンミンの天然さに、女性目線で見るともどかしくすら感じました。

ただジョンミンはミナを大事な友だち、ジャヨンは守ってあげたい彼女、という思いを貫いていて純粋な好青年でした。

嫉妬と悪あがきで自己嫌悪

ミナには1日2回だけ透明人間になれるという超能力がありました

この能力を使って先輩がジャヨンの事が嫌いになる作戦をやってみたり、不都合な時はいないふりをしてみたり…。

でも、どれも大した効果はなく、またジャヨンが濡れ衣を着せられた友だちの怪我の現場を見ていたのに知らぬふりをしたり。

この能力を使う時って、卑怯になっているときなんですよね。

結局は濡れ衣でいじめられ始めたジャヨンを見ていられなくて助けに入ったミナ。

自己嫌悪の気持ちと卑怯な自分との決別で、結局は素直なジャヨンと友達になれたシーンが微笑ましかったです。

ジョンミン先輩との関係性

ジャヨンに対して複雑な思いを抱えていたミナの気持ちを知らないジョンミンは「何でもっと早く本当のことを言ってジャヨンを助けてやってくれなかったのか」という正論でミナを責めました。

「私の気持ちはどうでもいいの?先輩なんて嫌い!」とミナから言われてジョンミンはすごくさみしそうでした。

ジャヨンといてもうわの空で…。

ラスト、きちんとジョンミン先輩に告白した爽やかな笑顔のミナと、ミナと仲直りできてうれしいジョンミンの姿でエンディングを迎えました。

二人はどうなったのか推測してみた

ミナが傷ついてジョンミンと距離を置いている間、ジョンミンは何かを失ったようなさみしさを感じていました。

ミナ目線で見ると、やっぱり長年一緒にいた幼なじみの事が好きだったことに気づいたんじゃないの?と思いたいところでした。

でも、ミナの妨害作戦でも影響なくジャヨンを大事に思っていたシーンがいくつも出てきていたので一途なジョンミンの気持ちが変わることはなさそうです。

ミナは自分の気持ちを整理するために告白してこれまで通りジョンミンとは仲のいい、どこか兄妹のような友だち関係におさまることを選んだんだろうなと感じました。

ラストの二人の笑顔はそういった二人にとって最良の関係をまた続けて行こうという感じに受取れました。

ミナの持っていた超能力の意味って

あまり効果を発揮しないこの透明人間になれる超能力をなぜ持たせたのかと視聴中は思っていました。

ただ、見終わってみると逆に深かった気がしています。

たとえ超能力があってもそれを自分のために効果的に使うことはそうそう簡単ではなく、卑怯な手で人の心を操ることなどできないという結果をダメ押しするいい設定となっていました。

本作は、初恋の甘さと苦さを味わいながら自分自身と向き合ったミナの可愛い青春物語だったなと思います。

[DVD]

 

カテゴリー
テキストのコピーはできません。