タイBL

My Engineer 視聴感想 斜め上行く笑いと萌えが詰まった楽しい4組のラブストーリー

My Engineer

4組のカップルのエピソードを描いていく群像劇ラブコメ「My Engineer」

2020年11月にはCS放送スカパーの「衛星劇場」で放送されることが決定しています。

邦題は「My Engineer~華麗なる工学部~」

華麗なる!工学部!(笑) 

いやいやいや~~、ま、工学部メンバー華麗っちゃ華麗です✨

医学部と経営学部メンバーは華麗なメンバーに入れてもらえてないのがクスっとなる風味(笑)

さてさて、斜め上を行く展開がジャブのように繰り返され、楽しくツッコミながらどんどんと見進めてしまう楽しさと可愛さ満載のドラマ「My Engineer」。

シーズン2が予定されていることがエンディングでわかり、この物語の続きを楽しみにしているファンの気持ちをつかんだまま終わりました。

今回も、私が感じたMy Engineerの魅力を語っていこうと思います。

作品情報

配信・放送

2020年タイ WeTV・Youtube 全14話

演出

Lit Samajarn

SOTUS(2016)
My Engineer(2020)
Meow Ear Up(2021?)

Pidさん?

キャスト・カップル紹介

Bhon&Duen

Cooper Patpasit Na Songkhla(Bhon)1996/10/23

Poy Kritsanapong Soonthornchatchawet(Duen)1999/3/16(17?)

木陰で昼寝していた医学部Duenに迫りくるオオトカゲ(?)をみて危険を知らせたBohn。その行動を誤解して殴ってしまい悪縁スタート。

毎日工学部まで花を届けるよう約束させたBohnはDuenのことが可愛いくてしょうがないのでした。

Ram&King

Perth Nakhun Screaigh(Ram)1994/7/6

Lay Talay Sanguandikun(King)1995/9/9

親しい人以外には言葉を発しないRamに臆せず話しかけていく工学部先輩のKing。

Kingに対してはなぜか居心地が良いと感じていることに気づくRamでした。

Mek&Boss

Ryan Peng(Mek)1999/7/3

Inntouch Naphat Chalermphonphakdee(Boss)1995/4/18

入学当時からBossに対して面倒見の良いMekとの仲を夫婦と冗談交じりに呼ばれてきた二人。

Bossはモテたくてどんどん女子に絡んでいくんですが、実はMekはそんなBossをひと筋に思い切なく見つめていたんです。

Thara&Frong

MD Nutthapong Phibunthanakiet(Dr.Thara)1995/2/10

Shane Nutchapol Cheevapanyaroj(Frong)1997/8/4

前年優勝のBohnに及ばず準MOONだったイケメンの経営学部Frongと医学部5回生でDuenのいとこThara。

出会いは最悪だったが、お母さんが入院してTharaの細やかな心遣いを知りFrongは好意を抱くようになるのでした。

予告編

劇中に出てくるシーンを少しずつ見せてくれるティーザーがこれ

8人4組の出会いや今後の展開が気になりますよね!

My Engineerの魅力と個性

推しカプが必ずできる個性ある4組のエピ

あるカップルに絞って描かれるストーリーはドラマとして掘り下げながら厚く描き切れる部分があるのでもちろん良いのですが、

本作はあえて4組のエピソードがしっかりと描かれていきます

4組の出会いや関係の深まり方、それぞれの性格や事情なども分かるほど具体的に。

それゆえに、4つのストーリーを同時にたっぷり楽しめたと言えます。

もちろん、メインカプのBohnDuenが最も分量は多く、中盤から出会うTharaFrongは少なめですが。

公式がカプ別エピソード動画とか出したりするかな?需要は高そうです。

斜め上行く展開のジャブでとりこに

そこでそう来るんかぃ!

おいおい~~

ぐふっ

などと常にツッこませ、吹かせてくれる小さな外し技の供給の連続で笑顔になり続けます。

それは、キャラクターたちの設定の部分だったり、彼らの性格からくるものだったり、また、こっちの思い込みの裏をかいていたり。

全14話、見始めたらきっと楽しくてあっという間に見進めてしまうこと間違いなしです

全編シッパー(フジョシ)目線の潔さ

My Engineerでは、登場カプたちを見かけるモブや家族などの関係者がシッパー全開モードでコメントしたりリアクションしてくれるんです。

これは何気にツボにきます

演じている俳優さんたちもそれは分かっているのか、ドラマ視聴リアクションなどでシッパー目線なコメントをされていたりしていて楽しいドラマなんですよね~

シーズン2が予定されている

先ほど4組のエピソードがそれぞれじっくり描かれたと言いましたが、だからこそ、当然全14話では足りません。

あのカプの今後が絶対見たい!となっている視聴者に希望のシーズン2が予定されています

My Engineerとは

BLファンのツボを押さえた
笑いと萌えが詰まった楽しい4組のラブストーリー

ハマリ度は

 3.5

このドラマ、好きにならない人いないんじゃないでしょうか!(笑)

とりあえず1話見てみてみて、好きかどうかわかるから、と丸投げしてしまえるドラマです。

おススメです(^^♪

My Engineerの視聴方法は(2020.8.31現在)

11月からCSスカパー 衛星劇場で見る

My Engineerがこんなに早く日本のテレビ向け放送に来るとは思っていませんでしたが、11月から日本初放送されるそうです!

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]スカパー契約について詳細を見る

ここから後半はネタばれがあります

ご注意ください

最終EP14話段階でのそれぞれの結末は

どのカップルも、シーズン1終了地点ではハッピーな状態で終わっています

ただ、TharaFrongは個人的に連絡先を交換するほど親しくなったという段階ですが。

Bohn&Duen

Bohnは、かわいいからとDuenをいじめすぎたり、ジェラシーが激しすぎてトラブル続き。

喧嘩・仲直りを繰り返して徐々にお互いの本音や沸点などを知っていきました。

なかなかスキンシップもさせてもらえなかったBohnは、Duenからキスをもらえて大満足でした。

Mek&Boss

Bossの事が初恋だったという元同級生のFonちゃんと付き合うことになり元気百倍だったBoss。

Bossの恋路をただただ応援してきたMekのBossへの恋心がバレる時が来てしまいます。

実はBossもMekの事が好きだったけれど、言えなかったことが分かって両想い。

名実ともに夫婦扱いとなりました。

Ram&King

Ramの心にすっと入り込んできたKing先輩。

どこか共鳴する何かがあるようで、お互い多くは語らなくても伝わるところがあり心地いい二人。

Ramがお父さんと長年信頼していた友人ともいえる隣のお姉さんが不倫していたことを知り、深く傷ついていた心を包んでくれたのもKing。

Ramからは少しずつKingの事が好きだという思いが漏れていたんですが、ついにKingはお酒に酔った勢いで、抑え込んでいたRamへの思いを吐露してしまいました。

激しくて互いの恋しさが伝わるキスでした。

ネタバレ感想

4組とも大好きなカプ。

その中でも、心惹かれるのがRamKingとTharaFong。

キャラクター同士の性格や関係性、演じるキャストさんの組み合わせの雰囲気と演技のタイプが私の好みでした。

Talayの細やかな感性が演技から見える

RamKingカプは、King演じるTalayの演技から見える細かな感情や表情の多彩さに惹かれてしまいました。

なので、時にすごく美しかったり、かわいかったり、セクシーだったりします。

心の支えになってくれるKingがそばに居てRamが惹かれないはずないわなぁという説得力を感じるほどでした。

強引に近づくのではなく、会うたびにゆっくりと確実に心の距離が縮まり惹かれてゆく丁寧な描写が魅力のカップルでした。

牙の抜けたFrongのかわいさ

TharaFrongはこれから、なんですよね~

Tharaの、少々のことでは動じないあの優しい旦那感は何~(笑)

出会いの段階で、かなり失礼な態度をTharaに取っていたFrong。

それが、お母さんの病気の件でTharaの寛容さや優しさやちょっと抜けてるマイペースさに惹かれていくのがわかるんですよね。

不器用で負けず嫌い、容姿に自信のあるFrongがTharaにはもう牙のない小虎みたいになってしまってて

かなり可愛い状況で推すしかないと感じました!

4組のカップルを取り巻いた濃い面々

先ほど、関係者がカップルたちの恋路をシッパー目線で結果的に応援していたと言いましたが、そんな皆さんがこちら。

右上から順に、お兄ちゃんに惹かれる人がいると見抜いたRamのイケメン弟。

怖くてもRamの家族同様の大型犬を受け入れたKing。そのハスキーたち。

フジョシであることを公然と明かすKing姉の息子たち、つまりKingの甥っ子。RamとKingがキスしているところを写真に収めたらゲーム買ってもらえるらしいスゴイ教育ぶり(笑)

DuenとRamの同級生大学1回の仲間たち。医学部と工学部。

喧嘩の多い二人をつないだBohn弟と過保護Duenの愛しい妹。

どこを見ても楽しいドラマです!

OST曲を2つほど

感情が高まるようなシーンで流れた曲がこれ

キャストの皆さんの撮りおろしMVが7/24に出たのがこれです↓

Official MV รักไม่มีกฎเกณฑ์ – Ton Tanasit Ost.The Series My Engineer

歌っておられるTon TanasitさんはSotusSの主題歌も歌われていた歌手の方ですね。

ほんと、もうDuen君の幸せ顔でお腹いっぱいですね(笑)

Tharaあんなカワイイホイップ盛り盛りカップ差し出すの、ホイップキスの前フリかと思ったわwww。いやいやここはまだまだそんなの先の話よな。

RamKing好き

そしてもう一曲は、穏やかなオープニング曲だった

MOD3GxJOELONG「คนที่ฉันรอ」

自動翻訳にかけて見ると、「待っていた人」みたいな意味の題名のようでした。

さいごに

とても楽しく見終わることができたんですが、はやく続きが見たくてしょうがないところです。

本作の撮影自体は、昨年の11月末ごろにはほぼ終わっていたようで、放送は3月からでした。

となると、シーズン2の配信は結局は来年くらいにになるのかもしれませんね。

また一つ楽しみが増えました!

画像:@tsr_myengineer

(c)TRI CREATION

テキストのコピーはできません。