韓国ドラマ

韓国ドラマ「30だけど17です」視聴感想

30だけど17です

2018年夏にSBSで放送された韓国ドラマ「30だけど17です(原題)」を見終わりました。

メインキャストはヤン・セジョンと人気主演級俳優に仲間入りしたシン・ヘソン。

13年の時を経て縁あって再び巡り合った二人の運命のロマンスを楽しみたくて見ました。

明るく愛らしいテイストで描かれたラブコメを見た感想を語っていきたいと思います。

30だけど17です について

放送&スタッフ・キャスト

2018年 韓国SBS 2018.7.23-9.18 全32話*1話約30分(実質全16話)

SBS公式サイト 30ですが17です

演出

チョ・スウォン
君の声が聞こえる(2013)カプトンイ(2014)ピノキオ(2014)
君を愛した時間(2015) 恋するシャイニング・スター(2016)

キム・ヨンファン

脚本

チョ・ソンヒ
ナイショの恋していいですか(2014) 彼女はキレイだった(2015)

キャスト

ヤン・セジョン(コン・ウジン)
シン・ヘソン(ウ・ソリ)
ユ・チャン(アン・ヒョソプ)
イェ・ジウォン(ジェニファー)
ユン・チャニョン(17才のコン・ウジン)
パウ・シウン(17才のウ・ソリ)

チョ・スウォン監督の代表作は社会派ラブストーリー

監督が手掛けた2014年の「カプトンイ」は猟奇殺人犯と犯罪被害者を描いたチャレンジングで骨太な作品でした。

そして2013-14年にパク・ヘリョン作家と組んで演出された「君の声が聞こえる」や「ピノキオ」がチョ・スウォン監督の代表作といえるんじゃないかと私は思っています。

これらはどれも社会問題を盛り込んだ脚本となっていてロマンスとのバランスをうまく取り入れて演出されていて私も大好きな作品です。

ロマコメ作品が続いているチョ・ソンヒ作家

前作の「彼女はキレイだった」も本作も、十数年後に運命の人と再会し、その空白を埋める経緯を描きながら相手がたとえ別人と思っていても再び愛してしまうというロマンスを描かれています

運命的でロマンチックな設定がお得意の作家さんのようです。

因みに本作のヒロインを演じたシン・ヘソンは、チョ・ソンヒ作家がヤン・ヒスン作家と執筆した「ナイショの恋していいですか?」と「彼女はキレイだった」にもサブキャラクターとして出演しています。

偶然かもしれませんが、チョ・ソンヒファミリーかもしれないですね。

主演女優となったシン・ヘソン

ここ最近のシン・ヘソンの成功ぶりに目を見張っていたのですが、「彼女はキレイだった」以前に、「青い海の伝説」で主人公に片思いして空回りする憎めない横恋慕キャラ役でも出演されていたことに気づきました。

強烈な印象を残すほどではなかったにしろ、コミカルなキャラクターを演じられるシン・ヘソンは着実に演技者としてのステップを踏んでいたんですね。

本作の前に出演した「黄金色の私の人生」がシン・ヘソンの初主演作のようです。

機会があれば見てみてみたいです。

存在感抜群の名バイプレーヤー

今作で印象深かった俳優さんはジェニファー役のイェ・ジウォン。

アクの強い役が多い中年女性役を華麗な身のこなしで演じてきたイェ・ジウォンさんは、今作でも温かい心を持ちながらも感情を殺して生きる重荷を背負った家政婦役を見事に演じておられました。

30だけど17ですa

いつも感心してしまう子俳優たち

韓国ドラマの子ども役俳優たちは本当にうまいんですが、今作のユン・チャニョン君もパク・シウンちゃんも立派でした。画像↑

パク・シウンちゃんはお父さんが歌手パク・ナムジョン、お母さんはモデルさんだそうで、すでに数々のドラマで印象的な演技を見せてくれています。

去年シウンちゃんはTWICEや俳優活動もしているGOT7のジニョンがいる事務所JYPに所属したそうです。

もしかしたらアイドルグループになるかも?アイドルしながら俳優ということも十分あり得るだけに、気になります。

ユン・チャニョン君は「男が愛する時」や「六龍が飛ぶ」などなど挙げたらきりがないほど主演俳優さんの子供時代を演じていて、子ども時代役じゃない役もこなしています。

これから楽しみです!

あらすじ

天才バイオリニストとして将来を嘱望されていたウ・ソリはバス事故に遭い、13年間の昏睡状態から奇跡的に目覚めた。

しかし30才になっていた自分に戸惑い、また一緒に暮らしていたおじ夫婦の家に行ったが彼らの行方は分からなくなっていて途方にくれた。

ソリが住んでいたおじ夫婦の家に現在住んでいるのはウジン。

ウジンは13年前、“もう一つ向こうの停留所で降りたほうがいい”とアドバイスしたせいでバス事故に遭い亡くなった初恋の女の子ノ・スミへの罪悪感に苛まれ心を閉ざしたまま生きていた。

しかし、ウジンがノ・スミだと思っていた女の子はスミの名前の入った体操服を着ていたウ・ソリだったことを知る由もなかった。

ここで本作の予告動画をご紹介します。

本国SBSの予告よりも、日本初放送だったKNTVの予告編の方がドラマのもつ明るい部分が出ていると感じたのでこちらを選びました。 KNTV公式「30だけど17です」ページ

泣いて笑って落ち込んで癒されて。

このドラマがどんな風に展開するのか期待感が抱けますね。

純真なメインキャラクターたち

本作の主人公二人ウジンとソリは17才の時にある大事故に遭遇し、30才になった今まで心の時間は止まったまま生きてました

二人が13年経って再会し思いを寄せるようになるのですが、とても初々しいんです。

もちろん立派な大人なんですが、ウジンの甥っこ高校生のチャンといても違和感がありません。

恋をし涙しトラウマを乗り越えていく姿が成長物語のようで素敵でした。

因みに、ソリを演じたシン・ヘソンの実年齢は現在29才、ウジンを演じたヤン・セジョン26才、ウジンの甥チャンを演じたアン・ヒョソプは23才。(2018.12現在)

”叔父さん叔父さん”とヤン・セジョンを呼んでいたアン・ヒョソプ、実際にはたった2・3歳差でした。

「30だけど17です」とは

17才から13年間の心の空白を経て再会した二人の
運命の恋と再出発を描くヒューマンラブコメ

ハマり度は

 3

13年の時を経ても同じ人を好きになってしまう二人。
運命を感じる初々しい30歳の主人公のロマンス、可愛かったですよ。

 

~以下ネタバレを含みます~

ネタバレあらすじ・感想

あの初恋の女の子は生きている、いつ、それがソリだとウジンが知るのか、そのタイミングが気になって見続けていました。

そのチャンスが何度か訪れたのに、そこはするりと脚本にかわされてかなり最後のほうまで引っ張られました(笑)

本作は、大きくとらえると以下の二つのストーリーが柱となっていると思います。

・亡くなったと思っていた初恋の少女はソリだったという事実

・おじさん夫婦はどこへいってしまったのか、それはなぜ?

というところ。

その中で、ソリが人生の方向性を見つけるまでやウジンとの恋、チャン君の成長とジェニファーが立ち直る姿などを織り交ぜて物語が膨らませてありました。

もちろんメインはラブストーリー。

穏やかにお互いを理解し合い癒し合って結ばれてゆく、どこかぎこちなさの残る初々しい二人のロマンス。

ただ、ワクワクドキドキきゅんきゅんするようなラブコメを求めているかたには若干物足りないかもしれません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。