「BetweenUs」11/6〜RakutenTV 毎週日曜25:45

EP8感想追記『Fahlanruk』自信満々のモテ男がワンナイトオンリーの彼に落ちたら

@Safe Studio
habbit

感情が複雑に絡んでしまう様子をリアルに描くFahlanruk好きだわ

多くのファンを生んだタイBLドラマ「Cutie Pie」の原作者BamBam作「Fahlanruk」のドラマがスタート。

副題は「Friends with Benefits」そう、ステディな恋人ではなくカジュアルなセ○レ関係を示唆するサブタイトルがついています

自信満々で二股ごとき平気の人気イケメンFahlanが、一夜のカジュアルな関係しか持たないというバンドボーカリストSharbetに恋をしてしまう物語。

EP1を視聴して感じた魅力や期待値など、作品やキャスト情報と共にネタバレなしでチェックしていきたいと思います。

後半からは、随時視聴感想をあらすじと共に追記していきますね。

もくじ

視聴方法(2022.10.31現在)

配信 毎週日曜25:00〜
  • タイ本国向け放送&配信:MCOT HD / WeTV
  • 国際ファン向け配信 :GagaOOLala 26:00〜字幕付き

字幕付き国際ファン向けはGagaOOLala(要VPN)

本国と同じ毎週日曜 日本時間26:00〜 GagaOOLalaで配信されます。英字幕付き。

ただ、日本は対象ではないのでVPNで海外から視聴します(米OKです)

作品情報

制作・話数

2022年 タイ SafeStudio

全12話

原作:「Fahlanruk」by BamBam

naiin.com Hermit Books

本作の原作者BomBam作家は「Cutie Pie」の原作者さんでもあります!

熱い関係を果敢に描かれる作家さんですねぇ〜!

演出:Chik Sakon Tiacharoen

Love Song Love Series(2016-17)
I Need Romance(2021)
Fahlanruk(2022)

Love Song〜はBright Vachirawit君の出演作だったり、I Need〜はNew Tithipoom君主演作です。

演出:K Chainarong Tampong

Love Song Love Series(2015-2017)
Sing Again(2022)
Fahlanruk(2022)

もうお一方K監督の演出作「Sing Again」はSaint君、Talay君主演の青春ドラマ、日本Netflixでも配信されていますよ

▶︎Netflix「シング・アゲイン」

habbit

キャスト・キャラクター紹介の前に予告編を!

予告編&冒頭あらすじ

人気者の4年生Fahlanには恋人らしき存在のTalがいるが、Fahは彼に本気だとは言い難い。

一方で建築学部2年生のバンドボーカリストSherbetは一夜限りの関係しか持たない徹底ぶりの男だった。

そんな二人が一夜を過ごした。

Sherが気になるFah、彼を恋人にしたいと心に決めたとしたら?

キャスト&キャラクター紹介

Fahlan x Sharbet

Tonkaow Chayuth Nitichakorn(Fahlan)
James Thanaboon Wisrungroj(Sharbet)

TonhaowくんはあのCMの彼!

Fahlan役のTonkhaoくんは、Talayくん(My Engineer・YYY)とBLテイストのアイスクリームのCMで共演されていた方

ここでは、Lazy Subberさんのつけてくださった字幕ありクリップで:

「What Color is Your Love? PINK」より

本作「Fahlanruk」では、オトナなシーンのある関係性がテーマとなっているのですが、このCMの地点でこれほどの演技力となれば!うむむ!

本作のFahは恋人のような人がいるのですが、自分がモテることを自覚していて結構しれっと他の人とも遊ぶ男。

そんな相手自在のモテ男がSherbetの魅力にはまり込んでしまうようです!

Serbet役 Jamesくんはドラマ初出演?!

1999年生まれのJamesくんは、本作が初主演ドラマ。

Tonkaow君とは同い年ですね。

原作のSerbetは長いサラサラの髪と薄い髭が特徴的なのですが、Jamesくんもビジュアル面で可能な限りそれに近づけられているとわかる感じです。

Fahが一夜にしてハマってしまうほどの夜の手練れ(言い方💦)感や、簡単には落ちない魔性感などもEP2以降さらに熱く表現されそう。

ワンナイトしかしないというSherがFahlanをどうやって愛すようになるのか、なぜ誰とも一夜限りの関係以上にはならないのかの理由なども気になります。

Tap x Ping

Kao Sirawit Suwannarat(Tap)
Ryu Danudol Suranapornchai(Ping)

TapとPingはFahlanの友人

Fahの気まぐれな人間関係を呆れたり心配したりしながら、TapとPingの二人は常に行動を共にしています。

おっとりとしたうっかり屋さんのPingを、Tapはツッコんだりフォローしたり。

好きな人、それは彼ですよね〜

Gear x Prince

Win Kittiphon Chotijiranan(Gear)
Tong Piroonwat Wannasorn(Prince)

Sherbetの友達Princeは、”Sherの元恋人であるという噂”をいつまでも立てられ続けられていることに居心地の悪さを感じ続けています。

あっけらかんとしているSherは、Princeに片想いしているGearの存在に気づいていてそれとなく仲を取り持とうとしたりもするんです。

偶然を装ってでもPrinceと話したいGearの健気で涙ぐましい努力は、Sherの協力で成就するのでしょうか!

EP2まで見て感じた「Fahlanruk」の魅力と個性

ホットすぎてやばい🔥

一夜の関係が二人の始まりとなるというストーリーゆえに、その描かれ方もなかなかにホット!

”している”、”いい”のだということが如実にわかるような表現がなされていて、ホット過ぎて私、ちょっと汗が出ちゃいました。

翌日以降、相手のことがなんとなく忘れられないって、めちゃくちゃ良かったんでしょうね〜

いやでも、セックスって人柄や性格が大いに出るわけだからやっぱり何かがお互い刺さりまくったのかもしれないですね😊

好みのビジュアルかは大事だが、それでも

出演される俳優さん、特に主演のお二人が自分の好みのビジュアルだとハマり度が変わってくるのですが、視聴前には本作はちょっとどうしようかな…、なんて思っていました。

ですが、静止画や断片的な予告編とは少し違って、動き、細かな視線の意味や仕草などストーリーに乗っかってくると「お? かっこいいな」「こういうとこが魅力なんだわ」と思わせられるところがちらほら。

これはなんかあるぞ!見たいなぁ、と思わせられました。

赤裸々さと背中合わせの感情に振り回される!?

体の関係で始まり、心惹かれる人が他の人ともカジュアルな関係を続けている(寝てる)という事実が前提となる二人。

恋につきものの「独占欲」「嫉妬」という要素がこれでもかと彼らを襲うことが目に見えているわけですよね!?

こういうえぐられ感好きかも。

まずはFah、Sherを恋人にする宣言してます。どうなることやら〜

いやでも、結構EP2で刺さり始めてます。楽しみ〜

OST

Ping役Ryuくんが歌うこの曲

RYU DANUDOL – แค่ให้ฉันได้รัก (Friend Indeed) 

優しい声〜

Pingのキャラクターに通じるような、どこか温かく見守りたい雰囲気ですね。

もう一曲はオープニングテーマ。

Dunk Phunkorn – เชื่อในเธอ เชื่อในรัก

シーン映像がないリリックMV。

カジュアルな関係のはずが恋して苦しんで…という心の機微を、少しスキャンダラスな関係を始まりとして描こうとしている「Fahlanruk」の大人なイメージをこの曲が感じさせてくれますよね。

ここからはネタバレがあります
ご注意ください

あらすじ感想

EP1-2 初対面の接触でビビビ⚡️ 一夜で忘れられない人に

ぶつかり、落ちかけた携帯をキャッチしてくれたギターを持った人。

手がふれあい、ほんの数秒。

彼に声をかけなきゃと思ったFahと、胸がときめいたのか何かを感じていたSher。

ルックス? 香り? 体温? 何かを互いに感じ取った二人。

その場ではそのまますれ違ったにすぎなかった二人が、夜のライブハウスで再会しました。

誘い水を向けたSher、望むところだったFah

Sherが持っていたギターを頼りに軽音部を探しにまで行っていたFah。

その夜にライブ中の彼と偶然に会います。当然、Sherも昼の彼だと認識していて。

「お互いをもっと良く知りたいと思わない?」「お前、かわいいな」

今夜の相手としてSherが選び、望むところだったFah。

トイレの個室で一戦、ベッドのある場所へも移動して。

未練もなくさっさと去ったSherが気になってたまらないんだよ

イケメンでリッチ。Fah的には満足させたと行為そのものにも自信があった。

昨夜のSherの反応を見ても間違いはなさそうだったのに、Sherは執着も未練も見せずさっさと帰り支度。

また会えるよう連絡先を知ろうとしたFahに向けて、一夜の関係だとバッサリ切って去ったたSherのことが気になって学校にいても上の空に。

ついには「Sherbetを俺の恋人にする」とTapやPingに宣言しちゃうほどムキに(本気に)なってしまってます。

クラブでまたもや偶然再会、あのSherの2度目を手にした男に

Sherのことが頭から離れないFahが、クラブでバッタリ会ってすぐさま接近。

下心を簡単に挑発されて翻弄され、それでもSherを見れば後を追ってしまう。

澄まして、主導権を握っているつもりでも、Sherが欲しくてたまらない。

他の男とは違うってことを証明してみせたくて「忘れられないほど喘がせてやる」そんな気合いと欲情を滲ませて挑むFahにSherも刺激されついに同じ男と2度目の夜。

やっぱり相性はいい、というか、互いの最高を引き出してくるという感じ?

ワンナイトしかしないというSherの理由とは

「性的な関係を持った体を、プライベートに持ち込みたくない」というSher。

つまり、体の関係を持った人と恋人にはならないとFahは解釈しました。

ならそういう利得関係を持つ友達=セフレにならないかと堂々と提案してます。

呆れたように笑っていたSher、どうやら合意するみたいですね〜

なかなかに刺激的、だからこそ今後の二人が気になりまくり

このFahの熱意の源はどこからくるのか、入り口は体の関係だったとしても、Sherの持つ魅力にずぶずぶとハマっていく気配です。

そのほかのCPはラブリーなくらいピュアな状態です。

片想い・恋愛未満の関係性を繰り広げていますよ!

EP3 どうにもSherにはペースが乱されるFah

「本気なら続けろ、でも遊びならお前が傷つくぞ」

Tapくんのド正論が刺さります!

habbit

Tapくんね〜所々ですごく良い男を出してくるんだわwwww

Fahの真意が体の関係の維持だとSherが思っていれば心まで許さないだろうから、本気なら好きを伝え続けるしかないし、やめることはできないよね。

でも、Sherは関係を持った人とは深入りしないと決めている男なわけで、Tapからしたら、なびくことは難しい人に尋常でないほど感情を揺さぶられている友が心配になるのかも。

〇〇しないとキスするぞ

電話番号もLINEもすんなり教えてくれないSherをヘッドロックしつつ、教えないとキスするなんて所構わず絡むFahはまるでジャイアン。

連絡先をゲットした携帯を見ては授業中でもニヤつくとは重症です。

食堂で見つけたSherにベッドのネタで絡むもそれは!?

それは、Sherの双子の兄 Tam!!!

@fahlanruk SafeStudio

まさかの双子ネタ!?

Tamにもラブラインがありそうな気配もあって、Fahとしては心穏やかではいられない謎の葛藤シーンも来そう。

”あれはSher? それともTam?”とかってね…。

TwitterのTLでは 3P予測まで飛び出していて、オタクの底力を試してくるドラマだとのけぞり中😆

妙に惹かれるドラマです!

EP4 好きな相手にはスイート全開 揺り返しフラグなのか!?

互いの利だけで繋がった関係を締結した二人。

一夜の関係で終わる相手じゃなくなったFahの本音はSherと関わり続けたい思い

それは言動の一つ一つから滲み出ていて、それはもうスイートなダーリンに変貌を遂げてます

特別扱いされればやっぱり心は動く

ワンナイトしかしないというSherのイメージは遊び人だったりクールだったり。

でも、Sherも一人の人間だし、彼が情深いことはPrinceとの関わり方でも見えていました。

つれないそぶりをしながらもシャワー中に入ってきたFahに体を許したSher。

気まぐれで本音を隠さないSherが自分に体を預けてくれる瞬間の喜びはどうやら大きいみたい。

猫ちゃんですねぇSherは。

結局Fahと親しくなればなるほどSherの心もそれなりに溶けてきていてその優しさはじわりと現れてもくる。

Fahが初めて自宅に連れてきたのが自分だと聞かされてやっぱり何か心に働きかける感情があるんです。

だけど、二人が付き合っているという噂が学内に広がってしまいお怒りのSher。

次回はそんなSherに、Fahはどう頑張ることになるのでしょうかねぇ〜

とはいえ、よ、Sherの体につきまくってるあのキスマーク(笑

どんだけFah、”俺の痕跡”残すん!?

EP5 もうそんなに、か…、恋に落ちて

これまで、親友のPrinceすらさせなかったのにFahに髪に触れさせたSher、しかも1度きりの相手ではなくなり、人目のあるところで膝枕。

これまでのSherとは違う行動に、Princeは特に危うさを感じ心配していました

SherとFahが付き合っているという噂はもちろん流れるし、何より、Sher自身がこれまでのワンナイトスタンドの相手と同じようにFahを見ている”つもり”ならば自分自身の本音に気づいたときに激しく傷つきかねないから。

その証拠に、この会話には、嫉妬と不安と戸惑いと、心にかすめたFahに対する感情への苛立ちが混じっていました。

”お前は、一線を越えたんだ!”

その意味を理解できない中で、Pinkと一緒にお茶を飲んでいたことを怒っているのか、何か他のことでやらかしたのか必死で責められている理由を探すFah。

答えは出ず(もちろん)、一人取ってもらえない電話に凹み、会いたくて体育館でSherの名を呼んでしまうんです。

habbit

Fah、もうそんなにSherのことが好きなんだね…

心配している親友たちにもSherが好きだと断言していました。でもここまでとは…恋に落ちきった男の姿がありました。

それはSherももう同じなのかも…。

GearPrince、Gearの隠せない心がリミッターを外せた日

Princeに片思い中のGear。

よく見られたくて頑張っちゃう姿は恋する男。

Princeの顔を見れば、会話すれば嬉しくて気持ちが上がってキラキラしちゃうほど。

コロンの振り過ぎを突っ込まれてしまうGearなのですが、

P「面白いやつだな」
G「面白いやつだと思われても、誰も俺のことを好きになってはくれないんだよね」
P「そんなことないよ。かっこいいより、面白い人の方が恋がうまくいくって聞いたことあるよ」
G「じゃ、面白い人でいるよ」

嬉しくて手をとっちゃうGear。大好きなPrinceに褒められちゃったね!

この後に現れたSherから、Princeとは親友なだけで付き合っていないこと”親友にはお前ほどいい奴がいてくれたらいいと思う”なんて応援コメントももらっています

いよいよGear、Princeにまっしぐらになりそうですね〜ピュアピュア✨

EP6 Tamの事情がSherの心の壁のワケに気づかせた

F「もうお前のことばかり考えてる」

S「寝たいがために、俺のことが恋しいだなんていうのはやめろ! もう俺に構うな!」

Fahの自分への想いの真意を疑ってしまうほど、その言葉が本当だと思いたい裏腹な思いが前面に出てきてしまったSher。

苦しいから距離を置きたいほどに。

Tamにも恋の事情が、うまくSherの事情とクロス!

Tamには恋人がいたのですが、その彼がなんと記憶障害でTamのことを思い出せなくなっていることがわかりました。

彼は同じ大学に通う学生で、Tamが登場した食堂でのシーンに常に映り込み、Tamが存在を気にするそぶりを見せていた彼がそう。

SherがTamに殴りかかったのは、食堂で殴ってくれとTamに頼まれていたから。

その彼に”何かを感じて欲しかった”のだそう。その彼は喧嘩を止めに入ってくれてTamの狙いは成功。

折下、食堂にFahがいるのを確認していたTamは、Sherに殴られて殴り返すという機転を働かせています。

前夜、ライブハウスの前で二人が言い争っていることを知っていたから。すぐに助けに入ったFahの姿が、Sherに対する本気を教えてくれましたよね。

兄弟の阿吽の呼吸というか、分かり合っている身内感さすがです。

Sherが恋人を持たない理由はあるトラウマから

Sherたちのお父さんはお母さんを憎んでいたようなのです。

愛は続かない。終わりが来る。

そんな風に、誰かを愛しても愛されなくなる関係の終わりをSherは恐れていたのかもしれません。

「愛においては一人一人違った経験をするもの」

誰かと同じことが起きるとは限らず、不確定な不安で好きになった人を拒絶する必要はないとTamは語っていました

仲直りwww

Tamと殴り合いを始めたSherを止めに入ったFah。

口元の傷を真剣に治療するFahに文句を言いつつも、そんな若干の甘えを受け止めてくれる様子もありがたい。

「ありがとう」

Sherの口から出た言葉は、心に張り巡らしていた壁からそっと顔を出してみた証。

友達はいいけど恋人は持ちたくなかったSherが、Fahを特別な人だと認めることになりました。

ピュアピュアなGearPrince🌿

今週もピュアでした😭

G「Sherには君のことが好きだってバレてて…はっ😣」

……思わず告ってしまって穴があったら入りたいくらい恥ずかしいGear💕

P「ちゃんと言葉にしないと、わからないじゃない?」

可愛い二人です🥰

EP7 好きな人とつきあう…自分にもチャンスを

Fahにチャンスをあげたら? 自分にもだよ

Tamの言葉が突き刺さったSher。

Sherに首ったけのFahの姿は、Tamの目には明らかに”信じてみてもいいんじゃないの?”という印象を与えていました。

そして、SherもFahのことが好きなんだとTamには見えていて、自分自身にも好きな人と付き合ってみるというチャンスを与えてあげたらどうか、とアドバイス。

怖さと思い込みから、浅い関係でいいと決めてきたSherだったけれど、確かに好きになった相手と、絶対にうまくいかないと決めてかかる必要もないという気持ちになれました。

Fahの気持ちに期待したくない、でも…

一緒にいると楽しく、FahはSherを甘やかしてくる。

夜も体ごと楽しい時間を過ごすけれど、どこまで行っても不安は消えない。まだトライし始めたばかりゆえ、安心できる要素が積み上がりきっていない不安定さもあって。

でも、微かな独占欲は芽生えていて、それにFahは答えてくれる。

今FahはSherに首ったけだから。

無謀な横恋慕キャラが二人をかき回す?!

「私の方がSherより可愛い。どうせ、すぐSherとは別れる。でも私は大丈夫。」

という強気な無謀キャラが動き始めてます。

ただでさえ、手放したくないほどに心を捧げてしまうのが怖いSherにとって、この時期にこんなキャラが突っ込んできたらちょっと心配ではあり😅

しんどいターンが来るのかなぁ〜

Pingの健気な片思い😭

Tongは大親友。

なぜか自分の部屋で寝泊まりするTongとの毎日は、Pingにとって「仕方なさ50%、うれしさ30%、切なさ20%」って感じかな。

Tongのことが好きなNamwanちゃんのことをTongも好きみたいで、Pingはもうふたりは付き合っているも同然くらいに捉えています。

ベッドインしかけてTongができなかったことはまだ知らないのだけれど、Tong自身がその理由に気づいているはず。

きっとあの瞬間、誰かの顔が浮かんだからだろうしね。

EP8 恋愛に常に横たわる”自分の常識と彼の常識”

好きな人と近づけば近づくほど、感情のズレも表出する

3組のCPの関係に変化が始まっていて、私はますますこのドラマが好きになりました。

どんなに好きな相手でも、「全部OK! 君を受け止めるよ」なんてことはあり得ない。

そこにはお互いに感情があり、好きだからこそ”やめてほしいこと”がある

相手を全部知り尽くすことは到底できない。だからこそ、好きだからこそ、相手の思いを理解し自分自身の言動を見直すような「歩み寄り」的な方策が可能になることもある。

恋愛や結婚生活において、そのギャップとモチベーションの喪失は”終わり”を示す

Sherは、彼自身の感情の動きや生き方が、そう簡単に誰かと共に歩めるようなものではないと思っていた可能性もありますよね。だからこそ、特定の人との関係を深めることを恐れていた。

でも、もうFahlanのことを好きになってしまっています。

今後、Fahの感情や気持ちを受け止めていくことが二人の関係に必要なことになりそうです。

大好きだから許せない、すれ違うFahとSherが、つらい…。

横恋慕キャラにキッパリと断ってSherの手を取るほど気持ちを表していたFahがこう↑なったのはPrinceとの態度から

そしてそれはGearとPrinceの問題にもなっていて。

Princeへの好きが止まらないGearが隠せなかった気持ち

怪我をしたSherを心配して駆けつけ抱きついたPrinceに、それに答えるようにおでこにキスを返したSher。

二人にとって、他人から恋人と間違われるような仕草はお互いにとっては自然な親友同士の親密モード

でも、GearやFahにとっては耐え難いもの

まだPrinceのことが好きだと伝えただけの関係なのに、Sherに抱きついた姿に嫉妬し、その気持ちをGearはPrinceに見せてしまいました。

悲しかったのは本当の気持ち。それはPrinceが大好きだからに他ならないのだけれど、その感情を見せられた当のPrinceは、彼が自分を非難したようにも失望したようにも感じてしまうんですよね。

咄嗟にGearは気づいて後を追っています。

付き合いの時間は自分よりもSherの方が遥かに長く、二人が親友としての関係を築いていたことは十分わかっていたことなのにと

このリアルなすれ違いも秀逸ですよね。

TonPing、ここが正念場となりそうだね

EP8の一番のフォーカスCPはTonとPing。

Tonのことが好きでぐいぐいと近づくNamwanの存在が、親友というバランスを保っていた二人の関係に一石も二石も投じてきました。

”一緒に居られればいい、Tonに彼女ができても仕方がない”、そんな風に自分に言い聞かせていたPingの心が揺れに揺れます。

それは、TonがNamwanと付き合いもせず曖昧なままの現状が、Pingの心にけじめをつけることすら許さないから。

今は一緒にいることもつらくなっていて、もし今Tonと顔を合わせれば、本当の気持ちを吐露しないときっともっとつらくなりそう。

Tonは連絡が取れないPingのことが心配でなりません。Ton自身、なぜ今自分がこういう状況なのかに果たして気づくことができるのか、気付けたとして、Pingとの感情の温度差を埋めることは果たして可能なのか。

感情のズレを三組のCP同時に描く「Fahlanruk」、これはなかなか深いBLドラマと言っていいですね。

そして、次回予告

生きた心地がしない地獄に(Fahにとって)

「Sher! 誰といるんだ!? Sher?!」

さみしさにめっぽう弱いのが人間…。

その中でも、モテる人というのは彼の持つ魅力が人を集めてしまうために、容易に淋しさを埋めてしまえる機会も増える…。

Sherのことが好きだったApoという男性がSherの一夜の隙間に入ってきました。でもそれはただの隙間。

「また一人傷つく男が増える(意訳)」

Apoの姿を見てつぶやいたTamの言葉があまりに達観していてちょっと笑ってしまいました。(笑い事じゃないんだけど)

あのタイミングで通話したFahとSher、もうそれ痴話喧嘩やん。でも、生きた心地しないのはFah。

まとめ

毎週日曜、国際ファン向けはGagaOOLalaで26:00から。VPNが必要です。

じわじわと面白みを感じさせてくるものがある「Fahlanruk」

主役であるFahのTonkaowくんの演技がかなり良くて、私好みの表現をされるというのがポイント。

新人のJamesくんも、難しい役であるSherを形にしていて私としては満足圏で見ています。

話数が進み二人の関係が深まって行くと同時に、カジュアルに見えた関係が二人を苦しめる葛藤になりそうでとても楽しみにしてます。

あわせて読みたい

一夜の関係から始まるおすすめロマンスといえば、この個性的な2本!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ