韓国ドラマ

6/29更新:サイコだけど大丈夫 毎週土日Netflix配信中 韓国ドラマ

サイコだけど大丈夫

キム・スヒョンの除隊後初主演作であり、「プロデューサー」(2015)以来5年ぶりのドラマ復帰作ということで話題を集めている「サイコだけど大丈夫」。

その「サイコだけど大丈夫」が、本国tvN放送後にNetflixで配信される最速放送となりました。

本作のストーリー冒頭、キャラクターの空気感存在感、ドラマの世界観など、前半部分はネタバレなしで語っています。

今回、私も随時視聴をしています。ネタバレ感想をちょこちょこと上げて行こうと思います。

hobbit
hobbit
6/29更新、4話まで見たネタバレあらすじを語りました。目次から飛んでいただくと便利です。

作品情報

放送・配信

2020年6月20日9時から 毎週土・日 韓国tvN放送

そのあとNetflix配信! →Netflix番組ページ

演出・脚本・キャスト

演出:パク・シヌ(シンウ)

ファントム(2012)(w/キム・ヒョンシク)
野王(2013)(w/チョ・ヨングァン)
エンジェルアイズ(2014)
嫉妬の化身(2016)
ボーイフレンド(2019)
サイコだけど大丈夫(2020) 他

脚本:チョ・ヨン

ジャグラス(2017)
サイコだけど大丈夫(2020)

キャスト

キム・スヒョン(ムン・ガンテ)
ソ・イェジ(コ・ムニョン)
オ・ジョンセ(ムン・サンテ 自閉スペクトラム症ASDを患うガンテの兄)
パク・ギュヨン(ナム・ギュリ)
キム・ジュホン(イ・サンイン) 他

ドラマ概要・冒頭あらすじ

看護士ムン・ガンテはASDを抱える兄サンテと生きてきた。

毎年2カ月間ほど決まった時期に兄のそばを離れられない事情があり、職場も10カ月ごとに辞め、再就職するということを繰り返していた。

人気童話作家コ・ムニョンは生まれつき愛情を感じたり他人に共感ができないために、家族や周囲から誤解されてきた。

ガンテは小児病棟の朗読会にやってきたムニョンと出会った。

ガンテはムンヨンの冷たい瞳に、昔思いを寄せた少女と重なるものを感じていた。

予告編

2人には過去に接点があったのか?

何か禍々しいようで、悲しい過去の経験・記憶。

人生を諦めていた、逃げていたガンテと、その気持ちが分かるようなムンヨンですね。

ティーザー予告編

ここで、Netflix公式から出ているガンテ、ムンヨンそれぞれのフォーカスバージョン予告をご紹介します。

ガンテver。

ムニョンver.

それぞれ、過去や自分自身の中に重いものを抱えていることが分かりますね。

この二人が、奇妙な関わりの中で関係を深め互いを癒しながら愛を育てていくことになるんですね。

気になりますね~!

サイコだけど大丈夫に感じる期待と魅力

演出・脚本家さんから感じる期待値

演出のパク・シンウ監督

これまで手掛けられたドラマはロマンス。

直近2作はロマコメ・純メロで、それ以前はヘビーなサスペンスの絡む激情タイプのロマンスでした。

本作は主人公たちがサスペンス色を身にまとったような重さを抱えていることが予告から感じられるので、まさに過去作の融合型ともいえそうです。

ボーイフレンド
韓国ドラマ「ボーイフレンド」視聴感想 2019年1月に韓国tvNで放送終了したパク・ボゴム&ソン・ヘギョ主演のラブストーリー「ボーイフレンド」を見終わりました。 本国...

そして、第一話を見て「ボーイフレンド」で感じたのと同じ、本作も画面の構図が素晴らしく、色彩が見事でした。

しかも今回は、ファンタジックなシーンでのカメラワークと映像効果、美術などさらに精緻で世界観の表現が多彩になっています。

絵本童話の世界を見せるシーンでも、その作家性にもこだわられていることが伝わってきました。

脚本のチョ・ヨン作家

2017年の作品でオフィスラブコメ「ジャグラス」を書かれているチョン・ヨン作家。

私は未見なのですが、視聴した日本の視聴者の皆さんの評価も上々だったので期待しています。

主演ソ・イェジのイメージと魅力

本作でヒロインを演じるソ・イェジは、映画とドラマ、両方で活躍しておられ、薄幸さと芯の強さを感じさせる役の多い女優さん。

OCN「君を守りたい~Save Me」(2017)→Netflixで配信中や、「無法弁護士」(2018)といったドラマで主人公を演じていて、彼女の渋くて人間臭い演技は印象に残るんです。

私が初めてソ・イェジを見たのが「夜警日誌」(2015)。

上品な顔立ちから低く響く芯の強そうな声を持つ彼女が、スエさん(野王・仮面・映画「上流階級→Netflixで配信中)に似ていて印象に残ったことを覚えています。

実力派助演オ・ジョンセさん

「椿の花咲く頃 →Netflix配信中」「ストーブリーグ」など、ヒットドラマに立て続けにキャスティングされては存在感をいかんなく発揮している人気助演オ・ジョンセさん。

彼が今回演じられるのは、主人公ガンテにとって重荷であり、たった一人の愛する家族である自閉スペクトラム症の兄役サンテ。

母の愛、弟の思いやりと献身を受けながら、彼なりに精いっぱいの努力をしている姿が感じられます。

ムニョンの童話や絵にほれ込んでいるサンテオッパも絵を描くことが何よりも好きなんです。

ガンテやムニョンにとって、サンテの存在がとても大きい印象があって今後が楽しみでもあります。

椿の花咲く頃
椿の花咲く頃 視聴感想 Netflix韓国ドラマ2019年韓国KBSで放送され、最高視聴率23%というヒット作となった韓国ドラマ「椿の花咲く頃」。Netflixで観終わった感想レビューです。魅力やハマり度評価などはネタバレなしで、ネタバレあらすじ・感想は後半で語っていきます。...

撮影初日ビハインド動画

放送・配信を目前に、撮影初日の現場風景が動画で公開されました。(日本語字幕付き)

ちょっとしたしぐさにも、キャラクターの性格やその場の感情とぴったりくる表現をさぐりながら演じていく俳優陣・演出家の息が感じられて、すごく興味深いです!

OST

OST第一弾として、Heizeさんが参加されることが分かっていましたが、第一話ラストに聞くことができました。

Heize「You’re Cold (더 많이 사랑한 쪽이 아프대)」

Heizeさんの声サウンドカラー!世界観が合いますね!

ちょうど2話までのシーン映像が使われています。

先ほどお話しした構図や色彩感・映像そしてカメラワークの妙なども見て取れますよね。

そして何よりも、キム・スヒョンとソ・イェジの”目”が印象的ですよね。

本作は”目”が実はとても大事で特徴的な意味合いを持つ表現パーツなんです。

もう一曲、めちゃくちゃ好きなOST曲!

サム・キム「Breath」

ちょうど3話くらいまでのシーンが見られます。

出口のない孤独を抱え、疲れ果てているけれど人生を放棄できないし、しない二人の生きづらさが垣間見えますね。

hobbit
hobbit
このあと、4話まで見たネタバレあらすじを語っています。

今すぐNetflixで最新話まで見られます

Netflix、最近話題作のほとんどを引っ張ってくるので、韓ドラファンはNetflix加入が外せない選択肢となってきましたね!

ここからはネタバレがあります

ご注意ください

ネタバレ感想

普段は視聴後に全体を見てポイントとなるあらすじをまとめていくのですが、リアタイをしてしまうとどうしても書きたくなるんですよね~。

4話まで

孤独な戦いに疲れたムニョンとガンテの出会い

ガンテ、ムニョンの現在の状況から、ふたりがこれまで生きてきた人生の断片が少しずつ描かれました。

生まれながらに他人の感情に共感することができないムニョン

父親からは”怪物”と呼ばれ、死んでくれと手をかけられ未遂に終わった過去がありました。

決定的なその時の状況はまだ明かされていませんが、お母さんが自然死とは思えない形で亡くなっている可能性と関係があるのかもしれません。

そんなムニョンの童話には、子ども心に深く刻まれてしまった悲しさ、さみしさ、恐怖 トラウマを直視するしかないと くり返し物語に乗せて語っているようなんです。

ムニョンの物語は 自分を鼓舞し続ける孤独な戦いでもある。でも、もう疲れて助けを求めているんですよね。その相手がガンテ。

疾患ではない、ただ少数派として生まれた

ムニョンやガンテの兄サンテの持つ症状は先天的なもの

それを否定されたムニョンと、守ってくれる家族がいたサンテ。

本作では、先天的な症状を抱えた人を病気だと決めつけ受け入れない社会の姿が見えてきます。

言うなれば、生まれながらにして持っている個性を、多数とは違うがために否定され拒否されている少数派なんです。

ありのままでは愛されない寂しさ

一方、サンテを守るよう頼まれ、愛情と責任感を背負って育ったガンテ

ひと昔前、アダルトチルドレンという言葉がよく聞かれました。言葉が独り歩きし本来の意味から遠ざかってしまったため今はもうほとんど使われなくなりました。

機能不全家族の中で、家族の求める役割を果たそうと感情を抑制し、子ども心に抑圧された環境に身を置いていたことがトラウマとなってしまうケースなど、今では虐待と呼ばれるようになっています

そしてガンテは、ケアが必要な兄弟をもったきょうだい児

ガンテにも愛されたい子ども時代はあった。

間違いなくお母さんはガンテも愛してくれていたのだけれど、一生あなたがサンテを守って欲しい、そのためにあなたがいる(産んだ)と言われたガンテのさみしさは空虚な傷に。

見えづらい社会問題をズバッとストーリーに描きこんでくる脚本となっています。

本作では、サンテが子どものころに”見た”トラウマが生活を難しくしていて、それは精神科で治療していく必要があるという流れになっています。

今日のまとめ

エキセントリックでファンタジックなラッピングでくるまれた、重いトラウマを抱えた主人公たちの物語であることが見えてきました。

物語のゴールは、そんなすべての人ができるだけ癒されていくことならいいのになと思っています。

テキストのコピーはできません。