タイBL

1/19更新:Manner Of Death クライムサスペンスBL ドラマ情報&WeTV視聴方法などをチェック

manner-of-death

habbit
habbit
EP9のネタバレ感想追記 中だるみの気配一切なし!

タイ沼の魅力を知ったあと、最も深みにハマり、私を廃人にしてくれたドラマ「Tgether With Me」。

Together with Me
Together With Me 視聴感想 始まりは親友と一夜の過ち 圧倒的な主演のケミで廃人にされた個性派ヒューマンBLケミ抜群の主演MaxTulの2017年のタイBLドラマ「Together with Me」の視聴感想レビューです。群像劇「Bad Romance」の人気カプの前日譚を描く圧巻のヒューマンボーイズラブストーリー。ドラマの魅力や視聴リンク、ネタバレあらすじや関連作についても語っていきます。...

その主人公KornとKnockを演じたMaxとTulが、なんと再び別シリーズのカプとして主演をするのがこの「Manner Of Death」

しかも、クライムサスペンスBLロマンスという、期待値高まるしかないジャンル!

各ドラマに推しカプはありますが、私の最愛はMaxTul

前半は本作の視聴方法や、ドラマ情報・冒頭話を見ての印象を絡めたドラマの魅力や期待ポイントなどをネタバレなしで。

後半からは、各話視聴後のネタバレあらすじ・感想をリアタイ後に随時語っていきたいと思います。

「ここからネタバレ」のお知らせ以降は本国最新話までのネタバレがありますのでご注意ください

ドラマ情報

2020年 タイ TV Thunder 全14話

原作:Sammon「Manner Of Death」

Sammon作家は、本業がお医者さんでもあります。

それゆえに、事件に関係した医療や法医学への知識と現場の空気感が存分に反映されているそうです!

→日本語訳版原作小説がKADOKAWAより2021年1月20発売です。予約可!

【Amazon.co.jp 限定】Manner of Death (特典:描きおろしイラスト データ 配信) (日本語)

演出:Ma-Deaw Chookiat Sakveerakul

Love Of Siam(2013)
ドラマ:Transistor Love Story(2018)
Dew The Movie(2019)
ドラマ:「Manner Of Death」(2020)他

MaDew監督は同性の少年たちの恋のエピソードを描きこんだ映画でタイで成功を(ヒットを)収めた最初の映画と言われる「Love of Siam」の脚本・監督さんです。

家族の喪失と痛み、アイデンティティーに揺らぐ少年たちの思いなどを、素晴らしい映像と音楽の魅力で表現されていました。

ミウの歌~Love of Siam
タイ映画「ミウの歌~Love of Siam~」視聴感想「Manner Of Death」の演出をされる監督の代表作2007年タイの大ヒット映画「ミウの歌~Love of Siam~」の視聴感想レビューです。2020年11月から本国放送となるサスペンスクライムBLドラマ「Manner Of Death」の演出を本作の監督チューキアット・サックウィーラクン監督が手掛けられることから、監督の代表作について少しかたりました。...

MaDew監督によるクライムサスペンスBLロマンスへの期待はいやおうなく高まりますね!

冒頭あらすじ

10年ぶりに故郷Viangpha Morkに監察医として戻ってきたDr.Bun。

Bunが検視をした薬物投与され性的虐待を受けて亡くなった若い女性Nattyは、旧友Janeの教え子だった。

親しい警官のMに誘われていったバーで酔いつぶれ、倒れかけたところを受け止めてくれた男性に惹かれたBun。

後日Bunは、地元名士の誕生パーティーでJaneと恋人関係のように見える男性Tanがバーで見かけた男性だと気づく。

翌朝、自殺の検視に向かったBunは、検視対象がJaneで、第一発見者がTanであると知るのだった。

予告編

本格的なクライムサスペンス+ロマンスの気配濃厚!

初対面ですでに恋におちたというBun。

TanとBunの関係がどんな経緯で変化していくのかとっても楽しみになりますね💕

期待値爆上がりです!!

Sammon先生も予告編のリアクション動画をあげておられますよ→Youtube

キャスト

TanxBunn

Max Nattapol Diloknawarit(Tan)1994/6/9
Tul Pakorn Thanasrivanitchai(Bunn)1992/10/8

殺人容疑がかかるJaneの同僚教師Tanと解剖医Bun。

犯人ではないというTanと共に事件の真相を追う中で、関係は近づき…。

Great Sapol Assawamunkong(捜査官M)1993/12/6
Foei Patara Eksangkul(Pued)1995/5/10
Mint Nutwara Vongvasana(Rung)

捜査官Mは制服の似合う警察官。気遣いもでき、遊びもできる。仕事となればキリリッ。On-Offの区別が効いた実力派の気配。

PuedはBunの旧友のひとりで検察官。なにか女性トラブルを抱えているようです。

RungはリゾートViang Maya SpaのオーナーでJaneの姉。地元の有力者との強いコネクションを持っている存在です。

Meiko Chonnikan Netjui(Jane)1994/4/1
Bhu Bhudis Viseshchitra(Tat)1996/10/2
MD Nutthapong Phibunthanakiet(Dr.Oat)1995/2/10

Janeは教師でBunの旧友。教え子が一人残酷な目に遭い亡くなったことに責任を感じています。

Tatは不良グループの中心人物のようでした。

Dr.OatはBunのもとで学ぶインターン。おっちょこちょいだけれど、明るくて愛らしいムードメーカーでもありました。

Manner Of Deathの個性と魅力

本格的法医学クライムサスペンス

BLドラマのくくりではあるのですが、本作はクライムサスペンスに同性のラブストーリーがあるというパターン解釈で間違いありません

まさに、「Love Of Siam」のように、全体的なメインストーリーがありその中に男性二人の人生が絡んだロマンスが並行して進んでいく厚みを2話まで見て感じています。

解剖シーン、検視シーンでの専門用語や死因を突き止めようとするBunのプロフェッショナルさも含め、本格的なクライムサスペンスが視聴者を満足させてくれそうです。

オトナロマンスの気配にワクワク

初対面からTanに惹かれるものを感じていたBunと、彼の酔った勢いとはいえキスを受けたTan。

後日再会したときのTanのBunへの視線と会話の距離は完全に”落としに行ってるモード”(笑)

初回から恋への強い引力を視聴者に見せてくれたManner Of Death。

1話1話にみどころや気になるポイントをうま~くちりばめるドラマならではの構成がロマンスエピソードに光っています

主演助演すべて美男美女揃いというのも魅力ではあるのですが、まっとぅんがドラマ前に作り上げた美筋肉はロマンスが進むにつれてオトナセクシーなな印象をより高めていきそうでワクワクです。

映画のようなシリアスさとコミカルさのバランス◎

残酷な殺人事件と、次に何が起こるか分からない緊張感の中、癒しともいえる魅力的な明るいキャラクターたちのエピソードが挿入されます。

Bunの部下でインターンのDr.Oatや、高校生のSorn君など、ちょっと天然ボケをかましてきたり、偶然なのか計算なのかBun先生をいじってきたりと緩急が効いています。

シリアスとコミカルのバランスが絶妙です。

さて、まだドラマは始まったばかり。

冒頭話を見ただけでも期待値以上ということが分かりました

VOD形式での配信なので、物語が進んで話数がたまってから見るもよし、毎週見るもよしです!

habbit
habbit
視聴方法のあと、各話ネタバレ感想を語っていきたいと思います

視聴方法(2021.1.17現在)

Manner Of Deathは11月30日配信スタート

毎週月曜 日本時間22時より

そして配信は

  1. WeTV
  2. 日本ではRakutenTV、または、ビデオマーケット🎉

そうです!「Manner Of Death」が早くも日本上陸です!!!(涙)

①日本語字幕付きをVODで見る

RakutenTVでは第1話から世界同時配信となっています。

もちろん日本語字幕付き。

専門用語も多いと思うので日本語字幕付きは最高ですね!

RakutenTVには全話パックもありますよ。

レンタル7日間:第1話 200円/第2話以降各話 400円

購入:第1話 300円/第2話以降各話 600円

購入全話パック(全14話):6,240円

*【購入】の場合作品配信中は、何度でも視聴可

RakutenTV「Manner Of Death/マナー・オブ・デス」特集ページ

ビデオマーケット

②2021年2月7日より衛星劇場でみる

2021年2月7日より、毎週日曜1話ずつの放送が早くも決定しました。

録画したい方には朗報です。

RakutenTVなどでの全話配信完了前にスタートすることになりますね。

スカパー契約をお考えの方はこちら

③WeTV有料VIP会員になり最速配信を見る

最速放送視聴する場合VIP

さて、独占配信となるWeTVは、初回配信日に1話無料&VIP会員向けに2話まで配信され、毎週VIP会員が1話先行して最新話を視聴できるVIPメリットパターンとなっています。

こんな感じで↓

配信無料VIP
11/30EP1EP1・EP2
12/7EP2EP3
12/14~EP3以降VIP1話先行

WeTVはWeTV ThailandとPhilippinsがあります。私はThailandの方を利用しています。

ちなみに、Manner Of DeathはWeTVタイでの配信開始と同時に英字幕&中国語2種字幕がついています

ではこのあとWeTVの視聴方法を確認していきます。

ただし、WeTVを日本から視聴するためにはVPNが必要となります

VPN何?という方はこちらが参考になるかと思います。

ジオブロックとうまく付き合う 海外オタ活を支えるVPNとは?私が使っているのはここ 海外アーティストや海外コンテンツの趣味活動をしていると、VPNを活用するシーンがよくあります。 特に、アジア(タイ)BL沼におち...

WeTV視聴方法

WeTVはアプリをモバイルにダウンロードします。

WeTVはVIP会員と通常会員がありますが、会員登録なしでも無料コンテンツが見られます。

  • VIP会員登録をして最新話を配信日に見るか、
  • 無料コンテンツになってから翌週見るか

によってVIP会員登録するかどうかを選択します。

WeTVのVIP会員登録は、期間を選んで契約するサブスクリプション型

価格はVPNに接続しているときに表示されるバーツ表記の価格はタイ国内向けで、私たち国外のユーザーは、国外ユーザー向けの価格が適用されました

1か月 $5.99  3ヶ月 $17.49  1年 56.99

私の場合、2020年11月で\108~109/1ドル 計算で請求されました。
*契約時によって為替変動の影響出ます

PCでの視聴ですが

以前うまく見られないとお伝えしていましたが、

私がVIP契約した国のWeTVサイトにVPN接続後ログインすれば回線速度内でスムーズに視聴できました。(Windows10・Edge最新Ver.で)

無料でも有料でも会員登録をしログインすれば安定して視聴できるのかもしれません。

VIP会員登録、私はこんな風にしました

以降、VPNをタイに接続して行いました

アプリ右下の「Account」か「Me」をタップして開いた次の画面の左上の「Join VIP」をさらにタップして契約画面に移動します。

左上の「Log In」をタップした後に現れる「Log in / Sign up with phone」のボタンをタップして電話番号登録をします。

日本の+81を選択して番号記入する場合は、090などの最初の0を省いた番号を入力します。

暗証コードがSMSで届くので、それを1分以内に入力して本人確認となります。

この電話番号によるサインアップ(登録)を経ないと、私はサブスクリプション契約には行けませんでした。

私はiPadでのログインだったので、AppleIDによるストアサブスクリプション支払となっています。

日本語ではないので戸惑うかもしれませんが、難しくはありませんでしたのでトライしてみて下さい。

ここからはネタバレがあります

ご注意ください

ネタバレ感想

EP1 再会と出会いそして辛く悲しい事件が

本格クライムサスペンスのムード満載でスタートしたEP1。

人物紹介的に舞台背景と状況説明がきっちりと展開されました。

10年ぶりに戻った地元。

Bunの旧友たちは何か問題を抱えている様子だけれど、それが何か全くわからない。

そんな中、親しかった旧友のひとりJaneが自殺に見せかけた状態で殺害されてしまいます。

容疑者はJaneの遺体の第一発見者で、恋人とおぼしき男性Tan。

捜査の定石で、まずはTanが調べられる流れになりそうです。

Janeは5日前にBunが検視をした女学生Nattyの担当教諭であったこと。

検察官のPuedとJaneがもめており、TanがPuedに殴りかかる顛末があったことなど何かの理由がありそうです。

その亡くなった女学生Nattyの死因が薬物と性的虐待によるものであったことも関係がありそうです。

このTan、数日前にバーで見かけてほんの少しすれ違っただけだけれど、Bunが酔った勢いでキスをしてしまった魅力的な男性でした。

Janeが亡くなる前の晩のパーティーで会った時は「酔えば記憶をなくすのかどうか」なんていう”キスの記憶をもう一度反芻させるような会話”をBunに投げかけています

この距離感と視線!

Bunのリアクションから、脈のありなし、口説ける余地、どのくらいまでなら逃げられないで押せるか辺りまではチェックしてそうなTanの”やり手感”が詰まったシーンです。

先ほど話した第一話早々、およそ17分50秒ほどで突然やってきたバーでのキスシーン、公式があげちゃってくれているので皆さんも改めてどうぞ!

あーーまっとぅんーー!ナイス!

それから~、MD君演じるDr.Oat、インパクト大のめちゃめちゃおいしい役だったーー✨

EP2 真相の影に潜む危険な気配

EP2の予告編はこちら↓

捜査が進んでは行くけれど、まだすべては闇の中というムードです。

Janeはうつ病を抱え、薬の処方も受けていました。けれど死因はやはり自殺ではありませんでした。

Bunの検視では、直接の死因は大動脈圧迫、つまり窒息なのは間違いない。

ただ、注射による薬物の注入の痕もありました。

疑わしい部分を確認するために科学的アプローチも併用した結果、多量のメタンフェタミンが検出され、先の女学生Nattyのケースと似通っていることが分かりました

他殺の線で捜査が進む中、Bunは黒づくめの男にに”邪魔するな”と脅迫を受けて怪我まで負ってしまいます。

今のところ有力容疑者枠のTanと接触する機会の多いBun。

Bunがどんな危険な目にあおうとも、Janeの死の真相と犯人を見つけるという意志が強いことを聞き、Tanは自分も手伝いたいと言っています

Tanはいつも自信満々にBunに接してくるし、Bunをドギマギさせる天才です。Tanに惚れてるともうバレている証拠なのかも。

さて、死亡推定時刻近くにJaneが通話した人間は

  • Bun
  • Tan
  • Pued
  • Pat

そして検察官のPuedはBunに「事件の捜査は俺に任せればいいから」と気遣ってきます。

Patは町のあらゆる事件に首を突っ込み、モラルのない取材をする記者。

ただ、まだ自分以外、誰の潔白も確認できない状態のBunです。

この3人以外の人物かもしれないし。

とはいえ、Bunは脅迫だけじゃなく命も狙われている可能性があります。それとも、逆に、事件の裏にある危険から距離を置かせるための方策なのか?

さて、次回、汚職警官と検察官の癒着の可能性が出てきます。

それに、一人暮らしのBunの部屋は安全ではないという理由で、Tanの家に同居することになりそう。

同居ーーー!物理的な距離を縮める効果最大の展開キタ!!!

それにしても、Tanの家、大きいなー

EP3 謎は深まり、距離は縮まる

入院中にも危険な目にあったBun先生。

けれど、どうやらこれは警告でした。それほどまでに、Janeの事件にこれ以上構うなと言いたい何者かの狙いがある様子

その証拠に、警察は自殺の線で捜査を終える方向で動き始めていて、Bunは引き下がれないという意志を逆に固めてしまいます。

調査のさ中、TanはJaneの恋人ではないこと、Puedが元恋人だったことが分かります。

そのPuedが謎の黒服の男に拉致されたらしく、Bunは再度自宅に侵入した男に襲われてしまうことに。

Puedの居場所を知っているはずとTanを疑い、塾にまで来て詰め寄ったBun。

Bunを追って家にきたTanに助けられ、ついにはTanの家に避難する展開になりました。

Tanの広い家に、寝室は一つだけ。

Bunにベッドを譲ろうとするTanに、「一緒に寝てもいいけど」と言ったBunにあーーーーってなった月曜の深夜

さて、高校生のSorn君の女友達Namが、怪しいバンにのってどこかへ通っています。

寝不足気味で次第に顔色が悪くなってきたNamを心配したSornは、Namの腕に注射の痕があることに気づきました。

あ、、、次の被害者の可能性が(泣)

EP4 守りたい相手、何から守り抜くのか

EP4の何が良かったって、TanBunのふたりのシーンがこれまで以上にたっぷりあったこと。

Janeの事件を葬り去られないよう踏ん張るBunが心配で仕方がないTanの思いがそこかしこから伝わってくる。

ここまで来ると、もうBunの保護目的で自宅に呼ぶために暴漢に襲わせる芝居を打ったのではと思えてくるほど。

食事の世話から身の上話、そして2人は毎晩同じベッドで寝ていることもはっきりしました。

Tanは「ガールフレンドを欲しいと思わない。隣に寝てくれるあなたがいることで十分だ」なんて行間を感じさせるような甘いことも言ってます
(*´Д`)

真相を葬らせたくない面々の動き

Bunは検視の報告を引き延ばして警察から睨まれていました。

一旦報告書を警察に渡してしまえば、簡単に事件を自殺で閉じられてしまう恐れがあったため。

それもどこまで耐えられるかは怪しい。

結果的に、記者Patからの匿名インタビューを受けて、あれは他殺だったという情報を広く公に伝え世論を味方にする方法をとりました

記者Patは、実はJaneが亡くなる前にあるSDカードをこっそりと渡されています。

その内容の真偽確認と情報の裏をとりたいPat。

Bunの狙いと方向性は一致している可能性が高い。

謎なのは、TanとPuedの兄との関係

Tanは「Puedをさっさと見つけてこい」とPuedの兄から睨まれていました。「信頼できないし嫌いだ」とも言われています。

銃を手元に置く不穏な一面を持つTanにとって、今回の事件はいったいどういった立ち位置をTanにさせているのかがこれからの視聴ポイントのようです。

用があるから退勤の迎えに行けない、とBunに言っていたTanが向かったのはある村はずれの建物。

そこから出てきたのはPued。

2人の様子から、Puedは拉致されたというよりは、Tanと何か計画があってこの場所に身を隠していたという印象

Tanは妻を何人も抱える父親の元、関心を向けられずに育ったと言っています。

意見が合ったJaneと共に昼は塾を経営し、夜はパブを経営するTan。

もしかすると、Puedや兄とTanは腹違いの兄弟という可能性もあるかもしれません。

EP5 姿の見えない黒幕、その容赦のなさ…

Bunが頑なに事件の隠蔽を阻止したい思いというものが、彼の過去の経験からくる後悔と義憤からであると分かりました。

Bunの決意の固さを知ったTanは、Bunを守り抜くことをさらりと、けれど真剣に誓っています。

そんなTan、実はJaneが過剰摂取したという薬物の出どころを追っていました。

TatはTanをP’と呼んで調査の協力をしていて、やはりBunの家に侵入してTanの家に避難させた経緯も二人の計画の上だったようです。

次の被害者Nam

そんなTatは、バイク事故で助けてくれたSornと親しくなっています。

黒いバンにのってどこかに行き、日に日に弱っていくNamが倒れているところを二人で発見し病院に運びました。

早期発見により命は助かったNamだったけれど、JaneやNattyと同じように薬物の過剰摂取と、噛み痕が肩についているなど状況が共通しています。

警部Mは、この街で薬物事件はありえないと言う一方で、記者のPatは、ひどい事件の影に誰がいるのかみんな分かっているけれど誰も罰することができないと言い切っています。

金と権力がないと力を持てないこの街で、それを手にしようとしている人間の一人がPuedであり、女の子を利用しているとも…。

Patは黒のバンに発信機をつけ尾行するも見つかり銃殺されてしまいました。

検視をしたBunはPatの胃からSDカードを発見。

Janeが残したある酒席の様子が隠し撮りされた動画が入っていたあのSDカードです。

甘い瞬間のアクセルはお酒💕

朝ごはんとお弁当をTanに渡すBun。

花壇のペッパーツリーの苗に水を遣りすぎるTanをいさめたり、苗を弟、サボテンがお兄ちゃんと呼んだり。

日常的な会話と同居生活の甘さが垣間見えます。

亡くなる直前に誕生日だからとPatが持ってきたブランデーに酔ったBun。

トロンとしたまなざしを向けられたTanは”誘惑されている”と感じるのに、Bunはしてないという。

言っといてからにBunからキスしに行くんだからーーー

とぅんくんの誘惑のまなざしはTWMのKnockの頃と同じく強力!!

で、リップ音ーーーっ!オホッ無理っす

月曜の深夜にまた死んだ(白目)

お酒入ると、何かが起こるなぁ~

EP6 生前のJaneの足取りで見えてきたもの

Patの胃から取り出したSDカードのデータが復元できるまで、別の証拠を求めて夜遅く無人のPatの家に忍び込んだTanとBun。

そこにやってきたMたちに、2人が持ち出そうとしていたPCを押収されてしまいました。

PCにあった情報から、Mは違法中絶手術を行っていたクリニックでJaneが処置を受けていたことを突き止めました

彼女を手術に連れてきたのがPuedだったそうです。

復元されたSDカードの動画には、Janeが酩酊状態で男性に性欲の対象にされている様子が…。

彼女に覆いかぶさる男は町出身の国会議員Songchai氏

Patが話していた、力を得るために女性を差し出していたPuedの話は、自分の恋人Janeを議員に差し出していたことを指していたわけです。

ショックなTanとBun。

しかも、Tanは、騙されたとかなり怒っていて、PuedはTanに匿う協力を得る理由を偽っていたようです。

病院で意識を取り戻したNamが、薬物の出どころに関するBunやMからの質問に答えないまま彼氏とともに退院してゆき、監禁されてしまっています。

Namは純粋に年上の彼氏だと信じているその男はSongchai。

自らの残虐性の高い性的嗜好を満たし、若い女性を使い捨てる非情な権力者に、TanとBunは迫っていくことになりそうですね。

TanとBunの幸せのありかとは

Bunがこの街に越してきた理由は、幸せを求めて、ということだったそうです。

常に上を目指し、時間に追われ競争の中で生きてきたBunはそこから逃れたかったと言っています。

Tanから、Bunにとっての幸せの情景はどんなものか聞かれ、

「緑の多い場所」と答えています。

Tanの家の庭は理想的。でも、もうちょっと花による色合いが加わればもっといいなんて話しています。

Tanの幸せのありかは、

  • いたずら好き
  • 頑固
  • いつも危険に飛び込んでいく
  • 正義の心を持っている

ところ(人)だそうです。モロBun

へぇ~と首をかしげるBun、自分のことだと分かっていなさそうなのが何とも小悪魔(笑)

後日、ふたりで花を買いに行き、花を選ぶTanを写真に収めるBunは幸せそう。

Tanが買ったピンクのユリの花ことばには意味があるようです。

とぅん君がリツイートしていたツイートに「私の見つけた最高のもの、心のすべて(最高)(google翻訳)」との意味がありました。

https://twitter.com/Sweetlionan/status/1343561257954148354?s=20

また、今後のストーリー内で詳細が明らかとなるかもしれませんね。

そして、次回、TanとBunの関係に大大大進展がありそうーーー!

EP7 二人の関係大進展、しかし…

修復されたSDカードに残されていたJaneの姿…。

彼女は、彼らのサポートが欲しいPuedによってSongchai議員とTung将軍に差し出されていたことが分かりました

以前、パーティー会場でPuedとTanがケンカしていたのは、中絶後うつの治療をしながらも、「もうこんな間違ったことはしない」と言い切ったJaneともめていたPuedを止めに入っていたからでした。

Patが得ていた証拠となる情報をもう少し手に入れたいTanとBunは、捜査官Mに押収されてしまったノートPCを持ち出すことに。

しかし、そこにはこれといった証拠が見つからない…。

警察で消された可能性も…?

TanBun吊り橋効果が関係を押し進める!

危険を冒してノートPCを手に入れたTanBun。

息を切らせ成功と共に帰り着いた二人の手がふと触れ合った。

その手の熱さと絡まる視線が2人を熱い夜へと押し進めていきました。

あ~~まっとぅんㅠㅠ

あーーまっとぅんにしかできないこの呼吸と表現ーーーっつ!!!!

初めてMODでまっとぅんを見る方はきっと、その流れ出るような熱さとあうんの呼吸からくる愛し合う二人の絶妙なラブなシーンに度肝を抜かれるでしょう!!!

まっくん自ら、このシーンを引リツ。

唇が腫れた💋と言っていたのが分かる、熱いキスシーンでしたねぃ。

とぅん君はこの表情が素晴らしい4カットを収めたツイートをリツイ

表情!しぐさ、まっくんのグ―による後ろ髪わしづかみ!(全部萌え)

/////この後はオトナの世界ですが、ベッドでの会話も大人の緩急ですごいところです、こなれ感!///

さてさて(汗)

事件の裏でSongchai議員のために動いている可能性があるというDimとPorに注意を向け始めていたBun。

そのDimがまさかのTanだったと判断したBun。

Bunの燃え盛る怒りの青白い炎と、Tanはどう向き合うのでしょうか…。

それから、TatとSorn、ふたりはとっても仲良しになってます😊

Dimの下で働いている問題児だとBun先生は思っているけれど、SornはTatは悪いやつじゃないと言い切っていましたよね。

一緒に行方不明になっているNamを探しています。

はぁ~癒しのふたり~🌿

EP8 事態が変化し始めた TanBunの選択は

物語半ばに来て、事態が変化・展開し始めました。

裏で暗躍するDimがTanで、Tanが持っている時計はPuedのものであると判断したBun。

Puedを拉致して殺害したのはTanなのかとの詰問に、Tanはこれまでの経緯と自分が知っていることをすべてBunに話しました。

  • PuedにはJane殺害犯の目星がついていたこと
  • Bunに事件から手を引かせようと脅しをかけたこと
  • Bunが引き下がってくれないと自分の身が危うかったPued
  • 拉致されたと見せかけて姿を消したかったPuedに協力したTan
  • そしてTanはPuedの弟でバーも半分はPuedのものだったこと

これを信じたとして、今度はBunはTanの自分に寄せた好意まで嘘に思えて苦しい。

同居は解消、けれどその直後、ブレーキを細工されたBunは命を狙われ引き続き危険であることが分かりました。

どうあってもBunは守り抜きたいTan。

Bunは、Tanに入る連絡や居場所がすべてわかるよう、携帯をミラーリングできるアプリを設定しました。

これで僕に嘘はつけないというBunに、嬉しそうなTan。

!カップル携帯化!

Puedからのメールで駆け付けたTanだったけれど…

駆け付けたTanは、床に倒れこと切れているPuedを発見します。

救急車を呼び、Puedの心臓マッサージなどを試みるTanだけれど効果があるようには思えない。

ふと見ると近くには注射器が。

悲しさとショックと混乱で落ち着きを失っているTanを、突如包囲し逮捕した捜査官Mたち。

Pued殺害の真犯人は、事件の真相を知る者とPatのつかんだ証拠を消そうとしてるようです…。

まっくんの演技堪能回だよ

EP8は、まっくんの演技の広さと素晴らしさを改めて堪能することができた回。

厳しい展開になってきたけど、ミラーリングされた(カップル)携帯を持っているBun先生と共に戦っていくことができそう。

立ち位置がはっきりしたことで、次回以降、新たな展開へと突入していくことになりそうです。

あ、そうだ!Namをさがしに怪しいアジトを突き止めたTatとSorn。

でも、Sornを守ろうとしてTatが捕まってしまいました。

Tanは警察に捕まっちゃったし、Sornは事故で入院中だし…。心配!

EP9 ストーリー、加速度が増してきた

Puedの死の原因は持病の心臓発作を利用したものでした。

持病があることを知っていたのは兄弟だけという理由で、お兄さんPorはTanがやったと怒り続け、恨んですらいます

Tanだって悲しいのに( ;∀;)

逮捕されたTanは、Pued殺害犯として有罪となるか、ならなくても消され葬り去られることが濃厚という状況にまで追い詰められました。

裏にいるのはSongchai議員と署長

ここに、Tanを疑うPorが加わってしまいました

Janeのお姉さんの力を借り、証拠不十分のTanを釈放してもらうことができたBun。

その代わり、Tanは両方の勢力から自分とBunの身を守りつつ真相を追わないといけなくなっている状況です。

ふたりの出会いは8年前…

EP9は、PuedとBunの8年前の電話での会話で、あーーーーっつってなりましたよね。

PuedはPorと違い、Tanを弟として気遣っていたことが分かります

落ちたプリントを拾っただけ、でも、大学生時代に出会っていたふたり!!

Tanはあの時のBunを覚えていたのでしょうか?

友だちがお前の大学の先輩だと、Puedから聞いていた可能性はある?

互いへの愛しさはいや増すばかりのTanとBun

Tanが犯人ではないことを証拠からも確信できるBunは、Tanを救い出すためにJaneの姉Rungさんの力を借りることまでしました。

BunがTanを愛していることが、肩に甘くもたれかかるようすから伝わってきます。

夜になって、Porの手下に銃撃によって命を狙われたTan。

誰にも知られていない安全な家にBunと避難してきました。

しかし、兄弟間の問題に巻き込むわけにはいかないTanは、Bun先生を油断させて手錠で家につないでしまい、車で飛び出していきました。

急を要する目的と事情があったようだけれど、油断させ方が大人すぎです

*音量にご注意ください。右下の3点マークの設定から日本語字幕出ます(PCの場合は一旦その横の□マークで大画面にしてから設定して下さい)

。。。_| ̄|○

演出の技と加速度が増してきたストーリー!

Tanが拘置所で集団暴行を受けるシーンの画面の暗さだけでなく、

銃撃のシーンでは、ふたりが食べようとしていた料理に銃弾が当たり米つぶがはね飛び散る、という演出などもされていました。

状況の激しさと、緊迫した局面であることが伝わる演出に、本格的なクライムサスペンスを作り上げる技が見えます。

物語は中だるみなどすることなく、真の敵の姿が見えてきたことで更なる局面へと突入し勢いと加速度が増してきました

画像出典:©WeTVThailand  ©WeTVPhilippins

テキストのコピーはできません。