タイBL

6/17更新:Fish Upon the Sky タイBLドラマ 作品・キャスト情報・視聴方法チェック ネタバレ感想も不定期で

GMMから2021年のBLドラマ第2弾「Fish Upon The Sky」が4/9よりスタートしました。

「Fish Upon the Sky」とは、日本で言う「高嶺の花」。

手が届かないと感じる人への恋ごころを描くラブストーリーであることが分かります。

視聴方法についてはのちほど詳しくお知らせします。

「Fish Upon The Sky」の一番の注目ポイントは、「2gether」「Theory Of Love」の原作者であるJittiRain作家作品のドラマ化という部分。

主演をされるのが若手俳優さん方ということもあり、新たな俳優さんとの出会いがとても楽しみでした。

前半は1話を見て感じた魅力を交えながら、作品・キャスト情報をチェック。

後半は、視聴した話数ずつのネタバレあらすじ&感想を追記していきます。

作品情報

2021年 タイGMM 全12話予定 対象年齢13+

  • 放送:タイ GMM25
  • 配信:一部の国を除き LINE TV・Youtube GMMアカウント

演出・脚本

演出・脚本:Golf Sakon Wong

脚本:Pong Pattarawalai Wingsinwises 他2名

Club Friday シリーズ(2014-2019)
Love Songs Love Series:Rao Lae Nai(2018)
Girl Next Roomシリーズ(2020) 他

冒頭あらすじ

Piは歯学部新入生。

高校時代の悲しい経験から友だちを作れず、大学に友だちはいない。

話せるのは、メッセージアプリで会話するハンドルネーム “学部近くの人” だけ。

そんなPiが、大学のイベントの日に親切にしてくれた総合保健学科のMuangNanに一目惚れ。  

彼を追いかけているといつも近くに医学部のSutthayaがいて心中穏やかではいられない。

だが、SutthayaがMuangNanの近くにいるのは、Piに会える確率が高いからだった。

予告編

予告編には2話以降のシーンもがーっつり入っていますので、先の情報が欲しくない方は、2分くらいまでにされるのもいいかと思います。

MuangNanに恋したことがきっかけで、身なりに無頓着なことから周囲からの敬意が得られず、好きな人の隣にも並べないと気づくPi。

お兄ちゃんDueanの力を借りて大変身するようですね!

過去の経験から自信を無くしていたPiでもあるので、自分改革が始まりそうです。

キャスト

Phuwin Tangsakyuen(Pi/Pattawee役)

2003/7/8 (写真上左)

主人公Piを演じるのは、現在17歳のPhuwin君。

2015年ごろから子役として活動を始められ、2018年のFrank・Drakeの「‘Cause You’re My Boy」(2018)、「The Gifted:Graduation」(2020)などで準主演クラス出演をされています。

名前の由来や出演作、大学の専攻などなど、Phuwin君のことがすごくよくわかる英字幕付き自己紹介クリップがこちら!

日本食が好きで、ラーメン大好き😊

音楽の才能はないというPhuwin君、趣味でもそこまでできたら見事です!

ファンダム名は「Winnie the Phu」だそうです。

Pond Naravit Letratkosum(Sutthaya/Mork)

2001/2/1 (写真右)

Pond君はPhuwin君が出演していた「The Gifted:Graduation」で中盤以降にNon役で少しだけ出演された新人俳優さん。

演じるのは、MuangNanの友人で医学部のSutthaya役。

Piに片思い中です。

Pond君の自己紹介クリップがこちら。とても詳しく自己紹介してくれています。

初ドラマ出演にして主役を手にした20歳のPond君は、在学中の大学でもGMMに入ってからも人気で賞を取る目立つ存在。

落ち着きとユーモアと愛されキャラ感がすごい上に、ダンスはめちゃうまだし、肝心の演技も本作を見れば一目瞭然ですよね。

才能とスター性を兼ね備えたPond君です。

ファンダム名はもともとのニックネーム「Pangpond」だそうです。

Mix君はPiの片思い相手

Mix Sahaphap Wongratch(MuangNan 総合保健学部2回)

Mix君は「A Tale Of Thousand Stars」で主役をされたばかりです。

A Tale Of Thausand Stars
A Tale Of Thousand Stars 心臓をくれた人が導く幸せの在処 恋の美しさ愛の気高さに泣く2021年のタイBLドラマ「A Tale Of Thousand Stars」の視聴感想レビューです。ドラマ情報・キャスト・視聴方法、作品の魅力など。ネタバレあらすじ・結末も。...

Duean x Meen CPを演じるNeo&Louis

  • Neo Trai Nimtawat(Duean Piの次兄)2001/1/14(写真右)
  • Louis Thanawin Teeraphosukarn(Meen)2000/12/5(写真左)

Piの次兄で工学部4回生のDueanは単位が取れず留年組の5回生。

新入生と同じ授業を取らないといけなくて、真面目に授業を受けそうな医学部のMeenと友達に。

そのMeenは世間知らずなのか、親鳥を初めてみたひな鳥のようにDueanに懐きます。

めんどくさいやつと思いながら、結局お世話しちゃうDueanとカワイイMeenのCPのストーリーも楽しみなところです😊

Neo君は「Thonhon Chonlatee」での記憶も新しい。

Tonhon Chonlatee
Tonhon Chonlatee ドラマ情報&視聴方法をチェック 2020年GMM放送・配信のタイBLドラマ「Tonhon Chonlatee」のドラマ作品情報やキャスト・カプ情報・配信日・視聴方法などをまとめました。...

そしてLouis君は歌手・俳優として活動されていて、今年2021年よりGMMTVに所属されたそうです。

この後紹介するOSTも、Louis君が歌われていますよ!

メインキャストによるコメントクリップ

キャラクターと自分の共通点や、初恋についてなど恋に関するインタビューにフランクに答えるメインキャストの4人の英字幕動画付きクリップもありました。

1話見ての魅力と個性

ラブコメ感で滑り出し良好

GMMのBLドラマの中でいうと、「2gether」や「Thonhon Chonlatee」のようなコメディタッチなムードで始まった「Fish Upon The Sky」。

主役のPiは、高校時代の出来事から孤立した大学生活を送っているのですが、Piは落ち込む気持ちを奮い立たせ、強がりながら日々をしのいでいます。

幸せな奴らなんて、へっ!と思っていた矢先に一瞬にしてMuangNanに一目ぼれする流れがスピーディー

でもそれも無理もない、Mix君演じるMuangNanはそれはもうステキです💕

Piの大学生活には、MuangNanを追い、密かに見つめるという日課が加わりました。

密かな片想い、彼のために努力する一人の男

2話以降、どんどん物語が進んでいきそうな気配をくれるのが、Piに片思いしているSutthayaの存在

どういうきっかけで好きになったのかはまだ不明ですが、SutthayaはPiと親しくなるきっかけ探しをしながら、陰で健気にフォローしています。

そう、「学部近くの人」はSutthayaです。(視聴者にバレバレ)

でもPiからすると、彼はいつもMuangNanの近くにいる目障りなライバルという認識なのでけんもほろろ。

Sutthayaの思いがどんな風にPiに伝わることになるのか、PiがSutthayaの思いをどんな風に知って恋していくのかも楽しみでもあります。

でも、告白シーン、予告編でちらりと見てしまったかも(笑)

Louis君、Mix君の歌うOST MV

先ほど話題に出たMeen役Louis君の歌うオープニング曲

ข้างๆ Ost.ปลาบนฟ้า Fish upon the sky – Louis Thanawin

そして、Mix君の歌うエンディングテーマ曲

คนแบบไหน Ost.ปลาบนฟ้า Fish upon the sky – Mix Sahaphap

どちらもすごく好きです😊

視聴方法(2021.6.14現在)

habbit
habbit
2021.5.28 21:40現在ジオブロが外れています。今後どうなるかは不明ですが、ぜひ!

2021.4.9より毎週金曜

  • タイ本国:GMM25 20:30(日本時間22:30)~
  • 国際ファン向けLINE TV・Youtube:22:30(日本時間24:30)~

YOUTUBEの方には6/14現在 EP9まで日本語字幕がついていますよ!

最新話の日本語字幕は翌週にはついているという印象かな?

番組のプレイリストをまとめました。良ければご利用ください。

同じGMM制作のBLドラマだった「A Tale Of Thousand Stars」のYoutube動画のEP1配信時は日本対象外だったのですが、その後対象となり、ジオブロはされずに視聴可となった経緯があります。

このまま、最終話までジオブロなしで行ってほしいですね!

ここからはネタバレがあります

ご注意ください

ネタバレあらすじ・感想

EP1-4 片思いにしてベタ惚れのSutthaya(Mork)が良い

MuangNanのことが大好きなPi。

あの的外れ感と空回りの連続のPiを、優しい目で見てくれているMuangNanも素敵な人だけど、Piを陰で見守り支えながらせめて友達になろうと努力するSutthayaのベタ惚れ感がとても好きです

何をやってもうまくいかないのに(失礼)憧れのMuangNanにあそこまでアグレッシブにトライしようとするPi って(笑)

人に対して不信感や斜に噛めているPiにとって、初対面の時から優しくて、包み込むような優しさに溢れていたMuangNanのことが大好きなんですよね。

でもSutthaya、なぜそこまでPiのことが好きになったのか、そのうちいきさつを教えて欲しいです。

Sutthaya頑張って距離を縮めた!

ほんの少しでもいいからPiの近くにいたいというSutthayaは、陰でPiの唯一のメッセージアプリ友だちをしながら悩みを聞き、諸々の努力でPiとの距離を縮めました。

「友だちになりたい」という直球の願いも受け入れてもらえていない理由は、MuangNan狙いのライバルだと思われていたから。

でもついに「お前が好きなんだ」とPiに告げることができました

熱くも切ない猛アタックがこれから始まりそう。

そして、孤立してしまった過去を持つPiがSutthayaに好意を寄せられ、全許容される安心感と温かさに触れていくことで変化していきそうなのも楽しみです。

Duean兄ちゃん、Meenという沼にずるずると落ちる

もともと世話焼きで優しいPiのお兄ちゃんDueanが、生まれたてのような天然小鹿キャラのMeenと出会ってしまった(笑)

Dueanの目には可愛くて放っておけないMeen。

確かにMeenはド天然で純粋なところはあるけれど、自分を持っていてしっかりもしている子なんですよね。

完全にDueanお兄ちゃんが、Meenを泣かせたくないし保護したいと勝手に思い込んでいる流れ(笑)

なんとも可愛いラブコメペアです。

EP4までですが、コメディ演出はちょっと苦手

恋の流れはとても楽しく見ています。

ただ、コメディの演出が実は好みではないのでちょっとしんどい時もあります。

小ネタをしつこく繰り返したり、ツッコミでもない天の声にキャストがリアクションしたり、カメラ目線演出があったり、長かったり。それから、特定の文化圏の方をネタにしていて笑えないシーンも。

どうもそのせいでテンポも落ち、元の物語の雰囲気との切り替えがうまくいっていないと感じることも多いので集中力が要ります。

提供のCMアイテムを見ると中高生あたりがターゲットということが分かるのでノリが超若年層に寄せてあるのでしょうが。

今後、SutthayaとPiのラブストーリーが進むにつれてこの強めのコメディ演出が減ることを期待しつつ見続ける予定です。

EP5-8 Piの戸惑いとトキメキと

EP4終了地点での期待に反せず、Sutthayaの気持ちをPiに伝えてからどんどん恋の物語が動き始めました。

Sutthayaの気持ちを知ってからは、彼がPiにしてくれること、掛けてくる言葉などに正常な心理状態ではいられなくなってしまったPi。

落ち着きを失ったり、多少攻撃的な態度を取ってしまうPiは、自分の心と体が伝えてくる反応がトキメキとトキメキへの抵抗だと理解できないんですよね。

好きなのは理想のMuangNanだけ!Sutthayaは嫌なやつ!

という1年間の強い思い込みが、Sutthayaを好きになるはずはないという意地にも似た感情にすり替わっている可能性が……。

でも何というか、高校時代に人を信用できなくなった経験を持つPiにとっては、Sutthayaが決して自分に背を向けないとわかるまでは決して自分の気持ちに素直に従うことは怖くてできないのかもしれません

Sutthayaにとってはつらいですが、これがPiの心を開くうえでの大切な経緯となっているのは確かだと思います。

DueanMeen なんだこの可愛いCPは!

言い方はちょっと変かもしれませんが、

DeanとMeenって、需要と供給が互いに完全一致しているような気が!?

言葉かずが多くて失敗も空回りもする手のかかるDueanと、黙ってフォローやケアをしてそれとなく行動の過ちを修正させるMeen。

Meenのお世話をしているつもりが、実のところDueanが最も気にかけてもらえ、ふんわりと受け止めてもらえている相手がMeenであることが見えてきました

良く見せたくて嘘をつき続けてしまい、それで周りに迷惑をかけ、喧嘩し、拗ねたり、絶交なんてできずに謝ったり。

DueanとMeen役のNeoとLouis、はまり役なのか抜群の表現力なのか分からないほど自然

凄いふたりです。

SNS利用方法への静かな警鐘も

それから、苦手だったコメディの味付けはEP4以降落ち着きました。

また、SNSに依存する人たちや、自分の基準で他人のプライベートに踏み込むひとたちの認識の甘さが危険であるということも描かれていて、視聴対象が若年層ならばなおのこと意味のあると感じたエピソードもありました。

GMM作品、本領発揮してきました。

EP9-10 いつの間にか大好きに、でも秘密恋愛とはいかに

親戚の女の子Bamの作戦で、見事にPiを嫉妬させてしまったSutthaya。

嫉妬返しとばかりにMuangNanを利用しようとしたPiに、MuangNanは大切なことを教えてくれました。

あの”近くの学部の人”がSutthayaだったこと

友だちがいないだけでなく、都合よく利用されていたPiを見て同情したことが始まりだったものの、やがてPiのことが好きになっていったそうです。

素直になり切れないPiの交際条件のひとつに、付き合っていることを秘密にする、というものがあったのだけれど、まるで隠せてないふたりを微笑ましく見ました(笑)

Piが納得するまで付き合おうとするSutthayaが優しいわ。

でもPiもSutthayaのことが、いつのまにかすごく好きになっていたんですね~💕

次週、Duean兄ちゃんの反対にあうのかな?そういうDuean、まさかSutthayaがMeenのお兄ちゃんだったと知ることになるんでしょうかね!

その次週は最後から2番目のEP、タイドラマあるあるで、つらい展開がきたりするのでしょうか💦覚悟だけしておこうと思います。もしそうなら、再来週まで待って一気視聴します

EP11予告編はこちら

あわせて読みたいタイのラブコメBL

GMM制作、2020年ヒットのときめくラブコメタイBL。主演初の若手キャストBrightとWinの人気が爆発した「2gether」

2gether
2gether The Series キャストと音楽の魅力が導く 爽やかときめくボーイズラブコメ2020年タイGMMで放送配信中のBLボーイズラブコメ「2gether The Series」を見終わった感想レビューです。回を重ねるごとに人気爆発、2020年のトレンドを作った主演キャスト ブライトとウィンの基本情報や私が感じた本作の魅力を語りました。ネタバレ感想は後半以降です。...

タイラブコメBLドラマを挙げるなら、これは押さえたい。斜め上行く笑いと萌えの群像ラブコメ。「My Engineer」

My Engineer
My Engineer 視聴感想 斜め上行く笑いと萌えが詰まった楽しい4組のラブストーリー2020年タイBLドラマ「My Engineer」の視聴感想レビューです。4組の群像劇的ラブストーリー。斜め上を行く展開がジャブのように繰り返され、楽しくツッコミながら見られる楽しいラブコメ。本作の魅力とカプの設定・S1の結末など語っていきます。...

テキストのコピーはできません。