韓国ドラマ

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」視聴感想

ロマンスは別冊付録

入隊直前のイ・ジョンソクと9年ぶりのドラマ出演で注目されていたイ・ナヨン主演で話題だったtvN放送の韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」

現在Netflixで配信されていて私はNetflixで見ました。

出版社のリアルなどを描きながら、まさにロマンスを別冊付録のようにじっくり描いた本作の魅力などを語っていきたいと思います。

前半はネタバレなしでお読みいただけます。

作品情報

放送・配信

放送:韓国 tvN 2019.1.26-3.17 全16話

配信:Netflix

スタッフ・キャスト

演出

イ・ジョンヒョ

ロマンスが必要2(2012)
魔女の恋愛(2014)
グッドワイフ(2016)
ライフ・オン・マーズ(2018)他

キム・ナヨン

脚本

チョン・ヒョンジョン

ロマンスが必要 シリーズ1~3(2011~2014)
恋愛の発見(2014)
子供が5人(2016)他

キャスト

イ・ジョンソク(チャ・ウノ)
イ・ナヨン(カン・ダニ)
チョン・ユジン(ソン・ヘリン)
ウィ・ハジュン(チ・ソジュン)他

個性派ロマコメのチョン・ヒョンジョン作家

脚本は「ロマンスが必要」シリーズや「恋愛の発見」が有名なチョン・ヒョンジョン作家。

今回ラブコメが初挑戦だったというイ・ジョンソクも、「チョン・ヒョンジョン作家の作品はラブストーリーをリアルに描かれているように感じる。個人的に好きだった」とインタビューで語っています。(Ksyle

ロマンスが必要2で組まれたイ・ジョンヒョ監督

イ・ジョンヒョ監督が撮られた「魔女の恋愛」のヒロインの職場は出版社(週刊誌でしたが)で30代後半のヒロイン女性(オム・ジョンファ)と年下男性(パク・ソジュン)との恋愛をコミカルに描いていてありました。

偶然かもしれませんが出版社・年下男性とのロマンスという本作のキーワードと一致しています。

チョン・ヒョンジョン作家とは「ロマンスが必要2」でも組まれていて、描きたい部分の思い入れや感性が合っていらしたのかもしれないなと感じています。

主演陣について

ロマコメが初だったというイ・ジョンソク

これまでジャンルドラマで素敵なロマンスを沢山されていたので、ロマコメが初だったとは意外ですよね。

アドリブを効かせながら、人物のキャラクターに合わせて柔軟にロマンスを演じるイ・ジョンソクは新鮮でした。

甘々で一途なウノを演じるイ・ジョンソクはヌナ勢(お姉さま方)をメロメロにさせること間違いなしです。

イケメン俳優ウォンビンの奥様として有名な童顔美女優イ・ナヨン

2018年には6年ぶりの映画「ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~」でカム・バックされて話題になっていました。

後半ロマンスの濃度が上がっていくにつれてウノとの距離が縮まり、イ・ナヨン演じるダニはしっくりとキャラクターにマッチしていきました

冒頭あらすじ

37才カン・ダニ。

夫の浮気で離婚され慰謝料も養育費ももらえず、住む場所も就職も決まらず留学中の12歳の娘の学費と生活費を稼ぐためにアルバイトを掛け持ちして苦しい一年を耐えてきた。

ダニの長年の弟分である5歳年下のウノは作家として成功し出版社「キョル」の若き編集長として着実に人生を歩んでいた。

出会って約20年間、ダニの結婚も見守ったが、ウノにとって彼女は唯一の幸せになってほしい(してあげたい)女性だった。

予告編

日本語字幕つきの予告編はNetflix公式ページにあります。

ここでは、フィリピンNetflix公式が出している英語字幕付きの予告編をご紹介します。

生活に困り、ウノに家政婦さんを紹介した風を装い自分が働いているダニ。

主婦だった7年間のブランクのせいで、高学歴・高キャリアがどんな仕事でもやりたいダニの就職の妨げにすらなっていると気づいてしまいます。

年齢・経歴を一切問わないというウノの出版社の採用枠に経歴を低く詐称して応募しようとするきっかけが少し描かれています。

見どころ

ウノの20年越しの思い

ダニとウノは長年の姉貴分・弟分として、他人でありながら最も強い絆で結ばれた身内のような関係です

ウノにとって幸せになってほしい女性はダニだけ

ダニもウノの絶対的な味方です。

ダニが女性としてウノに愛されていることをいつどういう形で知っていくのか、また、ウノがその幸せを得られるのかどうかをじっくりゆっくり甘く描いてありました

本を愛する人達たちの姿

本作はロマンスを前面に押し出したイメージではありますが、もう一つの大きな軸は出版会社「キョル」の人々や業務の様子を詳細に描いてあるところでした。

本を愛し、作り手と読み手をつなぐことにプライドと誠意をもって取り組むキョルの人々の姿を通して、ロマンスだけでは語れないもう一歩踏み込んだ人間模様を描いてありました。

出版会社のリアルを感じさせる描写

ウノの会社“図書出版キョル”のシーンでは、作家さんと編集者の関係や葛藤、マーケティングや出版に際するトラブル、また業界の抱える問題などなど、かなり詳しく描写されていました。

多少デフォルメはされているのだろうけれど、きっとこういうことが生の現場ではあるんだろうなぁと思わずにはいられないリアルさを感じる描写でした。

ミステリーの要素も少しだけ

「キョル」がまだ起業したばかりのころ、大作家カン・ビョンジュンが版権をすべてキョルに託して絶筆宣言を出したまま行方が分からなくなったというエピソードが語られます。

カン・ビョンジュン作家はどこへ行ったのか、なぜキョルだったのか、ウノとはどういう関係なのか?という謎もありました。

アクセントのように効かせてあったさりげないミステリー要素と言えます。

ロマンスは別冊付録 とは

出版会社のリアルを描きながら
大切な人との関係を再確認できるロマンス

ハマり度

 2.5

本作を見ていると、本のページをゆったりとめくるような穏やかなテンポで進んでいく感覚になりました。

私のハマり度はぐぐっとは上がらなかったのですが、好みがピタッと合う方はかなりハマれるのではないでしょうか。

甘いイ・ジョンソクが見られるという意味では、入隊前にファンに贈るプレゼントのような作品だったのかもしれませんね!

Netflixで視聴できますよ

ここから後半はネタバレがあります。ご注意ください

 

ネタバレあらすじ・感想

ロマンスは別冊付録a関係が進むようで進まなかったり、相手の気持ちが丸見えなのに当人には気づけていない鈍感さにやきもきしたりするのはロマンスのだいご味ですよね。

互いが最も伴侶として相性がいいというのは明らかだったということで、本作の二人のロマンスはいつ成就するかという一点でした!

パートナーに求める究極の条件

ダニとウノ、そのほか「キョル」の皆さんの恋模様や人間関係において、パートナーに求めるのはこれだったという究極の条件が出てきました。

それは「私の(僕の)味方でいて欲しい」ということ。

理不尽な目に遭ったり言いがかりをつけられることもあるし、仕事やプライベートでもうまくいかないときもある。

ただ辛かった気持ちを受け止めてもらえるだけで心が救われるんですよね。

パートナーにはそんな絶対的な味方でいて欲しいというメッセージが随所に込められていました。

カン・ビョンジュン作家の謎

本作のミステリー要素と言っていたカン・ビョンジュン作家の絶筆宣言の謎はラストに明らかとなりました。

カン・ビョンジュン作家はアルツハイマー病でした。

天涯孤独という作家は、弟子のウノに細かな指示を託していました。

”作家として消えたい”作家は「失踪とでもしてほしい」という願いをもっていて「絶筆宣言」をしたためていました。

キョル創立後最初の作家としてスカウトされ同時に創立メンバーとなったウノは、カン・ビョンジュン作家の版権をキョルにゆだねることを決意したのでした。

こうして、ウノは別荘地で看護人をつけて看病しながら先生を世間から守り続けていたのでした。

ウノと縁が深かったチ・ソジュンデザイナー

ダニがキョルに就職が叶う直前、偶然に出会い親しい友人となったブックデザイナーのチ・ソジュン(ウィ・ハジュン)が登場しました。

彼はカン・ビョンジュン作家の版権を一手に預かったキョルに、作家の行方を手厳しく追及する一幕がありました。

彼こそが、カン・ビョンジュン作家が記憶を留めておけるかどうかの病状の頃息子だと訪ねて行った少年でした。

作家はそれまで息子の存在を知らなかったし、その直後病状は悪化してしまった。

自分を探してくれない父親を恋しく思い、憎くも思っていた彼は、ウノとの出会いでお父さんの死に目に会うことができました。

切なくて温かいシーンでした。

余談ですが、

ウィ・ハジュンどこかで見たことあるな~とずっと思っていたのですが、調べたら「黄金の私の人生」で主人公ドギョンの妹ソヒョンお嬢様を逆美人局でだます運転手役でした。気づかなかったな~。

さりげないOST

さきほど、本のページをゆっくりとめくるような感覚が味わえたドラマだったと言いました。

それが感じられる曲がこちら、ロイ・キム「All I do」

出版社キョルの社屋やウノの自宅はとてもしゃれていて素敵でした。

そんな美術のように、さらりと洗練されたおしゃれさをかもしだしていた曲がRothy「Rainbow」

さいごに

私も本は大好きですが、本作の登場人物たちの本への愛情はさすがに憧れを抱くほどでした。

見どころでもご紹介したように、仕事に熱意と愛情をもって取り組む彼らの私生活も含めてじっくり見ることができる良い作品だったなと感じています。

ただ、ときどきノリが合わないというか、そんな感覚を受ける時があったため結果的私のハマり度は上がりませんでした

これは個々人で差の出るところかなと思うので、ぜひ興味のある方は一度ご覧になってみていただきたいです。

・・・で、これは私の気のせいかもしれないんですが、ヒロインのカン・ダニは放送当時大人気だったカン・ダニエル、チャ・ウノは絶世のイケメンASTOROのチャ・ウヌ君の名前をもじっていませんかね~。

そう感じたの私だけですか(#^^#)

カテゴリー
テキストのコピーはできません。