韓国ドラマ

「恋するアプリ Love Alarm」シーズン1 視聴感想 Netflixオリジナル韓国ドラマ

恋するアプリLove Alarm S1

Netflixオリジナル韓国ドラマ「恋するアプリ Love Alarm」を見終わりました。

自分のことが好きな人が半径10Mに入るとアラームが鳴るスマホアプリがあったらというすごく興味深い設定の物語で、配信前から見ようと思っていました。

主演はキム・ソヒョン、チョン・ガラム、ソン・ガン。

フレッシュな顔ぶれでした。

コンセプトも、視聴後の反響も高かった本作、私もすごく楽しみました。そして!

シーズン2制作が決定!

待ちに待ったシーズン2制作決定の情報が解禁されました

配信日などはまだ不明なのでわかり次第またお知らせしますね。

では恋するアプリ Love Alarmシーズン1について、私の感じたところを主観的に語っていきたいと思います。

前半はネタバレなし。後半にネタバレあらすじなどあります。

作品情報

配信:Netflix

原作

ウェブ漫画:チョン・キョヨン「好きなら鳴る」

シリーズ

シーズン12019.8.22 全8話 ←今回ココ
シーズン2制作決定!配信日未定

演出・脚本・キャスト

演出:イ・ナジョン

オー・マイ・ビーナス(2015)w/キム・ヒョンソク
サム・マイ・ウェイ(2017)
恋するアプリ Love Alarm(2019)

脚本

イ・アヨン
ソ・ボラ

キャスト

キム・ソヒョン(キム・ジョジョ)
チョン・ガラム(イ・ヘヨン)
ソン・ガン(ファン・ソノ)
コ・ミンジ(パク・クルミ)
イ・ジュイン(チャン・ドック)
シン・スンホ(イルシク) 他

冒頭あらすじ

自分のことが好きな人が半径10Mに入るとアラームが鳴るスマホアプリがリリースされるやいなや、若い世代中心に一気に広がった。

ジョジョの高校に転校してきた人気モデルのファン・ソノが歩けば、彼のアラームは一斉に鳴り出し、アプリをオフにしないと騒がしいほどだった。

ジョジョには親しい男友達的な彼氏がいたが、ラブアラームを起動したとすればきっと彼のアラームは鳴らせないと薄々気づいていた。

予告編

ここで、Netflixの予告編をご紹介します。

物語のメインアイテムとなるラブ・アラームの存在が引き起こす様々なドラマやエピソードが展開することが予感できますね。

恋するアプリ Love Alarmの個性と魅力

設定の絶対的な面白さ

好きな気持ちが相手に伝わる。自動的に告白できる。

逆に、自分のことが好きな人がいたら分かる。

好きな人への告白ってハードルが高いですがそこを軽々クリアできる。

十代の主人公たちにとっても、それはもちろん同じでした。

しかもこのアプリの精度は高く、本当の気持ちを教えてくれるという信頼度が物語をより盛り上げ、そして掘り下げていくことになりました。

甘い青春ラブストーリーではない深さ

本作のような設定の場合、ラブコメにもロマコメにもできる素材ではあると思うのですが、本作は甘く軽やかなロマンスの方向には展開しません。

好きかどうかという気持ちが見えるというリアルに、主人公たちがどういった選択をしていくのか気になるストーリーとなっています。

現代の社会現象も絡めてある

2019年現在もう定着して久しいSNSですが、有名人ほどフォロワーの数が多いということから影響力のある人として価値があるとみなされる側面もあったりします。

ラブアラームでも「好かれた=アラームを鳴らされた人数の多さ」で特別なクラブに入会できるというエピソードが出てくるなど、現代の文化的社会現象をちらりと絡めてあったりして興味深いものもありました。

強く生きるヒロインとラブアラーム

物語を深く掘り下げさせた要素の一つが、主人公たちの家庭事情でした。

特にヒロインのジョジョは辛い過去をもち、自分自身を見つめながら強く生きようと頑張っています。

恋愛にそれぞれの事情や心の傷などが影響することは必然ですが、ラブアラームの存在によって“本当の気持ちが見えることのプラスとマイナスも描かれていました。

恋するアプリ Love Alarm とは

好きが見えるアプリの存在を軸に描かれる恋模様
十代の主人公たちの出会いと心の傷を描くS1

ハマリ度

 3.5

設定がとにかく興味深く面白いドラマです。

好きな気持ちがあるのかないのかが分かるアプリがあればすごい。

まずは使ってみたくなること間違いないこのアプリは両想い同士なら最高の愛の確認ツールです。

でも本作を見てみて掘り下げてあるなと思ったのは、ラブストーリーをもっと社会派ヒューマンに描こうとしている姿勢がみえたことでした。

画期的な創造物が引き起こす影響や文化面での社会的変化という部分を盛り込むことで、人々の生活や考え方がどう変わりどんな副作用を産むのかにも触れています。

シーズン1は彼らの高校時代の出会いから4年後までを描いてありました。

シーズン2の制作は決定したので配信を楽しみに待つことにします!

現在シーズン1がNetflixで全8話配信されています↓

ここから後半はネタバレがあります

ご注意ください

 

ネタバレあらすじ

ラブアラーム開発者の思い

ラブアラームはある天才男子高校生が開発したアプリでした。

彼の名はドック。

好きな女の子クルミに告白するために作った純粋な思いのこもったアプリでした。

クルミはジョジョのいとこ。

ドックは同じクラスのおとなしく控え目な男子でした。

ラブアラームがダメ押しする本当の心

ジョジョには一応つきあっている彼イルシクがいました。

けれど、ジョジョにとってイルシクは誰よりも親しい男友達という感覚でした。

イルシクがジョジョを一途に思っていたため付き合いを続けていましたが、ついに二人は別れることに。

納得しないイルシクを諦めさせることができたのはイルシクのラブアラームをジョジョが鳴らせなかったことでした。

恋は突然に

ジョジョに訪れた恋は、学校一の人気者ファン・ソノでした。

ジョジョに一目ぼれしていたソノとの恋の始まりは、もう恋が始まることが分かっていたかのようなキスからでした。

初々しいような、大人よりも成熟しているような若い二人の恋は互いの深い事情も受け入れるような愛のようなものでもありました。

グローバル向けNetflix韓ドラアカウントにこのドキドキのシーンクリップが上がっていたのでご紹介します。(日本語字幕つき 英字幕だけの時は画面の設定を字幕ありにすると出ます)

生きるのに精いっぱいだったからこそ

ジョジョは両親の無理心中の犠牲者となるところを生き延びた過去がありました。

唯一の頼りだったおばあさんが入院し、今は母方の伯母さんの家で居候の身。

お母さんが姉である伯母さんにしていたという借金の返済と居候代をアルバイトの掛け持ちでねん出しながら進学費用を稼ぐジョジョ。

心の傷である両親の死とその時のトラウマも含め、女優の母、政治家の父を持つ公人としての顔を持つソノとは釣り合わないと感じてしまう瞬間がやってきてしまいました。

ドックとジョジョ

「もう私のアラームは鳴らさないで」とまで言われ、クルミに残酷なまでに拒絶されたドック。

いとこであるクルミの性格をよく知るジョジョは、落ち込むドックの気持ちに寄り添いました。

ドックの悲しみは、好きな気持ちを消しようがないということでした…。

ジョジョの事情も知っていたドックは、ジョジョに世界に一つだけのアイテム“シールド(盾)”をプレゼントしてくれました。

シールドを有効化すると誰のアラームも鳴らせず、自分の好きな気持ちを隠すことができるアイテムでした。

一度入れてしまうと、開発者しか削除することができないアイテム。

ジョジョはソノの気持ちを整理してもらえるよう、シールドを入れました。

4年後

ジョジョは学費が足りない間は休学しアルバイトで稼ぐ日々。

ソノが人気タレントと付き合っていることは有名でした。

4年ぶりにジョジョを見つけたのは、学生時代ソノよりも先に片思いしていたヘヨン。

ソノの家で家政婦として住み込みで働いていたお母さんと共にソノを見守ってきたヘヨンはソノの親友でした。

高校時代、ソノと付き合い始めたジョジョをさみしいながらも見守っていたヘヨンは4年経った今、今度は後悔しないために積極的に告白しました。

ただ、4年経った今でも切ない目でジョジョのアラームを鳴らしたソノ。

一方でジョジョのいかなる選択もすべて受け入れる覚悟でただジョジョのアラームを鳴らしたいと距離を縮めてきたヘヨン

ジョジョは一旦、ヘヨンとの関係を進める努力をしてみようと感じていました。

シールドの無効化を求めて

誰のアラームも鳴らしてあげられないジョジョは、あのとき自分の気持ちに蓋をすると決めたことを後悔していました。

シールドを削除できるのは開発者だけ。

ジョジョは、匿名でSNSに挙げていたラブアラームをモチーフにしたイラストで知名度を上げていたこともあり、ラブアラーム新機能発表会に招待されました。

当然ジョジョは開発者=ドックに会うために出席することに決めました。

高校時代、周囲の誰もドックが開発者だとは気づいていなかったけれど、ジョジョはシールドをもらった時確信したようでしたね。

ドックはどこに

クルミに毛嫌いされ、消えてくれとまでひどい言葉を投げかけられたドックは深く傷ついていました。

まさか自殺したのでは…と思うような姿の消し方をしたドック。

新機能発表会の日、檀上でプレゼンしていた“開発者”という男性はドック?

発表会場に押し寄せたデモ隊のスピーカーで発言していた男性がドック?

感想

大人になっても失敗は山ほどするんだから、学生時代の失敗や判断ミスはあって当然ですよね。

ジョジョには後ろ盾となってくれる大人もおらず、自分に自信もなく、独り立ちして生きる目処すら立たない不安要素しかない時代の恋でした。

ジョジョを思い続けた男の子たちの気持ちもあるので、シーズン2があればジョジョは本当の気持ちをはっきりとさせてあげて欲しいと期待しています。

きっとその時にはアラームが大きな役割を果たすんでしょうね。

それにしても、ジョジョの気持ちが冷めたとは思えずにアラームを鳴らし続けていた学生時代のソノの表情がもう切ない…。

あの赤いマフラーのシーンですよ~ ( இ﹏இ )うるうるの

あれは… スルーなんて無理だよ~

今すぐに連れて帰るよ~

ソノにとってはジョジョとの別れを受け入れのは難しかっただろうし、忘れてやる!って言っていてもあれから4年ずっと他の子は好きになれずにいたんだよね‥‥。

心根も優しく忍耐強いヘヨンも応援したいし、ソノも幸せになってほしいし。

ソノを演じたソン・ガン君いよいよ主演もするようになってきて、またもや先が楽しみな俳優さんが増えました。

OST

先ほど話した、ソノが別れを受け入れられずにジョジョを待つ赤いマフラーのシーンがあるNetflixグローバル向け韓ドラ公式MVがこちら。(およそ2分05秒のところです。)

劇中のシーンなどセリフも入っていて、視聴後に見ると振り返りができるダイジェスト的なMVとなっています。

tearliner「Bloom Story feat.チョ・ヘジン」

高校生の恋にしては切ない感じの曲ですよね。

甘さに寄せていない本作の雰囲気が分かります。

次は、くすぐったくて、幸せな恋の始まりを映像にまとめてある曲がこちら

tearliner「Maybe Love」

そしてもう一曲。

二人の幸せな時間や心が揺れ動いたシーンを集めてある

U-mb5 feat.Hodge「Someday, Somehow」

2・3曲目のMVはClsQさんの素敵なファンメイドMVを共有させていただきました。

さいごに

本作はなかなか注目されているドラマですね~

やっぱり設定がイイですもんね!

メイキング映像が公開されていたのでここでご紹介します。

カット数が多い韓国ドラマはこんな感じで打ち合わせしてササっと撮っていくんですね~。

俳優さんの解釈・表現力・集中力・瞬発力がいかに大事が分かります。

最後の撮影のシーンなんて二人っきりのシーンを撮るのに、これほどの数のスタッフさんが支えている現場の様子も見られて興味深いです。

「恋するアプリLove Alarm」なかなか面白いドラマでした。

シーズン2楽しみです!

カテゴリー
テキストのコピーはできません。