タイBL

En Of Love 視聴感想 3組の恋のはじまり オムニバス形式のラブストーリー

En Of Love

良質で胸に残るドラマや、俳優さんのファンの期待に応えるような実験的・挑戦的なBLドラマをも生み出すStudio Wabi Sabiが手掛けた2020年の新作ドラマEn of Love

ひとつの物語の中で複数のカップルの物語が並行して描かれる構成のドラマが多いと思うのですが、本作は3組それぞれの物語を3~4エピソードずつフォーカスしていく構成となっているオムニバス形式で新鮮でした。

3組の物語はそれぞれ原作があり、それを友人・先輩後輩といった人間関係に再構築して脚本に落とし込まれたようです。

感想はカップルごとにひとつずつ紹介していくことにしますね。

ネタバレしていきますので、望まれない方はご注意ください。

En Of Love作品情報

制作・配信

2020年 Studio Wabi Sabi 

配信:LINE TV  Studio Wabi Sabi Youtubeアカウント 全11話

2020.10.7 En Of LoveのYoutubeとLINE TV合計総再生回数1億回到達です!

ドラマ配信されて数カ月たちますが、ずっと視聴者を惹きつけていたことが分かりますね~

演出・脚本・エピソード構成

演出

Niink Karnpicha Sinlertpattana
Ko Nantalit Tampacha

脚本:New Siwaj Sawatmaneekul

エピソード

EP1~4TOSSARA
EP5~8Love Mechanics
→2021年4or5月フルシリーズ化(全14話)決定NEW
EP9~11This Is Love Story

ドラマ終わりにmebブックアプリの宣伝エピソードが入っていました。

企画・提供の一社で、本作の3ストーリーはどれもmebで原作が読めるようです。

TOSSARA

Win Achawin Michaels(Gun Tossakan)
Folk Thitiphat Chankaew(Bar Sarawut)

あらすじ・予告編

医学部1回生のGunは、工学部3回生のBar先輩を想い続け、入学後チャンスを得てアプローチに全力を尽くす。

頭脳明晰高身長イケメン一途男子として有名人となったGunと全力アプローチを受けているBarは、ふたりの名前TossakanとSarawutを合体させたTOSSARAとタグ付けされることに

ドラマTOSSARAの魅力

不器用ながらも全力で努力するGunの健気さ

Gun役のWin君は当初キャラクター設定的にちぐはぐな感覚がありました。

演技の部分でも未熟な印象を受けたのですが、エピソードが進むにつれて、話し方から表情などすべてGunの個性だと感じられるようになってきます。

Win君がキャラクターを自分に引き寄せたともいえる部分もあると思うのですが。

Gunは内向的で穏やかで周囲に配慮するタイプ。

一途なあまりに公の舞台で涙ながらにBarだけを想っていると自信なげに告白する健気な青年でした。

舞台上で語ったBarへの思いと、入学までに彼が乗り越えてきたものを知ったあとは観客たちと一緒に私も拍手してしまいました。

Barの優しさ美しさ

当初はGunからの一途で積極的なアプローチに戸惑いもあったBar。

でも、初対面の時からGunに対して悪感情や拒絶はしていなかった優しいBarは純粋なGunを大切に思っていました。

Gunからの真心こもる愛をみずから受け入れたシーンでは、見ていて不覚にも涙が出てしまいました。

「TOSSARA」はぜひ4話まで見て欲しいのですが、Gunに大事にされるBarが美人過ぎて惚れるしかありません (*’ω’*)

顔立ちという意味だけではなく、表情からあふれる麗しさみたいなものがあるんですよね~。気品というと大げさでしょうか?

身長差からBarのGunを見る時の視線が上目遣いになるんですが、そのまなざしと首筋のラインまた美しさが引き立つのかもなんてふと感じたりします。

これぞケミ。

ハマリ度

 3

どれぐらい相手を想っているかが伝わるセリフが本当に素晴らしく、グッとくるTOSSARA

堅く深い愛が成就していく甘口ハピエンカプが見たい方は必見です!激甘かも(笑)

Love Mechanics

Yin Anan Wong(Vee)
War Wanarat Ratsameerat(Mark)

あらすじ・予告

Barを想っていた2回生の工学部Markは、想いかなわず傷心を抱えて酔い荒れ、介抱してくれた3回生のVeeと口論になり二人は勢いでキスしてしまう。

彼女もちのVeeは学内でも美男美女カップルで有名だったが、彼女が他の男と会っていることが判明しMarkに慰めてもらいたいと思うようになるのだった。

Love Mechanicsの魅力

苦しい恋のVeeMark、でもそこがリアル!

彼女の裏切りに傷ついたVeeは、Markに心を預けて体ごと癒され、彼女と別れてMarkといたいと思うようになるんです。

でもVeeの態度からは大事にされている実感が得られなくて不安を感じていたMark。

決定的ともいえるVeeの軽率な態度がMarkを傷つけるんです。

Veeは誤解を解いてMarkに許してほしい。けれど傷つくことが多かったMarkの気持ちを動かすのは簡単じゃない…。

涙涙のVeeから、Markに対する本気度が見えてくるんです。

Markを怒らせたらコワいと骨身にしみたVee

これまでの恋愛経験にはなかったほど深い思いをMarkに抱いたVee。

それゆえに、誠心誠意、全力でMarkの心に訴えかけてやっと受け入れてもらえるんです。

意志がはっきりしていて厳しい、でも根はやさしく繊細というMarkにたじたじメロメロのVee

だからこそ、今後Veeが軽率な行動をしたら容赦しないであろうMark

Markを怒らせたらコワいと骨身にしみたはず

モテモテ人生を歩んでいたVeeのデレが微笑ましいんですよね。

ハマリ度は

 3

つらい涙のシーンを見せ切ったVee役Yinと、曖昧な立ち位置での難しい心情を演じきったMark役のWar。

2人の物語は3組の中でも一番リアルでした。

マイナスの状況から粘りと真心で愛を獲得していく仲直りカップルが見たい方はきっと気に入るストーリです!

悲報:フルシリーズ計画は一旦延期に

2020.10.15に、本作制作のStudio Wabi Sabiより「Love Mechanics」のフルシリーズが2021年にリリースされるとのアナウンスがあり、ティーザーも出てファンは大いに沸きました。

ですが、残念ながら、StudioWabiSabiが制作チームから外れたことでその企画は2021年に入って一旦延期となっています。

やむない事情なども背後にあるようで、ファンとしては根気よく待ちたいと思います。

This Is Love Story

Prom Ratchapat Worrasarn(Nuea)
Benz Nattapong Pathong(Praram/Pralak)

あらすじ・予告編

第一話のティーザーをここではご紹介しました。

Gunの弟で高校生のPraramに惚れたNuea。

プレイボーイと言われているNueaが、初めて自分から熱心にアプローチし時に空回りするほど好きになって欲しいと思う相手を見つけた

恋に対して真っ白な18才のPraramの心を動かすのはなかなか大変だった。

This Is Love Storyの魅力

”愛されモテ街道”を歩むだろうPraram青田買い

高校卒業を間近に控えたPraramの魅力にいち早く気づいたのは恋愛猛者Nuea

兄GunやNueaの人間関係つながりで大学で勉強を教わっていたPraramは、大学の先輩男子学生からもアプローチされて自分の魅力にうすうす気づくことになったようにも見えました。

簡単には心をくれないPraramに焦りも出るNuea。

どうすればいいのか苦心しながら頑張るNueaの必死な熱い思いが見どころと言えました。

ハマリ度は

 2.5

尺も短く、Praramの状況からドラマチックな展開に持っていくのは難しいこともあり仕方がないという感じはありました。原作はもうちょっといろいろと展開があったのかもしれませんね。

かわいい高校生にほれ込んだ旦那感あるNueaもついにPraramと付き合えることに。

Praramを大事にしそうです。

とはいえ、Praramもそこそこ独占欲は強そうだし、自分がモテると今後ますます実感していきそう。

この後Praramが大学生になって以降の方が物語が動きそうなカプです

まとめ

3組3様のBLラブストーリーが展開したオムニバス形式のシリーズ「En of Love」。

独立したエピソードとして描かれていたため、カプごとの物語に集中して見られたのはとても良かったと思います。

ただ、This Is Love Storyについては、他のストーリーと並行して描いても良かったかもしれません

その方が、NueaPraramの今後への期待値がむしろ上がった可能性があります。

コロナの影響があったらしいという情報を目にしたので、描き切れなかったり構成を変更できるタイミングを過ぎていたのかもしれませんね(推測です)。

勝手なことを言いましたが、Studio Wabi Sabiのドラマは相手への思いがどれほど切実で深いかが伝わってくるセリフにいつもグッときます

今回脚本を担当されていたNew監督の力がやはり大きい、といってもいいのでしょうね。

好みのカップルのストーリーが見つかるかもしれません、一度見てみて下さいね!

En Of Love視聴リンク

Studio Wabi SabiのYoutubeアカウントで視聴できます。

Studio Wabi Sabi Youtubeアカウント

日本語字幕もつけていただいています!(人”▽`)ありがとうございます。

*途中、日本語字幕がないエピソード(動画)があるようですが英字幕はありました。

こちら↓が第一話1/4の動画となります。

Gunの眼鏡のデザイン、もうちょっと無難なのはなかったのかなとか(ひとりごと)

テキストのコピーはできません。