MENU

『Love For Love’s Sake』ある高校生を幸せにするミッションを課されゲームの世界へ 切ない反転も魅力のファンタジーラブストーリー

当サイトのリンクは一部広告を含みます
©︎ Studio Coffebreak
habbit

お気に入りドラマやおすすめドラマに❤️
記事が気に入った時にもしてもらうとhabbit喜びます🥰
日にちが変わるとまた押せます

先輩の書いた小説がゲームになった世界へと突然放り出された高校3年生になった29歳のミョンハ。

「300日以内にチャ・ヨンウを幸せにする」というミッションを課せられたミョンハと、孤独な陸上選手のヨンウとのロマンスが、ある真相へとつながり、やがて救いとなる物語。

異世界転生的な設定と、出来事に対する反応が数値で出るゲームシナリオ的な明瞭さがある一方で、高校生たちの恋の甘苦しさと、未完のゲームの持つ予測不能な展開に最後まで惹きつけられたのが「Love for love’s Sake」(原題:恋愛至上主義ゾーン 通称:ヨンジグ)でした。

学園ファンタジーロマンスのようでいて、実はミステリアスな要素を含んでいるプロット。

可愛さと切なさ、そして、思わぬ展開を楽しんだ本作の魅力を振り返っておきたいと思います。

habbit

ドラマ終了後にはウェブバラエティも公開されています
ヨンジグは主要キャスト4名のタレント力も高くて、しばらくドラマの余韻に浸り続けることができますね! ▶︎バラエティの件

<広告>

もくじ

作品情報

©︎Studio Coffebreak

2024.1 韓国
Studio Coffebreak
全8話

原作:ファチャ「恋愛至上主義ゾーン」

화차 「연애 지상주의 구역」

高い評価を受けたファチャ原作小説は、ウェブトゥーンにもなり、5段階中4.9に迫る評価を受ける大人気作。

演出・脚本

演出:キム・ギュア

脚本:クォン・チョロン

habbit

キャスト紹介の前に予告編から

冒頭あらすじ&予告編

人生に良いことなど一つもない29歳のミョンハ。

先輩の書いた小説の中で、主人公たちとは違い、ハッピーエンドとならなかった陸上選手の高校生ヨウンの不幸な境遇が痛いほどに共感できた。

自分ならヨウンを幸せにできると言うミョンハに、先輩はこの小説がゲームになる予定があるという。

目覚めるとミョンハはゲームの中に。

ミョンハに与えられたミッションは「300日以内にヨンウを幸せにすること」。

クリアできなければ死が待つミッションだった。

予告編

NekoCap*で日本語字幕をつけました ▶︎字幕付きクリップへ

NekoCapとは

ヨウンを幸せにするためにヨウンと親しくなろうと頑張り、彼を気遣っているうちに互いに愛情が生まれてくることがわかる予告編です。

愛情は恋愛感情となり、二人が別れを覚悟する瞬間もやってくるドラマチックな物語ですね。

予告のラストは美しい告白シーン。あれはラストのシーンなのでしょうか?🥰

キャスト&キャラクター

ミョンハ&ヨウン役:イ・テビン&チャ・ジュワン

©︎Studio Coffebreak

イ・テビン(テ・ミョンハ)1996.1.22
チャ・ジュワン(チョ・ヨウン)1999.6.6

イ・テビン

SBS「ペントハウス」で注目の若手俳優となり、MBS「リセット〜運命をさかのぼる1年」「デリバリー」に出演しキャリアを積んでいる大手キーイースト所属のイ・テビン。

2019年に解散したアイドルグループMYTEEN出身です。

MYTEEN「SHE BAD」

チャ・ジュワン

助演として「学校2021」や、ガールズグループaespaの「Thirsty」のMVに出演歴あり。

主演は初。

MVはこちら(チラリと何度か映ってます)

ギョンフン役 チャ・ウンギ

ゲームの中で、ミョンハの友達となる同級生ギョンフン役。

子役としての活動歴のあるウンギは、アイドルを目指し「To Be World Class」「BOYS PLANET」への出演経歴のある俳優さん。

ボイプラは私、最初の方だけみたのですが、今チェックしてみてあのダンス対決の時の彼がウンギだったんだと知ってびっくり! 

このようなダンススタイルもできれば、曲によって表現をガラリと変える事もでき、ボーカルもラップも担当できてしまうオールラウンダー。

ウンギの持っているたくさんの才能を生かして俳優としても花開いてほしいです。

ギョンフンはどんなキャラ

ミョンハの後ろの席に座る、クラスでひとりぼっちの同級生。

ゲームの世界での最初の友達となり、ミョンハにとって助かりもすれば頼りにもなるとても優しくて良い友人。

チャ・ヨンウのことを知る上で、ギョンフンの妹がヨンウのファンということも大助かりだったポイント。

Love For Love’s Sakeの魅力と個性

突然ゲームの世界へ! 異世界転生的な面白さ

気づけば先輩の小説がプロットとなっているゲームの世界の中だった。

クリアするしか生き残る術がないという強制的なミッションを背負わされ、高校生3年生となった29歳のミョンハの戸惑いと必死の模索が始まります。

どんな経緯を辿ってミョンハがこの異世界を渡りゆくのかがとても気になる設定でした。

好意が数値で出るゲームシナリオ的な明瞭さ

生きることに希望を失っているヨンウを幸せにしようとするミョンハの心がどれくら伝わっているのかが「ヨンウのミョンハに対する好感度」として数字で表示されます。

また、近くにヨンウが現れれば「恋愛至上主義ゾーン」が形成されたことがわかるんです。

互いの思いが恋に変わり始めるころ、この数字が二人のときめく心や戸惑いを呼ぶことに。

好きな人に会える喜び、徐々に近づく距離、そして好感度はヨンウのミョンハに対する”恋愛感情”の数値としても現れ、ヨンウの表情も態度も数値に合わせてはっきりと明瞭になっていきました。

無愛想で人を信じない傷だらけの迷い犬のようだったヨンウが、ミョンハだけにはベタベタに懐くようになったあの笑顔の破壊力!

ドラマの見どころの一つとして、このヨンウの可愛さも挙げておきたいです!

未完のゲームという設定の持つ予測不能さの魅力

そして、この部分が「Love for Love’s Sake」を絶賛している方の多くが評価している部分だと思うのですが、それは、学園ロマンスファンタジーとしてふわりと終わらせないプロットだったこと

ネタバレになってしまうため内容は言いませんが、ミョンハがいたゲームの世界は”未完成”のゲームであり、ルールはあるが、ないと言えるもの。

常にシステムエラーに振り回され、予測不能な事態の中で、ミョンハとヨンウの関係がどういった経緯でどういった結末に辿り着くのかが読めません

最終話、思わず「あっ」と言わせられ、もう一度1話のミョンハと先輩の会話を確認してみたくなるはずです。

現実のような現実ではない世界、色合いと切なさを映像に

韓国ドラマ独自の特性だといつも感じるのが、情感の深さ

からりと明るい可愛いロマンスでも、途中主人公たちの心を憂えさせる場面での哀しく切ないシーンの描き方は韓国独特のものがあります。

本作もまた、どんなに些細なシーンにでも、ふと見せるミョンハの表情やヨンウの後ろ姿には彼らが常に心の底に抱えている悲しさやが垣間見えました。

高校生のロマンスファンタジーなのだけれど、”切なさ・ほろ苦さ”というままならない人生の味わいもある物語です。

Love for Love’s Sakeは

ある高校生を幸せにするミッションを課されゲームの世界へ
切ない反転も魅力の学園ラブストーリー

ハマり度は

3.5

余韻のあるドラマでした。

主人公が辿った心の動き、失いたくなかったもの、手に入れたものを描いた物語。

可愛さのある学園ファンタジーロマンスの面をシンプルに楽しむこともできるし、ドンデン返しで見えていたものの真相に情緒を乱され惹きつけられるドラマでもありました。

私はドラマが示したラブストーリーの結末に、もう一つの意味合いを重ねてあるのではと感じました。

その解釈について、視聴方法のあと、少し感想として語りたいと思います。

その前に、韓国語がわかる方向けですが、2024.2.3の4人によるYouTubeライブのアーカイブを貼ります。

2/3配信 4人でのYouTubeライブ

キャスティングで相手役が誰かわかった時の気持ちや、いつ相手のことが好きになったのかなど、役者さん本人に向けた部分やキャラクターの心情の変化についての部分などなど、ざっくばらんに話されています。

みんな可愛いです😆

視聴方法(2024.2.4現在)

日本向けの配信媒体は2024.2.4現在はなく、

下記のサブスクサービスにて、VPNを利用して視聴する必要があります。

配信
  • 本国:TVing/Watcha/Wavveほか
  • 国際ファン
    • GagaOOLala 台湾・香港・オーストラリアなどから
    • iQIYI

国際ファン向けの媒体では、英字幕がついています。

ウェブバラエティもあり!

ドラマ終了後に公開されているのがウェブバラエティ。

公式YouTubeアカウントにて順次公開されています。

2024.2.23現在、EP1が配信中。こちらのポストのリンクから飛んでみてください!

使える字幕は会話からの自動生成しかありませんが、雰囲気も楽しいのでぜひ⛄️

ここからはネタバレがあります
ご注意ください

感想(ネタバレありますので注意)

このドラマの魅力や面白さはこういったことの重なりの上にあったと思います。

  • 異世界でこれまでの自分とは違う属性を生きるミョンハが感じたこと
  • 学園ロマンス的な可愛さ
  • 数値が示す相手の感情の明瞭さ
  • 未完のゲームが引き起こすエラーによる予測不能な展開
  • 突きつけられる究極の選択
  • 愛されること愛する方法がわからないミョンハの悲しさ寂しさ
  • 自分自身を救う方法を見つけることができなかったミョンハの後悔

そして、このプロットの背景にあったのは、ミョンハがすでにこの世にいないという真相でした。

その真相が判明したことで、私がエンディングを迎えたこの物語にふと感じた解釈についてちょっと語っていきたいと思います。

ヨンウは自分自身でもあった

ミョンハから見て、先輩の小説の登場人物ヨンウは自分と同じくらい不幸。

親の愛を得られず、唯一自分を愛してくれた祖母を自分と同じく高校生の頃亡くしたヨンウ。

人生に良いことなどひとつもなく、傷つき頼れる人もなく孤独で、愛されたくとも、愛され方が分からない、愛し方がわからなかった。

ヨンウを思いやり、ヨンウを励まし、ヨンウの悲しみに寄り添いながら、ヨンウがやがてミョンハを愛するようになります。

ミョンハは、ヨンウを幸せにするというミッションに向き合いながら、自分がどうして欲しかったのかを無意識に重ね合わせていたはずです。

ヨンウを守るために自分を犠牲にしてもいいと思うほどヨンウを愛したミョンハは、最終的にヨンウからの愛によって救われます。

境遇の似たヨンウとミョンハは共感できる部分が多かったからこそ愛し合える唯一無二の相手となったとも取れる物語ですが、私は、この物語が動いていた背景がわかったことで、ヨンウはもう一人のミョンハだったのではと解釈してみたいと思いました。

愛し、愛され、自分自身を幸せにするチャンスを得た

ミョンハが放り込まれたゲームの世界は、命を落としたミョンハが”先輩”と呼ぶ”あの世”のガイドのような人から与えられた「後悔をやり直すチャンス」でした。

ヨンウを幸せにすることで自分自身を幸せにするチャンスを得たのではと。

ミョンハはヨンウを幸せにすることで自分自身を幸せにし、ラスト、なんとかまた出会えた二人は「愛している」と抱き合いました。

美しく、キラキラとした素敵なエンディングでしたね🥹

ヨンウはゲームの中の人だったけれど、もうこの世のものではないミョンハはヨンウと幸せに暮らせるという、落とし所が見事なエンディングです。

でも、もしかすると、ミョンハが抱きしめたのは”ヨンウの姿をした自分自身”を表していたのかもしれないなとも思うのです。

ミョンハの死因は自死。愛してくれる人のいない孤独への絶望からでした。

守ってあげることができなかった自分自身を愛し、抱きしめ、抱きしめられて不幸ではなくなった。

先輩は「別人の視点から見ることで、自分の愛し方を学べるだろうと思った。誰かを愛せれば、少しでも君が幸せになれると思った」と語っています。

ヨンウと共に幸せになることがミョンハの天国となったのかもしれません。

まとめ

「Love for Love’s Sake」は、サブスクサービスのiQIYIとGagaOOLalaにて配信されています。

ただし日本は対象となっていませんのでVPNが必要となります。

英語字幕がついています。

ゲーム説明やプロットの反転などがあり、韓国語や英語がちょっと苦手だという方は、何か理解できていない部分があるかもと迷うかもしれません。

ですが、そもそもドラマ自体に説明されていない部分や突飛な展開などもあるので、大筋のところがわかっていれば、あとは映像やキャラクターの行動と表情を頼りに見ても大丈夫だと思います。

あわせて読みたい 似た要素のあるドラマたち

突然に過去という異時代へと飛ばされ、最愛の人と出会うこととなった主人公の物語なら「愛の香り」もぜひ

habbit

関連記事のあとにコメント欄を開きました
ドラマへの溢れる熱い想いなどありましたら残していってください

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

❤️ドラマへの熱い思いを良ければここで✨

コメントする

CAPTCHA

もくじ