韓国ドラマ

ノクドゥ伝~花に降る月明り~ 視聴感想 韓国ドラマ

ノクドゥ伝

2019年KBS放送の韓国ドラマ「朝鮮ロコ:ノクドゥ伝」を見終わりました。

ロコとはロマンティックコメディの略。

朝鮮時代を舞台にしたロマンティックコメディということが題名に盛り込まれています。

邦題は「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」となりました。華やかな印象のタイトルになってますね(笑)

原作はウェブ漫画。

コミカルだけど、ドラマチックな本作の主人公を演じたのはキム・ソヒョンとチャン・ドンユン。

まだまだ若い、でも安定感のある演技で楽しませてくれました

それでは今回も、私の感じたところを語っていきたいと思います。

作品情報

ノクドゥ伝ポスター

放送

2019年 韓国KBS 全32話(実質16話)

原作

ウェブ漫画「ノクドゥ伝」ヘジンヤン

演出・脚本・キャスト

演出:キム・ドンフィ

KBSドラマスペシャル「ライブショック」(2015)
客主(2015)
サム・マイウェイ(2017)
ノクドゥ伝(2019)

共同演出:キム・スヨン

KBSドラマスペシャル「私たちが季節なら」他(2015)
ジャグラス(2017)
今日の探偵(2018)
ノクドゥ伝~花に降る月明り~(2019)

脚本:イム・イェジン

恋するジェネレーション 学校2015(2015)
雲を描いた月明り(2016)
KBSドラマスペシャル「私たちが季節なら」(2017)
ノクドゥ伝~花に降る月明り~(2019)

共同執筆:ペク・ソヨン

KBSドラマスペシャル「カン・ドクスン 愛情変遷記」他(2017)
KBSドラマスペシャル「逃避者たち」(2018)

キャスト

チャン・ドンユン(チョン・ノクドゥ)
キム・ソヒョン(トン・ドンジュ)
カン・テオ(チャ・ユルム)
チョン・ジュノ(光海君)
キム・テウ(ホ・ユン)他

冒頭あらすじ

離島に暮らすノクドゥは、両親と兄の4人家族で慎ましく楽しく暮らしていた。

しかし、母が亡くなり、程なくして数名の刺客に家族が襲われた。

ノクドゥは襲撃グループを追って都に向かったが、刺客が消えたのは男子禁制の未亡人村。

やむなくノクドゥは女装して村に潜入し、妓房の下働きをしているドンジュと同部屋になるのだった。

予告編

まずは日本版DVD発売元の予告編をどうぞ。

明るくてポップ。コミカルな印象の物語の始まりを感じさせますね。

その他の主な登場状人物たちの冒頭のシーンが見られる、本国KBSのハイライト映像もご紹介したいと思います。

日本語字幕はないのですが、主人公二人の出会いと恋の予感や二人を取り巻く事情なんかも伝わってきます。

ノクドゥ伝の魅力と個性

チャン・ドンユン君が美しいと騒然

ノクドゥ伝ポスター2種 チャン・ドンユン

放送開始してすぐチャン・ドンユン君の女装が美しいと話題になり、ドラマの注目度も上がるという展開に。

実際、ドンユン君の女装の仕上がりがほんとに高クオリティ

お顔立ちや骨格のおかげもあるでしょうが、意外にも男臭さがうまく消えていて物語の設定に違和感を感じることなくみられるほどでした。

ノクドゥとドンジュのドキドキの恋

一つ屋根の下、ときめき始めた心を止められないふたり。

それぞれ、なすべきことがあって恋どころではないのですが、そうと分かっていても惹かれ合うんですよね。

前半はサントラの影響もあってか、どこか牧歌的な柔らかさとコミカルさの混じるストーリーだったので気軽に恋の始まりを見ることができました。

ふたりを引き裂く出生の秘密

ノクドゥ伝 恋する二人

韓ドラあるあるともいえる、王道の展開「出生の秘密」が本作でも楽しめます。

ノクドゥの出生にはある大きな秘密があり、彼の血筋がドンジュの恋心にブレーキをかけさせることに…。

時代劇のロマンスには欠かせない家同士の事情が二人にのしかかるんですよね。

後半空気感が変化し引き込まれていく

後半は前半とは打って変わって、ノクドゥが向き合うこととなる自分の血筋やそれに絡む重い事情へと物語がシフトし、シリアスな展開となっていきます。

ドンジュと結ばれることは可能なのか?

また、ノクドゥは一体どういった結末を迎えるのかが気になって良い感じでハマりました。

キーパーソンを演じたカン・テオ

ノクドゥ伝ポスター カン・テオ

ノクドゥ伝の舞台となったのは、ある象徴的な歴史的出来事があった時代でした。

そのキーパーソンを演じたのがカン・テオ。

明るく爽やか、裕福で物腰柔らかな魅力的な青年。

何よりも、ドンジュを一途に思い続けている純情な青年なんです。

なんですが…彼にはある野望があったんですよね~そのあたりは後半のネタバレで語りたいと思います。

「初恋は初めてなので」でコミカルで明るいエネルギーを発散させながら演じる姿が印象的だった俳優ユニット5urpriseのカン・テオ、本作もとてもよかったですよ!

朝鮮ロコ:ノクドゥ伝とは

ドンユン君の女装クオリティが高いと話題に
若き主演が見せる自然体のロマンスと出生の秘密が波乱を呼ぶ物語

ハマリ度は

 2.5

あまりにさらり~と気軽に見られるので、途中でもういいかな?なんて思ったりしたんですが(笑)

中盤から私好みのというか、本題となる登場人物たちとの絡みなどが増えてきて良い感じにストーリーに集中することができたので完走しました。

好みによっては、前半部分のようなコミカルでドキドキの方が好きという方もいらっしゃるかもしれませんね。

つまり、コミカルなロマコメも、愛が試されるようなシリアスな展開も両方楽しめるドラマと言えます。

主演として伸びてきたチャン・ドンユン(27才)が見られたのも良かったし、子役出身で大ベテランなのにまだ20才という貫禄のキム・ソヒョンもやっぱり良かったです!

habbit
habbit
視聴方法のあと、ネタバレあらすじ・感想を語っていきます

本作が見られるサービスは(2020.10.3現在)

①今すぐU-NEXTで1-10話まで見る

VODサービスの中で、U-NEXTが本作の独占配信を行っています。

前半10話まで配信されていて、残りはDVDの発売に合わせて11月でしょうね!

U-NEXT

②WOWOWで見る

2020.10.2から毎週金曜2話ずつ放送されています。

WOWOWの視聴契約の方法は下記の二通りあります。契約をお考えの方はチェックしてみて下さいね。

*契約ができていれば、モバイルやPCで会員向けVODサービスで見逃し配信が利用できますよ!(ノクドゥ伝は4週間見逃し配信で見られます)

③DVDでみる

また、同じく10/2に、DVD-BOX1が発売となります。BOX2は11/6発売。

ここから後半はネタバレがあります

ご注意ください

ネタバレあらすじ

ここからは、ノクドゥの出生の秘密に絡んだネタバレを書き残しておこうと思います。

ロマンスは、ハッピーエンドを迎えましたよ!

カン・テオ演じたユルムは何者だったのか

カン・テオが演じたユルムは実は王族・ヌンヤン君、後の仁祖

仁祖反正というクーデターで光海君から王位を奪うことになる人物でした。

大物カリスマ感あふれ過ぎることなく、かといって、反正を決行できないほど弱くもないヌンヤン君像をカン・テオがとてもうまく見せてくれました。

ノクドゥの出生の秘密は何だったのか

ノクドゥは王様(光海君)の子でした。

世継ぎがいない現状ゆえに、ノクドゥは第一王子という身分でした。

ノクドゥを育ててくれたお父さんは高官の家系で、元は王様の親友でもあった人でした。

王から、生まれたばかりの王子を殺害するよう命令を受けたけれど、到底その命令には従うことができず、赤子と共に死んだことにしてもらって離島でひっそりと暮らしていたのでした。

なぜ王はそんな命令をしたのか

王位につき、人を信じられず孤独になっていた王。

王位を奪われることがすべてにおいて恐怖だった王に、ある占い師に11月9日に生まれる男児によって王位が簒奪されるという予言を受けてしまいます。

そして、その日に生まれたのがノクドゥ。

弱く孤独で王としてなすべきことが分からない彼にとって、居場所を失うことが何よりも怖かった人でした。

真相は何よりも悲しい

ノクドゥ伝 王と護衛官

ノクドゥとの良好な関わりを築いていたのに、ノクドゥが自分の子だと分かった地点から排除しようと躍起になった王。

信じていい人たちを疑って失い、結局、ヌンヤン君にクーデターで王位を奪われました。

そう、ヌンヤン君も11月9日生まれ。

警戒すべきだったのは、自分の目と心で感じたことよりも雲ったフィルター越しの思い込みを優先してしまった己の弱さということでした。

心から思っていてくれる人がたくさんいたのにな…。

染み入るOSTたち

感想に行く前に、本作のOSTをご紹介したいと思います。

一曲目はしっとりとしていながらも感情に訴えかけてきたこの曲

ユンハ「I’ll Be Your Light」

もう一曲は

ホ・ガク「Your Warmth」

どうしてもドラマを見ていて心が動かされるシーンのバラード曲に惹かれがちなんですよね💦

ノクドゥ伝の明るいイメージの曲も一つご紹介しますね!

作曲もできちゃうアイドルSeventeenのウジ君の曲

Woozi(Seventeen)「Miracle」

いい曲ですね!!!

この他、B1A4のサンドゥルやキム・イェジン キム・ヨンジさんなどなど聞くのも楽しく、また染み入るような曲も多数ありました。

ぜひ聞いてみてくださいね。

特筆すべき俳優さんをフォーカス

デビュー4年目チャン・ドンユン君

ノクドゥ伝 護衛官 チャン・ドンユン

2016年ごろデビューというチャン・ドンユン君の活躍には本当に目を見張ります。

これまで、端役であっても、印象に残る存在感を残してきたドンユン君は柔らかくて温かいイメージを持つ俳優さん。

グループ分けするとチョン・ヘイン君やヤン・セジョン君グループという感じかな

つまり、年下男子的な魅力がある、旬のルックス(笑)

すでに主演を手にしたので、これからますます俳優として伸びる機会を得られるということですよね。楽しみにしたいと思います。

次回作はOCNのドラマチックシネマプロジェクト第4弾のミリタリースリラー「サーチ」で、軍用犬のハンドラー役をするようです。

さまざまなジャンルでの活躍が見られそうです。

憎めないイケオジ最高チョン・ジュノ

ノクドゥ伝 ポスター チョン・ジュノ

ポスターはカッコいいですね・・・

劇中、弱き心を持ったハリネズミ王・光海君を演じたのがチョン・ジュノ。

憎み切れないイケメンダメおやじを演じさせたら右に出るものがいない、チョン・ジュノさん。

いちキャラクタージャンルを築き上げられています。

今回もはまり役でした。

さいごに

重くなりすぎず、気軽に見られるドラマ「朝鮮ロコ:ノクドゥ伝」。

私自身、スケールの大きなドラマが続いていたのですが、こういうドラマもたまにはいいなと感じられる物語でした。

  •  
  • テキストのコピーはできません。