タイBL

Friend Forever 視聴感想 友愛の熱さと恋の気配が共存するハイティーンBLの魅力 キャスト陣の最新出演作もチェック

2020年にタイChannel9で放送されたBLドラマ「Friend Forever The Series」。

評判の良さは聞き及んでいたものの、VOD配信がAISPLAYということで少しハードルが高かったこともあり未視聴でした。

今回、本作の主演CPを演じていたLeoとTaiの「Love at First Sight」の情報がちらほらと出始めていたことを期に”なんとかして”視聴しました。

いや、やはり良かったなぁ~。

主に3CPのエピソードが描かれていて、どの関係性も良く、何より若き彼らの演技の良さ、特に表情の良さが印象に残っています。

では今回も、視聴して感じたところを語っていきたいと思います。

ちなみに、Channel9放送版にシーンが加えられたAISPLAYで配信のディレクターズカット版のタイトルが「Our Love Is Sick」となっていました。

また後半では、本作に出演された俳優さん方の次回作についても調べましたので、ご紹介していきたいと思います。

作品情報

2020年 タイ Mcot9 HD 全12話

演出:KLA NATHAWAT

情報の中には、Love Sickを撮られたAndy監督によるドラマとも言われていますが、私のチェックした限りでは、アクティングコーチで有名なKla先生による演出作なのではと判断しています。

ドラマのクレジットを読みだせなくて申し訳ありません。もしご存知の方がいらっしゃればまた教えていただければと思います。

本作にTanの父親役で出演されてもいて、新人俳優さん方の演技がとても良かったのは監督の手腕もあったのかもしれませんね。

ちなみに、Kla先生は「Why r u」や「Y Destiny」などで演技コーチをされていて、演出や脚本も書かれたりするそうです。俳優としてはさておき()、才能あふれる方ですね。

キャスト紹介の前に冒頭のあらすじをここでチェック。

冒頭あらすじ

Tanのお母さんは女手一つでTanを育て、友人の子Oilも預かっていた。

弟のようにからかったり意地悪して構うTanだったが、そこにはOilへの特別な思いが。だがOilは親元へと戻り離れ離れに。

高校生となったOilがTanの元に再びやってきた時には、優しかったTanのお母さんは他界した後だった。

Tanに寄り添うOilと、Oilによって閉ざしていた心が少しずつ開き始めたTanだったが……。

音楽が得意なSeaはバスキングをしている最中にある裕福な学生に動画を撮られた。

それが名門私立校の理事の息子Tin。

その動画が評価され、名門私立に奨学金を得て入学することになったSeaを待ち受けていたのは…。

予告編

TanとOilの物語と平行してSeaやTinの所属する学園ドラマが展開していくことが分かる予告編となっていますね。

友情か恋か、そのどちらでもあるのか。気になりますよね。

キャスト&CP紹介

メインキャストの6人は皆さん本作が初主演となる新人さんたち

初々しさはあるものの、表情やセリフ回しなどが安定していて、演技の良さが印象に残りました。

Kla先生はLeoTaiの活動を率いておられるそうで、きっと現場でも助言はたくさんあったことでしょうね。

Leo&Tai(TanxOil役)

Leo Peerapun Chungcharoenpanich(2001/8/3)
Tai Thanaphat Kajonchaikun(1999/8/17)

少年期から互いを家族のように、兄弟のようにとても近しい間柄となっていていたTanとOil

お母さんを亡くして、ひとり殻にこもるように暮らしていたTanのもとにOilが戻ってきて時間が動きだしました。

互いのために心を尽くす二人。それは、兄弟のような関係だからか、それとも……。

Bank&Heart (SeaxTin役)

Bank Nuttawatt Thanathaveeprasert(2003/3/24)
Heart Suphawat Wisutthepkul(2001/11/28)

音楽の才能があるSeaの演奏をみて一目で虜になったTin

名門私立校に奨学金を得て通うことになったSeaは、Tinからギターを教えて欲しいと言われたことをきっかけに友人となります。

既存の友人グループに不審がられようとSeaといようとするTin。

友情が深まっていく中で互いへの信頼も深まり……。

Jeng & Chat (ItxVoice役)

Jeng Chotipat Surasawat(2004/11/30)
Chat Wasutha Phromchainun(2001/5/5)

幼稚舎時代からのTinの幼なじみたち

Itはもと音楽クラブに所属していました。わけあってメンバーと対立して以来険悪な仲に。

そんな音楽クラブに入ったSeaとTinが親しくするのが気に入らず、事あるごとに突っかかってSeaたちを困らせようとします。

それを黙ってみていられないVoiceは彼らの仲立ちをするのですが、Voiceの思いやりはItの状況をよくしてやりたいという思いが強いように見えるんですが……?

Friend Foreverの魅力と個性

若き俳優陣がくれた瑞々しい友愛の物語

アイキャッチ画像を見ていただけば分かると思うのですが、登場人物がとても多かったんですよね。

ほとんどがOilの同級生やSeaやTanの学園の生徒たち。

ハイティーンの彼らのが直面する友人関係の問題や恋の中に、これから大人になっていく過渡期でもある葛藤も見えます。

悩んでいればそばにいて、時には肩を貸し、味方だよと声を掛け合う。

力を貸しあう友情の瑞々しさが素敵でした。

深い友愛と恋心をグラデーションで

3組どの関係性も、相手への信頼が深く、かけがえのない存在であることをしっかりと描かいていきます。

その上で、そこに互いへの恋心があるのかどうかに、ほんわりと意識が向けられる感じ。

見ている方としては”あるだろう”と感じさせる親密さがあります

彼らの友愛を見ていると恋である必要はないかもなと感じつつ、あるならば是非互いの気持ちが一致していますようにと願うんです。

その曖昧さと築かれていく関係性が尊くて視聴するのがやめられない魅でした。

若き俳優陣の表情がほんとうに好いのだよ

主演のLeoTaiはほんとうに幼少期から関係を築いてきたかのような自然な空気感のあるCPで、TanOilのシーンはいつも”ほぉぉ~”と思いながら見ました。

ビジュアルも良く、Leoの鋭いイケメン感がすでに堪らないのに、Oilを演じるTaiのキュートさがこれまたよくて、ふたりのバランスはとてもいいんですよ。

そして、個人的に最も好きだったCPがSeaとTin

ここは公には(?)TinSeaと呼ばれているようですが、私的にはSeaTinを推したいところ(究極どちらでもいいのですが(笑))

違う世界にいたふたりが互いにその境界をさらりと越えていく信頼関係と、互いに見せる表情の温かさが好きでした。

もう一組はItVoice。

トゲトゲしてガキ大将のように振舞うItの本音を知っているVoiceのやんわりと包み込むあの空気感も最高です。

全キャラクター中、最も色っぽかったのがVoice君ですよ!!!!

Friend Forever とは

アツい思いで支え合い時に衝突もする
友情と恋 友愛の形はグラデーションのように存在して

ハマリ度は

 4

見始めてするりと物語の中に引き込まれ、SeaとTinの物語が進みだせば私はノンストップでした。

TanとOilを演じたLeoTaiのファンダムもあり、LeoTai人気を中心としてファンを作ったドラマだったようですね。

キャスト陣のビジュアルも良く、関係性の描き方やサブCPのシーンなども、分量の少なさがマイナスになるなんてこともなくうまく配分されていました。

ブロマンスのようでいてボーイズラブ。

とても良かったです!!

いつか日本でも字幕付きで視聴できますように!

キャスト陣のこれからの活躍予定

どのキャストさんもまだ若く、演技も良く、これから出演作がどんどん決まっていく気配しかしませんでした。

LeoTai次回作の話題とカバー

LeoTaiはCPでの作品出演の話「Love at First Sight」があります。

アニメイラストに実写のLeoTaiが画像として出演する形になる新しい形の作品だそうです。

そしてその演出が本作でTanの父役をされていて監督もされていたKlaryderさんということです。

また、LeoTaiのがカバーしたMVで、素敵な雰囲気が感じられる一本をここで。そしてMVの監督はKlaさんです。

On The Ground – ROSÉ l LEOTAI COVER

他キャストの今後の出演作も目白押し

2004年生まれのJeng君は「FUTS」に出ていた

It役のJeng君は「Fish Upon The Sky」でDueanの先輩役としてすでにゲスト出演していたそうです。

Fish Upon the Sky 視聴感想 SNSが変えた若者の自己肯定感 見知らぬ誰かより僕だけを信じて見つめて欲しい2021.4.よりタイGMMで放送のBLドラマ「Fish Upon The Sky」の視聴感想レビューです。作品・キャスト情報と視聴方法や作品の魅力と個性について語ります。後半は数話ごとのまとめネタバレあらすじ感想となっています。 ...

Jeng君2004年生まれ。

「Friend Forever」ではちょっとしたヒール役をしていたけど、メインキャストの中では最年少だったからね。

大学5回生のDueanの先輩役をやるだけあって、落ち着きのある演技を見せてくれていましたよ!

Oilをいじめていた役のNon君はLove Stageへ

そして、Oilのいじめっ子役のNon君は「Once In Memory」ショートウェブドラマで主演をされています。

Once In Memory:Love at First Sight & Just Found Love 視聴感想 両目線が楽しめるまるで心理戦のような恋のドキドキを2021年タイMindTrio制作のショートウェブムービー[BLドラマ]「Once in Memory」のシリーズ2本の視聴感想レビューです。男子高校生の一目惚れとドキドキのアプローチ。まるで心理戦のような緊張とトキメキあふれる本作の魅力と個性を語ります...

今後は、日本のコミックが原作のタイ実写バージョンで、KaownahxTurbo主演の「Love Stage」に出演が決まっているそうですよ!

本作から2人!放送中タイBL「Love Area」にメイン級で出演中

Tanの腹違いのお兄ちゃんKao役だったOhm君と、Oilに告白してきた先輩Kun役だったPan君は「Love Area The Series」にメインキャストとして出演されています。

Love Areaの予告編がこちら

特にOhm君はメイン級のサブCPのようです。

早く「Love Area」見てきたいんだけど、これもAISPLAYなんだわ。何とかして見たいところです。

Bank君も次回作が決まっている!

Sea役のBank君は次回作「Destiny Seeker The Series」の主演が決まっています。

原作は「2Moons」のChiffon Cake’s作家による小説。

CPとなるEarth君とBank君はそれぞれスポーツ工学・航空工学部で、第2・第3寮の寮長同士(正しいかどうかはちょっと怪しくてごめんなさい)のような話だそうです。

いやいや、なんにせよ、みなさんの活躍がとても楽しみです。

まとめ

数多くの新人俳優さん方を起用して作られた学園BLドラマともいえる「Friend Forever」。

ブロマンスのような熱さと、ボーイズロマンスの甘恋しさが共存した素敵なものがたり。

素敵な新人俳優さんたちに出会えたことも良かったし、視聴してよかったです。

次は日本でも字幕付きで見られますように!!

(c)BLACKBROOK STUDIO’S

画像出典:บทเพื่อน บทเพลง The Series

あわせて読みたい関連作

学園BLドラマの元祖・バイブル的作品。2014年の「Love Sick」もぜひ。

Love SIck
Love Sick 視聴感想 恋煩い 誰も教えてくれなかった同性の友人へのこの気持ち2014年タイで放送されて人気となり、以降BLドラマが多数製作放送される大きなきっかけとなった「Love Sick」。そのシーズン1を視聴した感想レビューです。本作に感じた魅力は前半で、簡単なネタバレあらすじは後半で語っています。...

テキストのコピーはできません。