華流BL

HIStory ボクの悪魔 視聴感想 奇跡がくれた愛する人と生きる2度目のチャンス

ボクの悪魔

アジアBLドラマを初めて見たのはこの台湾産HIStory、短編3部作でした。

2018年ころだったと思います。

ドラマはびっとではあえて感想を書かなかったのですが、実はこのシリーズの本作「ボクの悪魔」はとても気に入った一篇でした。

BLドラマカテゴリーができたのでちょこーーっとだけ語っておこうかなと思います。

作品情報

2017年 台湾 

HIStory短編シリーズ三部作

離れて、離さないで
マイ・ヒーロー
ボクの悪魔(71分) ←今回ココ 

演出・脚本・キャスト

演出:アダイアモンド・リー

脚本:リン・ペイユー

キャスト

セン・ジュン又はバーナード・セン(ジントン)
テディ・レン(イーチェン) 他

冒頭あらすじ

イーチェンは9年間付き合ったジントンに、友人女性イージュンと婚約すると告げられた。

ショックのあまり気が動転したイーチェンはジントンを責め車道に飛び出して交通事故に遭い命を落としてしまった。

しかし、目覚めたイーチェンは、なぜか9年前ジントンに出会った頃に再び戻っていた。

悲しい結末を迎えないために、今度の人生ではジントンと出会わないようにすると決めたのだがそういうわけには行かなかった・・・。

予告編

日本版DVD発売元の予告編がこちら

3作品について満遍なく紹介がされています。

本作についてはおよそ48秒目くらいから。

3作品とも見目麗しい俳優さんたちが登場されているんですよね~。

ボクの悪魔に感じた魅力と個性

どう状況が変化しても愛の深さはMAX

深く愛し合っていたはずの二人が別れることになり、死が二人を別ってしまう。

奇跡のように9年前に戻って出会いからやり直すことになったが、どうあがいてもやはり二人は愛し合うことになる。

9年後にやってくる別れのつらさを回避したくてもできないイーチェンと、そんなこと知らないけど9年前以上の思いでイーチェンを追い求めるジントン。

二人のお互いしか愛せない深さが常にMAXだからこその熱さが魅力でした。

ストーリー構成の巧さ

的確な起承転結、真相によるストーリー回収といった構成のうまさでラストまで惹きつけてくれる脚本でした。

主人公を取り巻くサブキャラクターたちの役割や人間性なども効果的に設定されていて無駄がありませんでしたしね。

主演二人の魅力

ツンデレ先輩とずっと先輩にあこがれていたかわいい後輩。

演じた二人の俳優さんは熱量もケミも良かったと感じました。

しかも後輩イーチェン役のテディ・レン君は新人だったそうで、BLウェブドラマは台湾もタイも新人さんが実力を試し・発揮し・発掘されていく媒体でもあるんですね。

残念ながらテディ・レン君のその後の出演作は見つけられなかったのですが、活躍してほしい素敵な俳優さんだと思います。

ジントン先輩役をされたセン・ジュン(バーナード・センという名も使われているのかな?)はマレーシア出身の俳優さんだそうです。

クールなキャラクターにぴったりのお顔立ちで、感情が高ぶるシーンでは演技達者ぶりを発揮され魅せてくれました。

HIStory ボクの悪魔とは

人生をやり直しても悪魔のように心を奪っていく人
奇跡がくれた愛する人と生きる再びのチャンス

ハマリ度

 4

それぞれの事情と選択、予期せぬ出来事と変えることのできない思いなど、ファンタジックな設定を通してシンプルに描く物語がとても良かった一篇です。

演じたキャストの魅力もありましたしね。

これを初めて見た時はアジアのBLの熱さに触れてちょっとびっくりしたのですが、その後のアジアBLの波を見ているといい作品がジャンルを牽引するのだなと感じてしまいます。

視聴方法(2021.3.6現在)

会員見放題で視聴できる主なVODサービスはこちら

Amazonプライムビデオ

U-NEXT

*ちなみに、Amazon プライムビデオでは、HIStoryシリーズ1~3がすべて会員見放題となっていますよ!

*本記事をご覧のタイミングで配信状況が変化している可能性があります。最新情報は各サービスのサイトでご確認下さい。

hobbit
hobbit
ここからは、ネタバレが含まれますのでご注意ください

ネタバレあらすじ・感想

別れの真相

ジントンがイージュンとの婚約を決めた理由はたった一つでした。

同性のパートナーとの人生を絶対に許さないだろうジントンの両親たちからイーチェンを守るため。

一時的に女性と婚約した体(ていで親たちからの結婚の催促や圧を逃すことが目的だった。

そんなやり方しかできなかったジントンの無力感と、別れのショックを受けたイーチェンとのすれ違いが生んでしまった悲劇がイーチェンの交通事故死でした。

結末:ラストの真相回収は

再びの人生でもついには結ばれた二人。

そんな二人に、一度迎えたはずの9年後の未来の真相がジントンが見た夢という形で降りました。

同じ悲劇は迎えないという覚悟と、どうやったって離れられないという実感がハピーエンドとなっていて見ていて幸せになれました。

さいごに

2017年のHIStoryは3篇とも見たのですが、とりあえず感想はとても気に入った本作だけにします。

HIStoryはS3までありますね。

折を見てそちらも見てみたいと思います。

テキストのコピーはできません。