ドキュメンタリー・リアリティー

Netflixのリアリティー番組「クィア・アイ」シーズン3まで 大好きなんです

クィア・アイ

「クィア・アイ」はNetflixで配信されている人気リアリティー番組。

ゲイの5人が専門分野を生かして、自信を無くしたり人生を諦めかけている人をサポートする1話1エピソードの番組です。

シーズン5まで製作予定が決まっている人気シリーズ。スペシャル番組もあります。

私はもうこの番組が大好きで、元気が出ないときなど用に大事に大事に見てたりします(笑)

それほど元気をもらえるんです。

現在最新シーズンであるS3まで見終わっています。

今回はクィア・アイについてご紹介させてください!

クィア・アイの作品情報

配信:Netflix

クリエイター:デヴィッド・コリンズ

シリーズ

シーズン12018.2 全8話
シーズン22018.6 全8話
シーズン32019.3 全8話 ←今回ココまで
シーズン42019.7 全8話
シーズン52020年配信予定あり

キャスト

アントニー フード・ワインエキスパート
タン ファッションエキスパート
カラモ 教養・ライフスタイルエキスパート
ボビー 住居デザインエキスパート
ジョナサン ヘア&スキン グルーミングエキスパート

日本スペシャル版が2019年秋配信

日本スペシャル版が配信予定なんですよ~秋配信で。

ページのみですがすでにできていました↓ 楽しみです!

Netflix当該番組ページ:「クィア・アイ We’re in JAPAN」

クィア・アイの歴史

大げさな見出しになりましたが、今Netflixで配信されヒットしているクィア・アイはリブート版。

2003年に、今のメンバーとは違う初代ゲイのファブ5で番組が作られ話題となり、翌年のエミー賞のリアリティー部門で受賞した経歴があります。

本作は同じクリエイターさんデヴィッド・コリンズさんがNetflixというプラットフォームで満を持してリブートさせ全世界にファンを生んでいます。

クィア・アイの魅力と個性

ファブ5の人柄が愛おしい

5人はとても明るく、でも真摯に毎回の主人公たちを包み込みます。

出会っていきなり大騒ぎムードではしゃぐんですが、エピソード主人公たちが作る壁をササーーーーと取り除くんですよね。

そうやって、担当する部分の問題点や彼らがどうなりたいかをちゃんと聞きだすんです。

ファブ5はすご腕のプロフェッショナル

毎回出会う主人公に、一体何が必要なのかをプロフェッショナルな立場から見つけ出し、ライフスタイルを前向きに変化させる自信をつけるお手伝いをしてくれるファブ5

エピソードが終わるころには、ファブ5と過ごした1週間に得た自信や心境の変化から主人公たち本人だけでなく、家族や恋人たちの表情も晴れやかに。

見ている私もいつも幸せな気分になります。

ファブ5がゲイであること

悩める主人公がセクシュアルマイノリティーというエピソードの場合があるのですが、ファブ5の共感力と彼らが乗り越えてきたものや人生への向き合い方が主人公の心の助けになったりします。

LGBTQに対する認識が日本でも広がってきていると感じますが、クィア・アイはファブ5の魅力と手腕を通して認識の壁のようなものがあるとすればそれを軽々と越えてくるように感じます。

ありのままの自分を認める

自信を無くしている、どう生きていいか迷ってしまっている、そんな主人公たちを励ますファブ5が常に伝えるのが

「ありのままの自分を受け入れ、乗り越えるべき壁を認識し前に進むこと」

彼らはそのきっかけを提供するんです。

ファブ5から似あうヘアスタイルやファッションを提案され、変身し見違えた自分を見直したり、完璧なデザインでリフォームされた自宅を見て新たなライフスタイルを築く勇気を得ます。

ごちゃついていたものが解きほぐされ、前に進むしがらみが削ぎ落される感じです。

ファブ5がいない私たちなら、興味があってもしり込みしていたことや、苦手だったことに“とりあえず挑戦してみる”というのは大事じゃないかといつも見終わって思っています ←やらないとね(笑)

クィア・アイとは

人生に向き合う勇気をもらう主人公たち
ファブ5に元気をもらえる明るいリアリティー番組

ハマり度は

 常に4以上

日本でも、奥様がコーディネーターさんの力を借りて大変身するという企画や、おうちをプロフェッショナルな建築家によってリフォームしてもらう番組もありますよね。

クィア・アイはその総合版かつ、人生の歩みを躊躇する一人一人の背中を押してくれる素敵なプログラムです。

Netflixを視聴できる方や今後予定のある方は、一度ちらりとクィア・アイを見てみてください。

元気をもらえるはずです!

カテゴリー
テキストのコピーはできません。