韓国ドラマ

韓国ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」視聴感想

カノジョは嘘を愛しすぎてる

2017年韓国ケーブル局tvNで日本コミック原作の韓国ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が放送されました。

Red Velvetのジョイ初主演ドラマということで興味があったこと。そして原作も日本での映像化作品も未見でストーリーを知らなったことも見ようと思ったきっかけでした。

2018年に視聴したときの感想や、本作の出演者たちが今旬の俳優として活躍している点などを絡めながら語っていきたいと思います。

今回は詳細なネタバレあらすじはなしで行きます。

作品情報

放送

2017年 韓国tvN 全16話

演出・脚本・キャスト

演出:キム・ジンミン

英雄時代(2004-05)w/ソ・ウォニョン
シンドン(2005-06)
犬とオオカミの時間(2007)
ロード・ナンバーワン(2010)w/イ・ジャンス
武神(2011-12)
傲慢と偏見(2014)
結婚契約(2016)
カノジョは嘘を愛しすぎてる(2017)
無法弁護士(2018) 他

脚本:キム・ギョンミン

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2017)

キャスト

イ・ヒョヌ(カン・ハンギョル)
Red Velvetジョイ(ユン・ソリム)
イ・ジョンジン(チェ・ジニョク)
イ・ソウォン(ソ・チャニョン)
ソン・ガン(ペク・ジヌ)
キム・ソンジュ(ユ・シヒョン)
チャン・ギヨン(ジ・イノ)他

心理面のハードな部分を繊細に撮るキム・ジンミン監督

演出は主人公が置かれたハードな状況などでの心理面をつぶさに撮られるキム・ジンミン監督。

過去作品には武将や参謀などの男の人生を描いた時代劇なども手掛けられているベテラン監督さんでした。

本作はこれまでとは違ったジャンルともいえる夢を追う若者たちのラブストーリーでしたが、やはり登場人物たちの気持ちをじっくりと汲んでいく印象となっていました。

冒頭あらすじ・予告編

歌が好きで幼馴染と共に3人編成のバンドを組んでいる高校生ソリム。

ある日漢江沿いで歌が浮かび急きょ録音機器を求めていた作曲家カン・ハンギョルに携帯を貸してほしいと頼まれる。

彼が口ずさんだメロディーに惹かれ、ソリムはそれと同時にハンギョルに一目ぼれしてしまった。

2人はこの歌がきっかけで再会することになるのだが・・・。

予告編

ここで日本版DVD発売元の予告編をご紹介します。

爽やかさがもう画面全体から伝わってきますね~!

主人公の人生にどんな出会いが訪れ、物語が始まっていくのかが分かる予告編となっています。

カノジョは嘘を愛しすぎてるの魅力と個性

若者たちの純粋な姿

本作は若者たちの爽やかロマンス。

とはいえ、韓国音楽業界が垣間見えるような脚本になっていました

社会的影響力のある大人気バンドや業界人が描かれていて、間違ったことを正すために立ち向かう若者たちの純粋な姿がすがすがしい印象を残しました。

ストーリーの構成としては
  • ソリムとハンギョルの恋
  • 大人気バンドクルードプレイの天才作曲家”K”が誰かという秘密
  • クルードプレイは自分たちで演奏していないという代理演奏疑惑

この3点がストーリーの主な柱となっていて、音楽を生み出す作り手側と商業主義に走る経営者側との軋轢と葛藤が描かれます。

そこに家族愛を折りまぜて韓国ドラマテイストに仕上がっていたという感じでした。

素敵で爽やかなジョイの歌声

それにしてもジョイがここまでステキな歌声だとは!

Red Velvetの曲はダンスと共に難易度が高いと思っていたけど、ここまでうまいとは…!

ジョイはソリムが歌っていたような曲が実は合うんだなと感じてしまいました(^^)

女子高生役ほんと可愛かったし上手かった。

高校生を演じるという力みがなくて自然でした。

のちほど、OSTの紹介のところでぜひジョイの歌を聞いてくださいね。

本作後大活躍中の俳優さんたち

ジョイ

本作でヒロインを演じたジョイはこの後もガールズグループRed Velvetとして活躍しつつ主演女優としてドラマに出演しています。

「偉大な誘惑者」(2018)では、危険な愛の罠に落ちていくヒロインを演じています。

チャン・ギヨンとキム・ガン
©STUDIO DRAGON CORPORATION
CRUDE PLAY
*真ん中の2人左チャン・ギヨン 右ソンジュ

本作のバンド、クルードプレイのメンバー役で出演していたチャン・ギヨンとジョイ演じるソリムのバンドのギターを担当していたソン・ガンの二人は2019年現在ドラマ主演を演じる俳優となられています

©STUDIO DRAGON CORPORATION
ソン・ガン

ちなみに私が見た彼らの最新主演作品はこちらです。

この他にも、アイドルの経歴を生かしたルックスと歌唱力を披露したクルードプレイのボーカル役を演じたソンジュは、「私の恋したテリウス」(2018)で印象的なサブキャラクターとして出演されていました。

ドラマを彩ったOST

本作のOSTのうち、何曲もジョイが歌っています。

まずは、音楽をやるのが楽しくて仕方ないソリムの初恋のトキメキを感じるような爽やかで明るい曲

ジョイ「Yeowooya」

透明感のある素敵な歌声がドラマの雰囲気を感じさせますね!

そしてもう一曲は、劇中主人公たち二人をつなぐことになった鍵となる曲「I’m OK」

ジョイの歌うバージョンもありますが、→Youtube

今回は、本作のバンド CRUDE PLAYバージョンをご紹介します

韓国ドラマ版の脚本家キム・ギョンミン作家が作詞をし、先ほどお話ししたソンジュたち演者本人たちが直接歌ったんだそうです

CRUDE PLAY「I‘m OK」

ジョイの歌ったのとは違ったしっとりとしたバージョンとなっていましたよ!

よければその他の曲も聞いてみてくださいね。

カノジョは嘘を愛しすぎてる とは

天才作曲家とビタミンボイスの女子高生
ロマンスと業界を描く日本人気コミックのドラマ化

ハマリ度は

 2.5

個人的には前半はすいすいと見進めていたのですが、代理演奏疑惑をクリアするまでの後半数話が長く感じられてしまい視聴スピードが少し落ちてしまいました。

それでも、初々しさで見たともいえるほど爽やかさが印象的なドラマでした。

今すぐみられる主なVOD (2019.10.9現在)

2019.10.9現在、下記のサービスで会員見放題で見ることができます。

Netflix

U-NEXT

*本記事をご覧のタイミングで配信状況が変化している可能性があります。あらかじめご了承ください。

カテゴリー
テキストのコピーはできません。