韓国ドラマ

韓国ドラマ「花遊記(ファユギ)」視聴感想

花遊記(ファユギ)

2018年に見た韓国ドラマの中で一番印象に残ったファンタジードラマは「花遊記」でした。今年最後の記事として新サイトで改めてご紹介しようと思います。

本作は西遊記をモチーフにして再構築されたファンタジーラブロマンス

主演は歌手・MC・バラエティー・俳優なんでもこなす才能あふれるイ・スンギ。

脚本はラブコメの大家ホン・ジョンウン、ミラン姉妹。

製作にも力が入っていることがわかるまさに力作でした。

今回もあらすじなど、6月に見終わった時の感想を含めて語っていきたいと思います。

作品情報

放送

韓国tvN 2017-12.23~2017.3.4 全20話

演出 パク・ホンギュン

善徳女王(2009) 最高の愛(2011) メンドロントット(2015)

脚本 ホン・ジョウン ホン・ミラン

怪傑春香(2005) マイガール(2006) ファンタスティック・カップル(2007) 快刀!ホンギルドン(2008) 美男ですね(2009) 僕の彼女は九尾狐(2010) 最高の愛(2011) 主君の太陽(2013) メンドロントット(2015)

出演

イ・スンギ(孫悟空ソン・オゴン)
オ・ヨンソ(チン・ソンミ)
チャ・スンウォン(牛魔王ウ・フィ)
イ・ホンギ(猪八戒チョ・パルゲ)

DVD発売元トレーラー

DVD発売・レンタルは2019年1月より3カ月にわたって順次行われるようです。

今回は発売元ポニーキャニオンのトレーラーを共有させていただきます

公式サイト:ポニーキャニオン「花遊記」サイト

劇画的な面白さを感じるドラマになっていることがよく伝わると思います。

OSTもなかなか良くて物語への没入度が高まりました。

私のおすすめOSTは後ほどご紹介したいと思います。

 冒頭あらすじ

小学生のチン・ソンミは悪霊の姿が見えてしまうがどうにもできず、身を守るためにお札をつけた傘を持ち歩くしかなかった。

学校でも気味悪がられるばかりで誰も助けてはくれず、悪霊が現れるたびひとり怖い思いをしていた。

ある日、「ある場所に行ってある品を取ってきてくれれば悪霊から守ってやる」と言う不思議な男に出会う。

けれど、その品を取りに行った場所に罪人として収容されていた孫悟空を開放したうえに騙されてしまった。

ソンミは大人になり、悪霊が見えることを利用して生計を立ててはいたが、自分を守ってくれると言っていた何者かのことを忘れたわけではなかった。

ある日ついに孫悟空はソンミの前に現れた。

しかしソンミは妖怪たちの欲してやまない三蔵だったことから、悟空はソンミを食べる目的で近づいたのだった。

脚本はラブコメの大家ホン姉妹

2005年の「怪傑春香」や「マイガール」以降、ホン姉妹のラブコメはすべてではないですがほぼハマりました。

この「花遊記」、実はずっとホン姉妹の作だと知らずに見ていました

異世界(神界)と人間界を描くことでスケールが大きくなっている上に、サブキャラクターたちのエピソードも豊富。

豊富ゆえに散漫になりそうだな~と思っていたら、きゅきゅっと二人のロマンスに軸が戻され、意外とブレないんです。

なかなかうまいな~と思っていたらホン姉妹の脚本でした。

キャラクター設定もよく、またそれを演じるキャスト陣のバランスセンスの良さもあって難しいファンタジーをちゃんとしたエンタメに仕上げてあったなと思っています。

ホン姉妹と縁のある監督・主演陣

ちなみに、演出家のパク・ホンギュン監督とは「最高の愛」「メンドロントット」で組まれています。

主演のイ・スンギはホン姉妹の「僕の彼女は九尾狐」で、猪八戒役のイ・ホンギは「美男ですね」で、チャ・スンウォンは「最高の愛」に出演されていました。

ちなみに「最高の愛」でチャ・スンウォン演じる主人公トッコ・ジンが「今度共演しましょう」と本人役でカメオ出演したイ・スンギに言うセリフがあったのですが、それが叶った形になりました(笑)

西遊記をモチーフにしたロマンス

有名な「西遊記」の基本設定をうまく活用してロマンスに仕上げるという点から、人間の女性である三蔵を最強の妖怪悟空が守り抜くというプロットにしてあります。

韓国ドラマのラブロマンスは設定において多彩を極めているところで、特に恋の成就に立ちはだかる”障壁”が本作では人間と妖怪というファンタジックな形となっています。

因みに、牛魔王が人間界に影響を持っている芸能事務所の有名人会長、悟空の弟分の猪八戒は超人気バンドの芸能人沙悟浄は大企業の会長となっています。

力作といえるボリューム感

そして本作は1話1話が長い

第一話はCMなしで1時間半、日本ドラマならスペシャルドラマ尺。

以降も1時間半目指して作られていたのかと思うほどで全20話の本作が体感的には30話ほどに思えました。見ごたえあります。

花遊記(ファユギ)とは

西遊記をモチーフにしたファンタジーラブロマンス
ボリューム感もスケールも大きく、コミカルさもある意欲作

ハマり度は

 3.5

③よりは④に近いかな~という感じのハマり度だったので3.5。なかなか面白かったです。

ここから後半はネタバレがあります。ご注意ください。

 

ネタバレあらすじ・感想

西遊記のキャラクターたちが現代でどう生きているか、という部分をチャ・スンウォンやイ・スンギがコミカルに演じていてこの部分の演出がなかなか面白くなっていました。

妖怪たちは人間を食べるわけにはいかないので、人が発する“気“を食べています

牛魔王はじめ猪八戒、沙悟浄のみなさんは実力をいかんなく発揮しながら人間界でうまく生きています。

不死の彼らは、タイミングを見て死んだことにして表舞台からは退きなどしつつ妖怪同士時に協力しあいながら長年生き続けてきています。

三蔵の使命とは

数千年に一度やってくるという人類の危機を救う三蔵の使命を負ったのはチン・ソンミ

人間たちが放ち蓄積され続けた”悪意の塊”、その権化が黒龍となり人類滅亡の危機が訪れてしまう。ちょうどその時が迫っていました。

黒龍を利用しこの世に君臨しようとする悪人を阻止し、黒龍を消すのが三蔵の使命

その三蔵を守る使命を受けたのが天界で最強ゆえに問題児だった孫悟空でした

孫悟空を強制的に動かす緊箍児

言うことを聞かない孫悟空に装着させたのは”緊箍児”

本作では頭を締め付けるあのタイプではではなく、心臓を拘束され三蔵を愛するしかなくなるブレスレットタイプのものでした。

次第にソンミも悟空を愛してしまうのですが、緊箍児が無くなれば悟空の自分への愛は消えるのではないのかという寂しさが生まれたりして二人の愛が試されます

ただ三蔵は命をかけて人類を救う使命を持っているゆえに、愛していても死別が待っていました。

三蔵が人類を救うその方法とは

黒龍というツワモノを倒すには、善なる器である三蔵がその体に受け止め閉じ込め、その三蔵を神の剣で刺し殺すことで確実に達成できるという方法でした。

神の剣で仕留めることができるのは悟空だけ。

悟空が使命を遂行することイコール三蔵をその手にかけることでした。

本作のみどころ

常に二人を引き裂こうとする力が存在し、大事をなしたとしても生きて結ばれることはない。どう乗り越えて成就させるのか?という部分を丁寧に描いてありました。

周囲の妖怪さんたちが人類滅亡のきっかけとなる出来事や人物たちと絡み、問題を起こし、時に解決しながら進んでいきます。

妖怪同士のブロマンスや命がけの献身などもあって、人情深い良い味を醸し出していたのも見どころでした

種を越えて深く愛し合う2人を、ベテランの域に達したイ・スンギと、安定した演技で主演女優としてあちこちで活躍するオ・ヨンソがしっとりと演じていてなかなかに良かったですよ。

物語を盛り上げたOST

本作はOSTも良かったんですよ~!

まずは活劇感を感じるアップテンポな曲、NUE’ST Wの「Let Me Out」

選ぶのに困るほど素敵な曲が多いのですが、本作のファンタジックな部分と二人の心の揺らぎが同時に感じられるシーンでよく流れた曲をご紹介します。

BUMKYの「When I Saw You」

2018.12.31現在日本版のOSTは見つけられませんでした。

韓国tvNの輸入盤OSTは入手可能でしたよ

さいごに

ファンタジー系のドラマは好みが分かれるところがあると思いますが、好きな方にはラブコメもロマンスもアクションテイストも入っているおススメな物語でした。

ですが…見ている間は気になるほどでもなかったのですが、クライマックスとなる大事なシーンのCGやVFXのクオリティがちょっと低くて、ファンタジー好きの方の要望に応えきれないという相反する結果となってしまったなと感じました。

今は海外ドラマなどで使われる技術があまりにすごく、実物とCGの区別がつかないほどのものもあるのでそこまでは要求しないにしても、もうちょっとそこに予算を割けていたらなぁと思わずにはいられません。

とはいえ、スケールの大きい命がけのラブロマンスが見たいな〜と思っている方にはおススメです!

カテゴリー
テキストのコピーはできません。