ジオブロックとうまく付き合う アジア・タイBLドラマ活動を支えるVPNとは?私が使っているのはここ

海外アーティストや海外コンテンツの趣味活動をしていると、VPNを活用するシーンがよくあります。

特に、アジア・タイBL沼におちた皆さまならジオブロックという壁が立ちはだかるためによりVPNの存在を実感されていることでしょう。

ちなみにジオブロック・ジオブロとは、コンテンツに対する権利を持つ特定の地域以外に対して視聴制限をかけ見られないようにする措置のことです。

楽しみにしていたドラマの配信対象国から日本が外されていれば「ジオブロックされた」となります。

このジオブロックとうまく付き合っていく助けとなってくれるのがVPNなんです。

記事中に、「要VPN」とか「VPNでなら見られる」などと当サイトでも記載しているのですが、ではVPNとは何で、何を使えばいいのかと迷われている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、

  • そもそもVPNとは何なのか
  • habbitが使っているサービス、選んだ理由
  • 利用目的

などについてお話ししようと思います。

結論から言うと、私が選んで利用しているのは有料サービスNord(ノード)VPNです。

無料VPNサービスではなく、なぜ有料サービスの方を選んだのかということや、ノードVPNを選んだ理由などをお話ししていこうと思います。

他の人気有料VPNもご紹介していますが、結果的にNordVPNを推す記事になっていることをご了承ください

VPNとは何か

VPNとは安全なインターネット利用を助けてくれるセキュリティサービスのことです。

私がVPNを利用している目的は下記の2点です。

  1. プライバシー保護
  2. 海外から(海外へ)制限なくアクセスする

①プライバシー保護

フリーWifiなどを利用する際など、個人情報やアクセス情報を抜き取られたり、のぞき見されるリスクからVPNで保護します。

なので、私が(どのIPが)どこに接続したかなどのログ(記録)をVPNサービス側が一切残さないという秘匿性を約束している個人情報保護の認識対応の高いところを選ぶのも条件となってきます。

Nordはここもクリアしています。

ちなみにNordVPNは1アカウントで6台まで使えます。

わが家も、スマホ・タブレット・PCなど、各自の機器にインストールしプライバシー保護に利用しています。

  • 5533台の超高速サーバー
  • 実証済みログなし方針
  • 速度帯域幅の制限なし
  • 6台まで接続可能

②海外から or 海外へ制限なくアクセス

海外在住の方、海外出張や旅行の多い方などは、海外から日本向けのコンテンツなどに制限なく安全にインターネットを利用し接続できます。

逆に、(日本に対してジオブロックがかかっている)海外向けのコンテンツもアクセスすることができることになります。

海外オタ活には実は欠かせないメリットがここにあるわけです。

VPNは合法です

気になっている方もおられるかもしれませんが、

VPNでデータを暗号化したり、ジオブロックを回避したり、匿名でネットを利用したりするのは合法です

ただ、一部、VPNの使用が許可されていない、あるいはグレーゾーンの国はあるそうです ↓

中国、ロシア、イラン、イラク、アラブ首長国連邦、ベラルーシ、トルコ、オマーンなど

ここは気をつけておきたいところですね。

どのVPNサービスを選ぶか

「VPN 比較」などで検索をかけると、価格・サービス内容・仕様・サーバー数・対応国数・支払方法などを比較されている素晴らしいサイトがたくさんあります。

ぜひ一度チェックされると良いかと思います。

ここからは私がそれらを比較し、自分の使い方に合ったVPNを選んだ理由をお話ししていこうと思います。

有料のNordVPNを選んだ理由

まだVPNを知ったばかりの頃は無料で利用できるサービスを使ってみたこともあるのですが、私の使い方だと安定性(つながりやすさ・速さ)、使いやすさ、目的のことができないことに不満がありました

また、無料VPNはなぜ無料なのかを考えた時に、本来のプライバシー保護の目的から逸れると感じました。

最近は、一部の有料VPNが一日何GBまで無料、というようなサービスも行っています。

ただ、通信量が大きいドラマ動画を視聴するには満足いく容量ではないのが残念なんですよね。

複数の有料VPNサービスを比較して選んだのが「NordVPN」

選んだポイントは下記の6点でした。

  • アプリ1つシンプルな接続方法(タップ1~2回)
  • 価格の手ごろさ
  • 配置国・サーバー数の多さ
  • 速度や安定性に不満がない
  • セキュリティーやサービスが向上し続けていた
  • Netflixやアマプラ、Huluなどの有料動画配信サービスにも対応している

ネットの世界は技術の進歩なども早いので3年契約が終わるころ、もう一度他サービスと比較して見直してみようとは思っています

私は念のためNordVPNを1年利用し、十分満足だと判断して今は最も割安になる3年プランで更新契約中です。

*3年プランは利用者の更新時にオファーされる限定プランのようですが、Nordが期間限定プランでそれに相当する最安価格キャンペーンを珍しく打っています。↓

”2021.6.15~限定プラン提供キャンペーン”

2021年6月15日から、終了日未定の約1か月間限定のキャンペーンが打たれています。

◆内容:2年契約のプランが72%OFF、さらに+3か月分が無料

◆料金:347円/月 9,356円/合計(27か月分)

※NordVPNのサイト訪問後10時間以内に購入の場合上記金額になります。

10時間を過ぎた場合は385円/月 10,407円/合計(27か月分)となりますのでご注意ください。

選ばれている他の人気有料VPN

ちなみに、2021.5.20現在の主な有料人気VPNはNordVPNの他に

  • Express VPN
  • CyberGhost
  • PrivateVPN

などが代表的で、VPNに詳しい方がベスト5などに選んでくるところです。

最近よく聞くようになったPrivateVPNもチェックしてみました。

各VPNの長所と私が選ばなかった理由

ExpressVPN

Express VPNは速度が速く最も安定していて対応国の数がダントツ。中国も可。

ただ価格面は割引率が最も大きいプランは「1年」までしかなく月額にして約¥890に。

一方、NordVPNの場合長期2年プランがあり月にすると¥397になります。

CyberGhost

CyberGhostはサーバー数も1000以上多く、アカウントにつき7デバイス使え価格もNordVPN(¥369/2年)より少し安い¥369/2年。

ですが、Netflixなど動画配信サービスに対応している国がNordに比べて少なく、国によって配信内容の違うサービスをバリバリ使いたい場合使用感が落ちることを懸念しました。 

補足として中国対応なし(Nordはあり)。

PrivateVPN
NEW

最近評価をあげてきたのがPrivateVPN。

2年プランで月約¥224/2年と激安クラス。近くの国への接続速度も良いと人気です。

ただ、サーバー数などNordVPNの35分の1。距離が遠い国への接続は厳しくなるという点など、価格面のメリットを考えてもNordと¥145の差は埋まらないと考えました。

年間プランのメリット高 お試し期間に確認を

1か月ごとの支払いプランだと、NordVPN含めどのサービスも同じくらいで月額約千円ほどとなってしまいます。

ゆえに、年間プランにする方がメリットが高くなります。

まずは、お試し期間に自分に合っているか、納得いくかを確認することをお勧めします

*NordVPNの場合は30日以内返金対応があります

総合的に見てExpressとNord二択かな

もろもろ比較しても、ExpressVPNとNordVPNの二択かな~となってきます。

有料VODサービスを使い倒さないならば、CyberGhostも候補になります。

私は先ほど話したように、使用頻度がときどきによって違う可能性もあったことから負担価格を抑える目的でNordVPNを選びました

新しいプロトコルが加わるなど早いサーバーに当たることが多くなったと2020年半ばにお知らせしていたのですが、つい先日もまた、(2021.6.25前後)アプリ・ソフトウェアがバージョンアップされ、タイなどへの接続が速くなったと体感しました。

Nordの継続したサービスのテコ入れでメリットが維持されていると感じて満足しています。

Nordとの契約が終わるころ、もう一度VPNサービスを比較検討する予定ですが、今現在選ぶとしてもNordVPNとなります。

日本公式サイト【Nord VPN】

habbitの使用方法

無料Wifiを利用する時

タップ1回でつなげる”クイックコネクト”で日本国内サーバーにつなぎます。

海外コンテンツにアクセスする時

”決まった国(VPN接続によってその国で会員登録をした場合など)”でしか見られない場合以外は最もサーバー数が多いアメリカ経由でまずみられるか確認して利用しています

動画を見る場合など、アメリカはサーバー数やスペシャルサーバーの数が多い分だけ、速くて安定しているためです。

もちろん、距離が近いところの方が安定しやすいのですが、その国のサーバー数が少ない場合ならむしろアメリカからつないだ方が快適ということもよくあります。

留意点も2つ

コンテンツ配信媒体の対策

今現在、NordVPNなどは有料動画サブスクリプションサービス(NetflixやHuluなど)にも、自分のアカウントを持っていれば日本以外の国で配信されているコンテンツにアクセスすることができます。

日々、VPNサービスも向上していくのですが、配信提供側もその国以外からアクセスされている可能性のあるユーザーIPを検知する対策や技術も取り入れて行っているなと感じることは最近多くなりました。

求めた使い方ができなくなる可能性も含んでおく必要があるでしょう。

その場合は別途有料ですが、専用IPアドレスサービスをとるという方法もあります。

ただ、ドラマコンテンツを見る場合にはそこまで必要はないと思います。私も専用IPアドレスは取っていません。

利用したい国にサーバーがあるかチェック

NordVPNはタイ、香港、台湾にもサーバーがあります

私も活用していて、今のところ沼活で不便は感じたことがありません。

NordVPNのサーバー数も設置国も、有料VPNサービスの中でも十分な数を誇っていますが、これから利用したいという国が含まれているかチェック下さい。

ちなみに、フィリピンにはサーバーはありません。

まとめ

VPNは

  1. プライバシー保護
  2. 海外から(海外へ)制限なくアクセスする

という目的を助けてくれる便利な通信ツールです。

利用国を注意すれば、VPN自体は合法ですので後ろめたいと感じていた方は心配しなくて大丈夫です。

メリットやデメリットから、ご自身の利用目的に合うサービスを選んでくださいね。

VPNを利用することで、ジオブロとなったドラマや海外向けにしか公開されていない推しの出演作・イベントにアクセスできたりします。

おかげで私はストレスフリーかつ充実した趣味活動を送れています。

NordVPNをお考えの方は、こちらから現在の割引価格など詳細をご確認下さい

日本公式サイト【Nord VPN】
テキストのコピーはできません。