タイBL

10/27更新:『BITE ME』Mark Siwat主演作 作品・キャスト情報&視聴方法チェック 随時感想もUP

2018年のタイ人気BLドラマ「ラブ・バイ・チャンス」、そしてその2年後に待ち望んだファンに応えるようにリリースされた「A Chance To Love」。

その2シリーズの中で、好きな先輩を思い続け計画的で大胆な行動力を発揮する執着気質の年下の美男高校生を演じ、固いCPファンを得たのが本作の主人公Aekを演じるMark

ラブ・バイ・チャンス
ラブ・バイ・チャンス 視聴感想 愛する人に出会えた幸せの重み 喜びに満ちたボーイズロマンス[ドラマほびっと] 2018年のタイドラマ「ラブ・バイ・チャンス/Love By Chance」を見終わった感想レビューです。その作品力が評価されたヒットとなったボーイズラブストーリー。私の感じた本作の魅力をじっくり語っていきます。ネタバレ感想は後半です。...

二十歳を越え、ついにMarkが主演のドラマを見ることができると今からドキドキ

しかも原作は「Manner Of Death」のSammon作家です。

予告編からは、料理という共通点を持つふたりの沁みる恋の予感が感じられます。

それでは、前半は作品・キャスト・配信や視聴方法についての情報、後半ではネタバレあらすじ・感想などを随時更新していこうと思います。

作品情報

放送・配信

2021.8.29~毎週日 タイOne31放送22:15 VIU配信 23:15(日本時間25:15)

日本での配信はU-NEXTです✨ 

U-NEXTではVIU配信とほぼタイムラグなしで日本語字幕版が配信されていますよ!

その他、詳しい視聴方法についてはこちらです→ 視聴方法

原作はManner Of DeathのSammon先生

「Bite Me」の原作はタイBLドラマ「Manner Of Death」のSammon作家。

現役のお医者様でもあるSammon先生の作品は細かな背景描写と専門職のキャラクターが魅力

本作BiteMeは料理のプロの物語。とっても楽しみ。

manner-of-death
Manner Of Death 視聴感想 社会派テーマと大人ロマンスが共存MaxTul主演本格クライムサスペンス2020-21年タイ本格クライムサスペンスロマンスBLドラマ「Manner Of Death」の視聴感想レビューです。作品情報・キャストや視聴方法、個性と魅力などをまとめました。後半では各話ネタバレ感想あり。...

演出・脚本:David Bigander

My Dear Warrior(2019)
Bite Me(2021)
My Sassy Girl(予定)

演出のDavid Biganderさんが2019年に演出されたドラマ「My Dear Warrior」は日本でもNetflixで配信されています。(→Netflix「マイ・ディア・ウォリアー~愛しの戦士様」)「Beauty Boyy」に出演されていたBaifernさんと「I Promised You The Moon」でのJai先輩役Oabさんが主演です。

キャスト

Eua役 Zung Kidakarn Chatkaewmanee

シェフのEua役を演じるのはZung Kidakarn Chatkaewmanee(1992/1/22生)

Zungさんは2017年より映画などに出演歴がおありですが、彼はMattnimareというバンドのギタリストでもあります。

4年前のMVにはZungさんが出演されていましたのでここで

Mattnimare「Venus」

エモーショナル!このサウンドにずっと浸っていたいと思わせられましたし、何よりZungさん!

ミュージシャンなの??え?もともと俳優さんだったんじゃ?素晴らしいですビジュアルも表現も!

このMV監督さん、ぜひBLドラマもいつか撮ってください。

Aek役 Mark Siwat Jumlongkul

フードデリバリー”LINEMEN”の配達員Aekを演じるのはMark Siwat Jumlongkul 2000/3/30生。

MarkはBLドラマファンにおなじみの「ラブ・バイ・チャンス」KlaNo役で知名度を得ました。

その時にCPの相手役を演じたTechNo役のGun Napat君も先ごろ終了したBLドラマ「Golden Blood」で主演をされました。

Golden Blood 視聴感想 あなたと逢うためにこの血を持って生まれた 命を懸けて守る運命の愛2021年タイBLドラマ「Golden Blood」の視聴感想レビューです。作品・キャスト情報、視聴方法、ドラマの魅力と個性など感じたところを語りました。後半はネタバレあらすじ・感想となっています...

Markはその他、Netflixでも配信中の「ロストインウォーター」でPerth君とCP役で出演もされている美少年俳優さん。

ロストインウォーター KritJack
ロストインウォーター~神秘の島~ PerthMarkフォーカス感想 極限を生きた悲しく美しいカプKritJack2019年末Netflix配信されているミステリーファンタジー「ロストインウォーター~神秘の島~」内の同性カップルKritJackについてのフォーカス感想です。演じたPerthとMarkも目当ての一つだったのですがその魅力と番宣動画の紹介なども合わせて語っていきます。...

冒頭あらすじ

故郷タイ北部から一人暮らしで大学に通うAekは、フードデリバリー「LINEMEN」のアルバイトをしている。

ある日、帰宅用に人気のシェフEuaのレストランでテイクアウトを注文するが、Aekは店のミスから待ちぼうけを食った。

お詫びにと、Euaからサービスとして1品渡されたが、袋の上から香りだけで使用されているスパイスを言い当てたことからEuaに強く印象を残した。

Aekは地元で食堂をしている祖母と母の元で、料理に興味を持って育っていた。

将来は自分も母と食堂をしたいと思っているのだが……。

予告編を2本ご紹介

予告編①

英字幕付きYoutube予告編はこちら

シェフのEuaは、店のためにも料理の腕を証明する必要に直面しそうです。(TharnType2の意地悪上司役の俳優さん再び(笑))

そんな時に、フードデリバリーのAekと出会い、共に料理をするように

ラストの「ポークが好きなの?」「好きですよ」「ポークが?」「ふふ、Phiが」

甘えるPhiに”仕方ないな、言ってあげます”的なAekに早々に墓入りさせられます👻

予告編②

第2予告編になって、宅配サービスの名前が「BITE ME」から「LINEMAN」になっていますね。スポンサーの1社がLINEMANだったんでしょうね(笑)

Aekのお母さんとお祖母さんはタイの食材を使ったタイ北部料理を出す食堂をされています。

幼いころからお祖母さんとの関わりの中で、もともとあった料理の才能が結果的に英才教育のように磨かれていたようです。

一緒に居ると居心地のいい人。Euaは初めて会った時からAekに特別なものを感じたそうです。

料理対決番組に出るエピソードもありそうです。

OST MVが出たよ!

Four「Only You(Taste Like You)」

キャッチーなサビが流れてくると、トキメくというかわくわくするんですよね~

もう一曲のOST「BE MINE」はEP3以降のシーンも映像に含まれていたので後半でご紹介しています→「BE MINE」OST

habbit
habbit
視聴方法の後、各話ネタバレあらすじ・感想を語って行きます

視聴方法(2021.9.20現在)

「BITE ME」は2021.8.29より、タイOne31で放送のあと、VIUにて23:15(日本時間25:15)より配信。

日本向けはU-NEXT

月曜の正午付近には配信されています。

本国での配信は日本の真夜中となるので、日本語字幕版がその日にはもう見られることになります。

海外から視聴される方は

VODでのアーカイブ配信VIUでは、英語字幕付き、標準画質ならば無料コンテンツとなっていますよ。

ただし要VPN(タイから)

VIU(タイ)

動画を見つけにくいので下記にプレイリストとしてまとめました。良ければ!

ここからはネタバレがあります

ご注意ください

ネタバレあらすじ・感想

EP1 出会った瞬間から!

相手の何らかの印象が心に刻まれた瞬間からその人が気になり始める。

シェフEuaにとって、注文していなかったメニューに使われていたスパイスを香りだけで言い当てたAekが強烈な印象として残りました

その瞬間からAekの資質と才能に惹かれ、Aekへの関心が強まったとしても無理ありませんよね。

Aekの料理への関心は子どもの頃から

料理人の母・祖母を持つAek。

特に祖母からは、北部タイ料理に使われる食材やスパイスの名前、香りや味、使われ方からそのセンスなどを子ども時代から嬉々として学んでいました。

お母さんの食堂をやりたいというAekに対して、別の稼げる仕事についてよい人生を送ってほしいとお母さんが願っていることも分かりました。

Euaとの出会いでAekは間違いなく料理人への道を歩みそうです。

さて、友人ビーの誕生日にEuaのレストランで食べたグリーンカレーの感想を聞かれ「味もよく美味しかったが繊細な豊かさが足りない」と言ったAekの腕をEuaが確認してみようとしたところまで。

EP2では、Aekが厨房で腕を振るいそうです。

Euaの視線には何か特別なニュアンスも感じられる演出。

恋の予感がする、そんな気配を感じさせるEP1でした。

EP2 好きなことの”引き”には逆らえない

EP2では、AekがEuaのレストランのシェフとして働くことを決めました。

お母さんを失望させたくなくて料理ではなく会計学科に進んでいたAek

料理の才能と資質があることをEuaに教えられ、料理が好きであることやその好きが友人たちにもはっきりと見えていたことを知ります

この瞬間に決めた!というシーンはなかったのですが、悩んだ末Aekはレストランで働くことを決めました。

好きなことの”引き”には逆らえないはず。

来てもらえてEuaはとっても嬉しそうでしたね~!

Euaの苦悩がEveによって甦る?

EP2終盤、Euaがレストランをオープンしたことすら知らせていなかった相手Eveが登場しています。

どうやら同業者で、かつてEuaが屈辱的な負け方をしたか挫折することになった原因の女性のようです。

Eveは、シェフの腕を競うコンテストのことも仄めかしていましたよね。

再会しただけであそこまでEuaの気持ちをかき回すEve、迫力の存在感だったけど、一体何があったのでしょうかね~

EP3 恋しさを端々にちりばめて

きっと、Eveには絶対に負けたくない強い思いがあるEua。

Euaが孤独に抱えて苦悩していた料理人としての足りなさや限界感。

それに、ただ寄り添おうとしてくれたAek。

Aekの資質に眩しさを感じていたEuaの表情は、同時にAek自身への恋しさとなっていることがはっきりと分かりました。

二人きりの時はシェフではなく、P’Euaと呼んでほしいと距離を近づけています。

親友Premへの伝言を頼んだ体で「恋しい」とAekに向かって言葉を飛ばし、味見するときには、手が空いていないと甘えて口にスプーンを運んでもらいたがるんですよね。

Aekの才能・芯の強さが魅力

Aekを信頼し、甘えようとするEuaの心の拠り所としてのAekの存在感が増しています。

Euaから見て、料理人が一生かけても得られないこともある嗅覚と味覚への鋭さと味へのバランス感覚に一目置き魅了されていることが伝わってきます。

けれど、それ以上に、Aekの凛とした落ち着きがEuaとの似た者同士の融和を呼び、少々のことでは感情的にブレないAekの芯の強さにEuaは頼もしさを感じているようでした。

出会った日からAekを特別視し尊重してくれるEuaへの信頼感の一方で、まだ彼の人となりを十分に知っているわけではないAekとのすれ違いがありそうです。

ベタ惚れの片鱗がもう出ているEua。

これからAekがEuaを愛するようになるとすれば、Euaのどういったところに惹かれ、どんな関係性の中で恋人同士となっていくのかが楽しみです。

EP3のシーンが沢山 お洒落穏やかな大人感OST「BE MINE」

EuaとAekのキャラクター感と二人のこれからの関係性を予感させてくれる大人おしゃれ穏やかなOSTがEP3で流れました。

たくさんのEP3のシーンと、予告編にあったものとこれからのシーンと思われる映像が少し含まれていて素敵です✨

สุดเขต จึงเจริญ「BE MINE」

EP4 ゆっくりな展開だね

EP4では、EuaがAekと職場外でも一緒にいたいと思っていることが分かるエピソード回でした。

Euaが片思いを始めているとは当然知らないAekは、Euaの言動に公私が入り混じっているなど思いもしていません。

Aekの才能を伸ばし、彼のチャンスを広げてあげたいと思っているEuaの気持ちに上司以上の思いが含まれているのですが、上司・部下の関係でしかないAekにとってEuaのお誘いぐらいならまだしも、コンテストへの出場などという提案は半強制でしかないんですよね。

料理人としての将来に対するAekの考えや気持ちを確認できていない現状では、Euaの気持ちはうまく伝わらない。

自分の思いを臆せず言葉にするAekとの関わりが深まるかどうかは、今後のEuaの行動にかかっていますね!

VichとPremはピーノーンなのか

ここはサブCPと呼んでいいのかどうか。

スイーツ好きのVichが課題のためにEuaの店のパティシエPremさんに協力を得て一緒にお出かけするエピソードがありました。

純粋でキラキラと瞳を輝かせてカメラを構えてシャッターを押し、スイーツを美味しい美味しいといって食べるVich。

好感度しかないVichを見るPremさんの表情は穏やかですが、なんとなく戸惑いも見られます。

あの笑顔には老若男女、惚れてまうわな。

展開はゆっくりですね

原作自体、ボリュームのある作品ではないのでしょうか? EP4まで見てきて調理シーンや料理カットが音楽に合わせて3分強あったりなど、激しいエピソードでドラマチックにぐいぐいとおし進めていくタイプのドラマではないことがはっきりしてきました。

エピソード自体がそんなに多くはないのでしょうね。

EuaとAekのキャラクターも喜怒哀楽が激しいタイプではなく、穏やかに互いを見つめながらぎこちなく関係を進めていく感じ。

次回はやっとAekの故郷にEuaが行くようです。互いをよく知るためのステップがやってきそうですね。

EP5 特別な人

兎にも角にも、EuaにとってAekは特別

良かれと思っていたとしてもそれが自分の思い込みとAekの心を置き去りにしていたこと、それがAekを傷つけてしまったとわかったEua。

休暇で地元Nanに戻ったAekを追ってきました

謝りたいこと、Aekとの関係が終わってしまうようなことは絶対に嫌だったEua。

AekがEuaにとって特別な人であることが、Aekにはどういう風に伝わっているのでしょうかね。

見どころは、結構ヘタレなEuaが可愛いところ!

暗闇とおばけが怖いEua。

無理もないところなんですが、停電した瞬間Aekに抱き着いちゃいました(笑)

クールで落ち着きのあるEuaが、結構甘えん坊でヘタレ気味なところがギャップで良いですね!

EP6 穏やか~🌿

Aekの故郷Nanでの、穏やか初デート回となったEP6。

美しい寺院や自然の風景を背景に、ふたりが同じ時間を過ごしながら柔らかく心を通い合わせる様子が見どころでした。

美味しい料理に舌鼓を打ち、顔を見合わせては眩しく微笑み合う。

Aekのお母さんとの時間も有意義で、Aekは料理人としての道を歩むことを応援してもらえそう。

Bangkokに戻ってくると、Aekはコンテストへの出場が決定し厨房の皆さんからの応援も受けています。

Eveさんだが

あの穏やかなEuaが感情をあらわにしてつい避けようとするあのEveさん。

彼女は以前同じレストランで働いていた同僚であり、彼女はEuaのことを愛していたようです。

Euaは彼女の思いを受け入れることはない代わりに、ある人物の嫉妬を買ってしまっているみたいです。

EP7 Euaのトラウマの深さ、Vich君の魔性(天使)が明らかに

1話でそんなに展開しないので、毎週追記する必要ないなぁと思いつつ、今回も癒しに溢れた「Bite Me」を噛みしめたいと思います。

Euaは前のレストランでスーシェフとして働いていた頃、シェフからかなり辛く当たられていたようです。

店の代表としてコンテストに出てEveに負けたことでミシュランの星を取る店にしたいと思っていたシェフの失望を買い、そのやり場のない怒りを一身に受けてしまったようです。(多分)

でも、今は自分の店を持ち、そして自分の店からAekを代表として出すと決めています。Aekの力を信じているEuaの思いは篤いですね。

Euaの思い、家族には気づかれている

今回医者をしているEuaのお兄ちゃんAobさんが登場しました。

画廊のオープンにEuaが連れてきたAekのことをお母さんから聞いて、Euaの気持ちを察知していたようです。強い味方がまた現れました。

「真実を伝えることが、どんな結果になろうともベストなのだ」そうです。さっさと気持ちを伝えろということでしょうね。Eua32歳。

Vich君、それは口説いていると言うのだよ

Premさんのスイーツが大好きで、今日も見た目も鮮やか味も完璧な「今月のスイーツ」の写真を収めたVich。

「このスイーツが大好きになっても11ヶ月待つなんて死にそう。でも別のを食べられるんだからいいことですよね」

P’Premのスイーツがないと生きていけません、ただ好きなんじゃなくて死ぬほど好きなんです

ニコニコしてPremさんに面と向かってこんなことを言ってしまうVichは恐ろしい子です!!!天使なのか魔性なのか😆天使です。

EP8 温度差を測りきれなかったEuaの溢れる想い

ぅううう……。

良い関係を築いてきて、興味のありかも専門分野も同じ。

穏やかな人となりも似ていて、意志の疎通も多くを語らずにうまくできていた。

けれど、恋愛となれば話は違ってくる……。

一目惚れしてから、Aekにどんどん魅了され気持ちが高まっていたEuaと、まだピーノーンの関係が出来上がってきたばかりのEuaに対するAek。

ふたりの間には、あまりに大きな温度差が生まれていました。

Aekは恋愛感情を持っているのどうかもEp8の段階ではっきりしていません。

「俺もEuaさんに対して好きという感情がないといけないのか」とVichに問うたAekの本音は一体どういったものだったのでしょうか。

本当に恋愛感情を抱いているのかどうかわからないという気持ちなのか、あったとしてもその気持ちをどうしようもないと感じるような理由があるのか。

大きな感情を受け止めきれずに

Euaの気持ちは”好き”から”恋人に今すぐにでもなりたい”という大きな感情へと育っていました。

でも、Aekは違う。

なのに、Euaは感情が溢れて強引にキスを……

れは、一番やったらあかんやつやったㅠㅠ

Aekの気持ちをちゃんと見る余裕を失ってしまったEuaは、しばらく大反省・大後悔で苦しむことになりそう。

AekはIm-Eua代表で料理コンテストの一次を通過したばかり。なのに、動転して雨の中転んでしまい、利き腕を痛めてしまいました…。

どうなっていくのでしょうか。恋の展開も。

Mark Siwat「QUESTION?」

自分は一体どうすればいいのか、心が迷子になったような辛いシーンで流れたMarkの歌うMVが公開されました。

切ない曲ですよね……。

フードディレクター兼俳優Chef Ping

Aekとともに1次予選を勝ち抜いたChef Viphop役のPingさんは「BITE ME」のフードディレクターもされている方。

Aekの連絡先をささっと手に入れ、Aekが困った時に一緒に居ることになった、感情を露わにはしないViphopさん。彼の真意は一体何なのかも気になります。

単純にAekへの好意ならばまだいいのですが…。

BITE MEのゆっくり展開は今やネタに

「BITE ME」の展開のゆっくりさは今やタイ沼ファンの間ではネタにすらなるほどとなりました(笑)

ワンシーン、ワンカット、料理カットなどなどがどれも長め。

回想シーンなどはもうMVを見ている状態です。

この空気感、テンポ感込みの「BITE ME」といえそうですね。

EP9 戸惑い

自分の気持ちを一方的にぶつけてしまったと自分を責め、Aekを失ってしまいそうな辛さに沈むEua。

EP9にはそんなEuaと、Euaに対して特別な感情を抱いていることを受け止められずに苦悩しながら、もう彼の助けもできない自分の腕の怪我に絶望しているAekの姿がありました

母一人、一人っ子のAek。

男性であるEuaに対する思いがお母さんの期待を裏切るものであると、自分の気持ちに蓋をし、答えが出せないゆえに彼を避けています(涙)

Viphopさんはやはり…!

なるほど、ViphopさんもEuaと因縁のある人でしたか。

しかも、今回のコンテストの優勝には、お父さんの経営するホテルとレストランの相続がかかっているんですね。

1次予選で強力なライバルとして浮上したAekに近づく意味は果たして…。

Euaがけん制しに行ったほどですから、きっとよほどの心配があるのかも

Aekに手出ししない条件はEuaの敗北だそうで、Euaもコンテストに出るのかもしれませんね。

その他、Euaの店の若い2人がカップルに!

そして、Euaを長く思っていたEveさんの気持ちなどもちらりと描かれましたね。

相変わらず、1シーンがまったりと長めのBITE MEです。

あ、そうだそうだ、飲料スポンサーのCFシーンに爆癒された🌿

あわせて読みたい出演者関連作

タイBLドラマファンの中ではおなじみの「Ingredients」に出演されていたシェフでもあるGameplay君も「BITE ME」に出演されています。

Aekの親友4人組のうち、最も裕福な家庭出身のビー役。画像右端

Gameplay君はドラマ「Ingredients」で毎話素敵な料理やスイーツを作っています。良ければそちらもあわせてどうぞ。

Ingredients
Ingredients 視聴感想  料理と音楽が2人をつなぐ素敵なVlog風同居BLドラマ1話10-15分ほど、食をメインにしつつ同居男子二人によって柔らかく進展するBLドラマ「Ingredients」の視聴感想レビューです。作品情報や魅力・個性など詳しく。ネタバレ結末あり。...

画像出典:@TheDNDth ©The Dream and Destiny Co.,LTD

テキストのコピーはできません。